中曽根康弘氏 総理在職中、新幹線で居眠りせず宮中行事を勉強

中曽根康弘氏 総理在職中、新幹線で居眠りせず宮中行事を勉強

安倍首相も模範とした中曽根氏

 保守、改憲、親米、改革……安倍晋三・首相がさまざまな面で模範とした政治家が101歳で大往生した大勲位、中曽根康弘氏だった。しかし、氏が遺した言葉や足跡を見るにつけ、この2人の違いが浮き彫りになる。

 中曽根直系の改憲派で“参議院のドン”と呼ばれた村上正邦氏(87)は、「中曽根氏は常に政局よりも国家を優先した」と言う。

「1986年、“死んだふり解散”と呼ばれた衆参ダブル選挙で、私は中曽根総理の全国遊説すべてに同行しました。その時驚いたのは、中曽根さんはどんなにハードスケジュールであろうと、飛行機の中、新幹線の中で、居眠りしなかった。分厚い本をカバンから取り出して、聞いたら『大嘗祭』の本だと言うんです。皇室典範や皇室の祭事について、付箋を貼って勉強しておられた。

 当時、昭和天皇がご高齢で、しかもご病気でもあったので、総理として万一の事態を想定していたんでしょう。選挙期間中ですから『総理、お休みになられたらいかがですか』と進言したところ、『いや、村上君、いま私が総理としてやらなきゃならんことは、一点一字おろそかにしちゃいけない』と。『今は宮中行事を勉強しなければいけない』とおっしゃられた」

 そうした中曽根氏の姿勢が、安倍氏とは対照的に見えるという。

「安倍さんを見ていると、果たして代替わりに際してそこまでの覚悟があっただろうかと疑問に思えてなりません。退位のご発言から即位の礼、大嘗祭にいたるまで、安倍さんは上皇陛下や天皇陛下のお言葉ひと言ひと言を、真剣に受け止めただろうか。

 安倍さんは、言葉をごまかして、国民を欺瞞しているようにしか見えません。憲法改正にしても、中曽根さんが生涯にわたって抱いた信念があるようには思えない。中曽根さんはかつて『カンナ屑のようにペラペラだ』と言われたけど、その表現は安倍さんにこそぴったりなんじゃないか」

 安倍首相は「中曽根さんの強い思いは必ず受け継がれる」と悼んだ。その言葉を、忘れずに実行できるのだろうか

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事(外部サイト)