徳川家末裔宮司による靖國神社「賊軍合祀論」発言で議論百出

徳川家末裔宮司による靖國神社「賊軍合祀論」発言で議論百出

靖國神社宮司の徳川康久氏 共同通信社

 英霊を祀った靖國神社トップの発言が、大きな波紋を呼び、そのあり方が問われる事態に発展している。季刊『宗教問題』編集長の小川寛大氏が、創建150年の靖國神社がなぜ揺らいでいるのかをリポートする。

 * * *
「靖國神社に“賊軍”を祀っていいわけがない。もしそんなことになったら、俺は短刀一本で刺し違えてやる!」

 ある右翼団体の幹部は、顔を真っ赤にしてまくしたてた。穏やかでない物言いだが、現在いわゆる“右翼の世界”において、靖國神社はここまで人の感情を揺さぶる問題の震源地になっている。

 発端は昨年6月、共同通信が配信し、静岡新聞や中国新聞などの一部地方紙に載った靖國神社宮司・徳川康久氏のインタビューだった。内容の柱は、2019年に迎える靖國創建150周年に向けた事業計画や、その意気込みに関することだったのだが、徳川宮司は明治維新の意味合いに関して、こう語ったのだ。

「私は賊軍、官軍ではなく、東軍、西軍と言っている。幕府軍や会津軍も日本のことを考えていた。ただ、価値観が違って戦争になってしまった。向こう(明治政府軍)が錦の御旗を掲げたことで、こちら(幕府軍)が賊軍になった」

 靖國神社とは、明治維新の中で行われた戊辰戦争の“官軍”側戦死者を祀るためにできた「東京招魂社」(明治2年創建)をルーツとする。戊辰戦争は明確に「官軍vs賊軍」という対立構図の中で行われた戦争だ。

 徳川宮司は、江戸幕府将軍・徳川慶喜のひ孫。徳川家の末裔が“薩長神社”とも呼びうる神社の宮司を務めているのは不思議に思えるが、戦後の靖國神社では旧皇族・華族出身者が宮司を務める例がしばしばあり、その流れで「大きな異論もなく徳川さんが就任した」(神社関係者)という。

 しかし明治維新から約150年、現役の靖國神社宮司が「戊辰戦争に“賊軍”はいない」と言わんばかりの発言をしたことで、関係者に与えた衝撃は少なくなかった。賊軍のことを「こちら」と呼んだことからも、その血筋が育んだ“史観”のようなものが垣間見える。

◆亀井静香議員も参戦

 このインタビューから4か月後の昨年10月12日、亀井静香・衆議院議員が靖國神社を訪れ、「西郷隆盛や会津白虎隊などの“賊軍”を合祀してほしい」と求める申し入れ書を提出する。

 報道各社の取材に対し、亀井氏は徳川宮司の「賊軍はいない」発言に触発された上での行動だと表明。現時点で亀井氏のこの行動に賛同したのは、石原慎太郎・元東京都知事や中曽根康弘・元首相、石破茂・衆議院議員など90人超。その後、複数の週刊誌などがこの問題を立て続けに報じた。当初、いくつかの地方紙に載っただけの徳川宮司の“問題発言”は、全国規模のニュースに発展し今に至る。

 ただ神道学や靖國神社の歴史に詳しい識者の中で、こうした“賊軍合祀論”を是とする向きは少ない。神道学者の高森明勅氏は言う。

「靖國神社とは原則的に、『国家の公的な命令により命を落とした方々』をお祀りする場所。個人の正義感で西南戦争を戦った西郷隆盛や、各藩ごとの意向で動いていた戊辰戦争の旧幕府軍をも合祀すると、合祀対象の境界に際限がなくなる。靖國神社がその時々の政治情勢に翻弄されることにもつながりかねない」

“賊軍”側の立場に立つ人の評価も微妙だ。『明治維新という過ち』(毎日ワンズ)で薩長勢力による明治維新の“欺瞞”を鋭く追及した作家・原田伊織氏は、「戊辰戦争当時、東軍・西軍という言葉はほぼ使われていません。徳川家や会津藩に賊軍というレッテルを貼ったのは明らかに薩長ですが、その責任や是非を問わず、当時ありもしなかった言葉に置き換えて流布するのはおかしい」と手厳しい。

 徳川宮司自身は“賊軍”の合祀につき、「無理だ」「直ちにそうしますとは言えない」といった発言をしており、すぐにも事態が動く可能性は低い。しかしほかならぬ靖國神社の宮司が、これまでの“靖國史観”に挑戦するような発言を行ったことは事実で、靖國の今後を警戒感とともに見ている人々は多い。なおこの問題で靖國神社に徳川宮司へのインタビューを申し込んだところ「一連の状況を鑑み、他紙も一様にお断りさせていただいております」との返答だった。

 明治維新から150年、いま「徳川の逆襲」が始まろうとしているのか。

●とくがわ・やすひさ/1948年生まれ。学習院大学卒業。米大手石油会社在職中に國學院大學に入学し神職階位を取得。後に芝東照宮に奉職し、2004年の高松宮妃喜久子殿下の喪儀では司祭副長を務めた。2013年1月に靖國神社第十一代宮司に就任。江戸幕府第十五代将軍徳川慶喜のひ孫にあたる。

【靖國神社】1869年東京招魂社として創建され、1879年に靖國神社に改称。現在、明治維新の頃からの日本の国内外の戦争等に殉じた軍人、軍属等の戦没者246万6千余柱が祀られている。神社本庁と包括関係にはない単立の宗教法人である。

※SAPIO2017年3月号

関連記事(外部サイト)