中曽根康弘氏の功績 レーガン大統領に冷戦終結の提案も

中曽根康弘氏の功績 レーガン大統領に冷戦終結の提案も

101歳で大往生した大勲位が遺した言葉とは

 保守、改憲、親米、改革……安倍首相がさまざまな面で模範とした政治家が101歳で大往生した大勲位、中曽根康弘氏だった。しかし、氏が遺した言葉や足跡を見るにつけ、この2人の違いが浮き彫りになる。

「安倍君は自分の人事、あるいは人を信用するということについて、厳しい反省をした。押し寄せた感情を正直に出し、人情家の一面が露呈した。ただ、総理として慣れていれば、個人的感情を抑えることができたかもしれない」

「桜を見る会」の出席者問題や相次ぐ閣僚の不祥事についての箴言に聞こえるこの言葉は、今から12年前、「消えた年金問題」や同じく閣僚の不祥事に苦しんでいた第一次政権時代の安倍首相に向けて、本誌・週刊ポストで中曽根氏が語った言葉だった。

 このとき中曽根氏に取材を申し込むと、「移動する新幹線の中でなら受けてもいい」という条件で話を聞くことになった。当時89歳ながら駅の階段を早足で上がり、新幹線の車内でも決して椅子を倒そうとしない。「安倍晋三君への叱咤」と題したそのインタビュー(2007年6月29日号)で、中曽根氏は安倍氏の弱点をこう喝破した。

「小泉(純一郎)君はいつも鎧兜を身につけていたが、安倍君は普通の着物をきているだけだ。なにしろ新聞記者諸君は雨あられのように弾を撃ってくるから、総理大臣たるものその心構えがいる。安倍君はまだ経験が足りないようだね」

 中曽根氏の憂慮虚しく、3か月後に退陣となった安倍首相。今再び苦境に立つなか、この言葉はどう響くのだろう。

 政治家の悪口を口にすることがなかった中曽根氏が、珍しく本誌に現役政治家たちへの不満を吐露したこともあった。

「われわれの年代というのは、戦争を経験し、敗戦の屈辱をなめて、早く米軍を返して独立国家を回復しようという一念がありました。そして政界に入り、あるいは学界に入り、財界に入り、文学界に入って一生懸命、努力しあった。

 ところが、今の政治家たちは、私たちからいわせれば実務的優等生で、臨床的対応はやっているけれども病理学を知らない人が多い。それだと結局、官僚的優等生になってしまう。先輩がいったことや前の法制局長官がいったことを遵守していかなければ国の秩序が乱れてしまう、自分の地位が危なくなってしまうという考えが先行する。

 そして、戦後50年経って冷戦が終わり、各国がソ連、アメリカの陰でうずくまっているのではだめだと、おのれのアイデンティティを回復しようとし始めた。その自覚の中で日本だけが漂流してきた。国民のほうは、少しずつ国家というものに目覚めてきていますけどね」(2004年1月16日号、石原慎太郎氏との対談)

◆冷戦終結を持ち掛けた

 総理時代の中曽根氏を、官房副長官として支えた山崎拓・元自民党副総裁(82)は、中曽根外交が世界を動かしたと証言する。

「1985年5月のドイツ・ボンサミットで、中曽根さんとレーガン大統領の首脳会談が行なわれました。そのとき中曽根さんは、レーガン大統領に冷戦解消を持ち掛けたのです。具体的には、南北朝鮮の38度線と東西ドイツのヨーロッパフロント(ベルリンの壁)を国交正常化し、そのための政策として“クロス承認”(タスキ掛け承認)を行なおうと。つまり、韓国とソ連、中国、北朝鮮と米国、日本がそれぞれ国交正常化するというものです。

 中曽根さんが持ち掛けると、レーガン大統領はそんなことは想定していなかったとして、いったん別室に持ち帰った。30分後に首脳会談が再開し、その冒頭にレーガン大統領は、『中曽根首相の提案を了とする』と述べました。これ以降、冷戦解消に向けて動き出した。冷戦終結は、そもそも中曽根さんの提案から始まったと言って間違いではないと思います」

 現在の安倍首相とトランプ大統領、北朝鮮、韓国などをめぐる状況からは想像もできないような外交のダイナミズムが、中曽根外交にはあった。山崎氏は、2人をこう比較する。

「官邸主導を最初に打ち出したのは中曽根政権で、安倍さんもそれを引き継いでいるように見えますが、実際は全く違う。安倍政権の官邸主導は官僚の人事権を官邸が握るというだけで、政策は相変わらず官僚が作っている。外交でいえば昔は外務省だったのが、NSC(国家安全保障会議)という警察官僚を中心とした組織にシフトしただけ。

 中曽根さんの場合は、政策はすべて中曽根さんの頭の中にあり、経団連会長の土光敏夫さんらの民間活力を取り入れてJRやNTTの民営化を動かしていった。両首相の官邸主導の内実は全く違います」

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事(外部サイト)