雅子さま 誕生日「ご感想文書」公表が再三延期になった理由

雅子さま 誕生日「ご感想文書」公表が再三延期になった理由

「ご感想文書」が延期になった理由とは?(写真は11月27日、京都府京都市/JMPA)

 12月9日、56才の誕生日を迎えられた皇后雅子さまは、一年を振り返ったご感想文書を発表された。雅子さまにとって皇后となられて初めてのご感想文書。その発表までの道筋は、一筋縄ではいかなかった。

 もともと今回の文書は宮内庁が担当記者に向けて、誕生日3日前の12月6日17時半に、前もって配布する予定だった。各社が報道の準備をするためだ。

 しかし、実際に渡されたのは誕生日前日8日の夕刻だった。それは、再三の「公表延期」が原因だったという。

「公表が予定されていた6日の午後、『今日は文書が出ない』と宮内庁から連絡がありました。続けて『8日の午前10時に出す』と伝えられ、2日後ろ倒しになりました。

 ところが、その8日9時半頃、宮内庁からさらに『文書発表は夕方になる』と連絡があったんです。2度にわたっての延期で驚いた人もいたそうです」(皇室ジャーナリスト)

 なぜ予定通りにいかなかったのか。それは、「雅子さまがご多忙の中で、誕生日前にもお疲れが残っていたから」(宮内庁関係者)だという。

 雅子さまは12月3日、天皇陛下とともに東京・八王子市にある昭和天皇陵と大正天皇陵で、即位礼と大嘗祭が無事終了したことを奉告する「親謁の儀」に臨まれた。翌4日には皇居・宮中三殿で親謁の儀に臨まれ、さらに宮中三殿の賢所で、「御神楽の儀」に臨まれた。

「御神楽の儀で即位に関する行事はすべて終了しました。極度の緊張感の中で細かい所作を求められる、一世に一度の重要儀式の連続で、雅子さまのお疲れはピークに達していたはずです。地方への行幸啓での行事では、お疲れの表情を浮かべられ、ふらつかれる場面もありました。

 しかし、そうした行事の合間にも、文案について気にかけていたそうです。国民にしっかりと感謝の思いを伝えたいというお気持ちが強く、最後の最後までご自身で推敲を重ねられたのだと思います」(前出・宮内庁関係者)

◆儀式を終えられてホッとされた笑顔

 文書と併せて公開されたご近影写真が撮られたのは、12月3日の夜のことだったという。

「例年にも増して、輝くような笑顔で写っていらっしゃいます。お疲れの色は濃かったと思いますが、即位関連の儀式をすべて終えられる目前で、ホッとされたという笑顔でもあったのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 文書と併せて公表された雅子さまの主治医による「医師団見解」には、次のような記述があった。

《本年は、天皇陛下の御即位に伴う諸行事を中心に、特に強い責任感を持ってお務めに取り組んでこられましたが、これをもって過剰な期待を持たれることは、今後のご快復にとって、かえって逆効果となり得ることをご理解いただければと思います》

 基本的な部分は2018年までの医師団見解と変わらない文書ではあったが、2019年は特に「強い責任感」という言葉が使われた。

「連日、テレビを通じて伝えられた雅子さまの笑顔からは、“もうすっかり快復されているのではないか”と思った人も多いようです。しかし、側近によれば、雅子さまのご体調は綱渡りの状態だったそうです。“よくぞ即位の儀式を乗り越えてくださいました”と感激した様子を見せた職員もいたそうで、まさに『責任感』が雅子さまを支えていたといってもいいでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 雅子さまが推敲を重ねられたご感想文書には、国民に寄り添われるお気持ちが隅々まで滲み出ていた。

「一年を振り返ってのご感想の中で、『貧困・虐待問題』、『プラスチックゴミなどの環境問題』そして『南海トラフ地震や首都直下地震が予測されていること』などについて触れられていました。

 それらは国民にとって、まさに喫緊の身近な問題です。しかも、決して大上段に構えた上から目線のものではなく、特に弱い立場の人に寄り添うものでした。

 さらにいえば、虐待問題など今まさに国民が直面している問題に具体的に向き合われて書かれていることから、皇室の中での出来事だけでなく、新聞やテレビなどを熱心にご覧になり、社会問題に強いご関心をお持ちなのだと感じました」(別の皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2020年1月1日号

関連記事(外部サイト)