山口組分裂抗争 ヒットマンが狙う市民も訪れる場所とは

山口組分裂抗争 ヒットマンが狙う市民も訪れる場所とは

「彼ら」は街なかでも平気で発砲する(写真/AFLO)

 日本中を震撼させた兵庫県尼崎市での神戸山口組幹部銃殺事件は3つの山口組抗争が「市民を巻き込むことも厭わぬ本格抗争」に移行したことを示した。

 いま、神戸山口組の怨嗟を一身に集めているのは、六代目山口組を支配する弘道会に違いない。神戸山口組側の組長たちは弘道会の強権支配に反発し、山口組から飛び出したのだ。そのうえ弘道会のヒットマンは、分裂以降、3人の神戸山口組系幹部、組員を殺害している。

 まず分裂の翌年、岡山市を本拠とする神戸山口組の有力団体、池田組の若頭を射殺した。神戸側の報復はまだ実行されず、弘道会傘下のヒットマンはすでに無期懲役で服役している。

 今年4月には山健組の若頭をナイフで刺し、10月には弘道会傘下の68歳のヒットマンが、週刊誌のカメラマンになりすまし、山健組事務所前で2人を射殺した。

 弘道会関係者の地盤はその代名詞にもなっている愛知県の名古屋である。地方都市で見知らぬヤクザ者が徘徊すれば目立ってしまうが、都会は殺意の隠蔽には最適だ。すでにヒットマンがどこかに身を潜めているかもしれない。

「神戸市にある山口組総本部は、10月の山健組組員殺害事件直後から使用禁止となった。同時に神戸の山健組本部や、名古屋の弘道会の事務所にも暴対法による使用禁止命令が下されている。しかし名古屋近郊には弘道会傘下団体の事務所があちこちにあって、餅つきといった六代目山口組幹部が集まる行事も名古屋の弘道会拠点で行なわれるはず」(警察関係者)

◆通院先の病院で待ち伏せ

 人口の多い都市はヒットマンの隠れ家になりやすい。兵庫県の隣に位置する大都市・大阪は各地にヤクザの巣くう歓楽街があり、六代目、神戸、任侠という3つの山口組の傘下事務所が乱立する。ヤクザが多ければ、トラブルの火種もまたあちこちに転がっている。 また、突出した経済規模を誇る首都圏にも、あちこちに六代目、神戸、任侠のシンパや企業舎弟がいる。

 現代の暴力団は慎重で抗争時にあえて飲み歩くような蛮勇をしない。上層部の車は防弾車で、雨あられのように銃弾を浴びせても貫通しない。屋根と床下には鉄板がないが、それこそ殺されるのを覚悟で飛び乗り、または潜り込み、自動小銃を乱射する他なく、現実的ではない。

 ヒットマンの仕事は待ち伏せが基本で、自宅、事務所、愛人宅やお気に入りの飲食店といった、ターゲットが顔を出す立ち回り先の近くに潜み、身を潜めて襲撃を狙う。市民が暮らす住宅街といえど銃声は鳴る。

 また、首都圏には有名な医療機関が多数あり、高度な治療を望む地方在住の組長が入院することがある。

「高齢化の進むヤクザだけに持病を抱えている者は多い。病院は定期的に訪問する場であり、ヒットマンが狙いやすい。反対に駅やホーム、空港といった公共交通機関での犯行はマスコミが大騒ぎするうえ、メンツを潰された警察の本気を招く。下手な発砲は国家権力に潰されかねないという意識はヤクザ全体が共有している」(指定暴力団幹部)

 暴力団の抗争は無軌道に見えて、一定のルールの中で行なわれている。家族は襲わず、企業舎弟も殺さず、不良外国人に殺害の依頼もしない。小中学校の近くや、登下校の時間に襲撃すれば、世論はその暴力を許さない。抗争事件は国家権力がなんとか黙認するだろうギリギリを狙ってくるはずだ。

 限度を読み間違えば、山口組のみならず、暴力団は一気に破滅の道を突き進む。暴力団の非合法化法案が国会に提出されれば、全会一致で可決されるだろう。その時は山口組のみならず、暴力団が終焉を迎える。

 激化する山口組分裂抗争は黙示録のラッパになりかねない。

●文/鈴木智彦(フリーライター)

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事(外部サイト)