全国各地に拡大する山口組分裂抗争 次の銃声はどこで鳴るか

全国各地に拡大する山口組分裂抗争 次の銃声はどこで鳴るか

市民は怯えながら暮らさなければならないのか(写真/AFLO)

 買い物客で賑わう商店街に銃声が響き渡る──日本中を震撼させた兵庫県尼崎市での神戸山口組幹部銃殺事件は3つの山口組抗争が「市民を巻き込むことも厭わぬ本格抗争」に移行したことを示した。

 暴力団抗争はきっかけになる暴力事件とその報復が行なわれて初めて、警察から抗争と認定される。復讐劇は殺害の連鎖を呼び起こし、恐怖に負け、殺し合いのチキンレースから降りれば敗者になる。

 次にどこで銃声が鳴るかは、すでに発生した殺人事件に“報復”が行なわれたか否かを考えるのがセオリーだ。殺られたら殺り返す。それが暴力団抗争の絶対的な法則である。

 もちろん攻守に順番はなく、可能なら攻撃を続けてもいい。が、いまが神戸山口組の“攻撃ターン”である事実は動かない。幹部を殺されたのだから、当然、山口組の幹部クラスの命を奪わなければ“血のバランスシート”に見合わない。ただし、それなりのクラスは用心・警戒しているため、そう簡単には狙えない。加えて経済的・人的犠牲が必要になる。殺しのカードは無尽蔵に切れない。

 ではどの地域に暴発の懸念があるのか。

 山口組の分裂抗争での最初の犠牲者は、2015年10月、長野県飯田市にある温泉施設の駐車場で射殺された。殺害されたのは六代目側から神戸山口組の中核組織・山健組の傘下組織である竹内組に移籍しようとした組員で、神戸山口組側はまだ自陣営の者ではないと判断して、報復を見送った。

 その後、竹内組は第三勢力である任侠山口組に移籍したが、六代目山口組の最大勢力である弘道会系組長を拉致するなどトラブルが絶えない。地方都市の狭いコミュニティでは、怨恨や対立が簡単には消えない。

 山口組の総本部がある神戸市を抱える兵庫県では、今年になって抗争事件が立て続けに起きた。神戸山口組の最大組織・山健組の地盤でもある。あちこちに組の拠点があり、元来、事件が起きやすい。

 尼崎市で神戸山口組幹部を射殺したヒットマンは、六代目山口組傘下の二代目竹中組に在籍していた。破門処分となっていても、これだけ大きな事件を起こせば無関係だと言い逃れできない。報復対象の筆頭は二代目竹中組に違いない。その地盤も兵庫県の姫路市だ。

 二代目竹中組の安東美樹組長は山一抗争(※注)で、一和会会長宅に自動小銃を撃ち込み、ロケット弾を発射して長期刑に服役した過去を持つ。

【※注/1984年、竹中正久組長が山口組四代目を襲名したことに反対した反竹中派が「一和会」を結成。竹中組長は一和会に殺害され、山口組は報復に動いた。1989年の一和会解散までに双方で25人の死者を出した】

 安東組長は六代目山口組で若頭補佐という要職に就いている。交渉や外交役となることも多く、他団体の義理事でも頻繁に姿が目撃される。つまりは六代目山口組側の大幹部だ。

 二代目竹中組の本部がある姫路市には、神戸山口組の“幹部”(役職の総称ではなく、文字通り「幹部」という役職)の事務所も存在している。双方の最高幹部クラスが狭いエリアで“同居”しており、緊張が絶えない。

 高山清司若頭の出所後、六代目側は神戸側の“幹部”を立て続けに襲撃している。

「熊本、札幌、尼崎と、神戸山口組の“幹部”が狙われた。さらに尼崎のヒットマンはその足で京都の“幹部”の元に向かっていた。姫路の“幹部”が狙われる可能性も十分ある」(警察関係者)

 暴力団は襲撃の失敗をいつまでも根に持つ。何度も襲撃され、そのたびに生き延び、マスコミが「不死身」と喧伝すると、是が非でも殺そうと執拗に付け狙う。

 六代目側の刺客に狙われ、未遂に終わった熊本や札幌、京都などは、ヒットマンが一撃必殺の覚悟で再訪してもおかしくない。

●文/鈴木智彦(フリーライター)

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事(外部サイト)