沢尻エリカ逮捕の組対5課、マトリとの違いや役割は?

沢尻エリカ逮捕の組対5課、マトリとの違いや役割は?

「組対」という組織の役割は?

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、沢尻エリカ逮捕でも注目を浴びる、通称「組対」という組織の活動内容について解き明かす。

 * * *
 麻薬取締法違反の罪で起訴された女優の沢尻エリカ被告が、保釈金500万円で12月6日に保釈された。彼女を逮捕したのは「警視庁組織犯罪対策5課(組対5課)」だ。

 違法薬物と聞くと、まず“マトリ”と呼ばれる「厚労省地方厚生局麻薬取締部」を思い浮かべるかもしれない。3月に逮捕されたピエール瀧、5月に検挙された田口淳之介、11月に逮捕された国母和宏もすべて挙げたのはマトリ。組対5課も過去には2016年2月に清原和博、2014年5月にはASKAを逮捕しているが、このところ有名人を続けて挙げて名を上げているマトリと比べると影が薄い。

 では、組対とは、そもそもどのような組織なのか?

 組織犯罪対策部、通称“組対”が警視庁本庁に設置されたのは2003年(平成15年)4月。暴力団や凶悪化する中国人マフィアらによる組織的な犯罪、外国人による麻薬密売、窃盗団などの犯罪の増加に、情報を一本化して総合的な対策を採るために設置された。同時に、手口が巧妙でわかりにくくなってきた暴力団犯罪を捜査、摘発する目的で作られた部でもある。

「準備するまでが大変でした。外国人犯罪と暴力団などによる組織犯罪、銃や薬物対策までを1つの部で捜査するのですから」

 当時、組対の設置に携わった警視正はそう話す。

 組対は課ごとに分かれ、1課は外国人犯罪の中でも入国管理局と共に動くことも多く、不法滞在や密入国など入管法違反の捜査や地下銀行などの犯罪を、2課は外国人による凶悪事件や殺人事件を扱う。3課は暴力団対策法に関する事案や総会屋対策、4課は暴力団対策で“マル暴”と呼ばれてきた課であり、5課が銃器や薬物対策を行う。他にマネーロンダリング対策を行う総務課や組織犯罪対策特別捜査隊がある。

「外国人と暴力団とでは取り締まるための法律も異なれば、捜査手法もまるで違います」

 それだけではない。そもそも課ごとに属している刑事たちの毛色や雰囲気が違うのだ。例えば1課の刑事はスーツ姿で、どこにでもいるビジネスマン風だが、4課の刑事はその筋の者が好みそうな格好といかつい風貌といった具合だ。話し方も態度も異質。それを1つの部としてまとめるには様々な苦労があったのだろう。

 そこを突っ込むと、警視正はこう言葉を濁した。

「皆さん、それぞれ意見をお持ちで…。私はそれを調整するため廊下を行ったり来たりしただけです」

「当時、来日外国人の犯罪は前年比約112%とウナギ登りに増加。組対が設置される前、外国人犯罪を主に扱っていたのは国際捜査課でしたが、殺人や強盗、窃盗は刑事部、薬物や銃器の密輸は生活安全部、密入国は公安部と事案によって担当の課がバラバラだったのです」

「蛇頭(じゃとう)」など中国人による組織的な密航の増加や不法滞在者の増加、それに伴う窃盗や緊縛強盗、クレジットカードの偽造や不正使用など組織的な犯罪が急増。新宿では中国人や外国人による凶悪犯罪の増加と治安の悪化など、外国人犯罪が多様化し複雑化、組織化してきた時期だ。

「当時、東京の治安を脅かしていたのは暴力団、来日外国人を中心とする犯罪組織、『怒羅権(ドラゴン)』など残留孤児によって結成された中国人マフィアグループ、薬物の密売グループなど。彼らはある時はこちらと結びつき、ある時は暴力団と手を組むという形で犯罪を行い、同国人だけでなく日本人をターゲットにし始めていました」

 違法薬物でも来日外国人の摘発数が増加。当時、薬物での検挙人員の約60%が暴力団と外国人だった。

「イラン人や北朝鮮からの密輸から次第に中国人による密輸が中心になり、彼らは暴力団と互いに利用し合って密売し、日本人を相手に売りさばき始めた。暴力団は暴力団だけ、外国人は外国人だけを対象にした捜査に無理がきていたんです」

 犯罪組織もボーダーレスになり、ダイバーシティが浸透。密輸や密売、詐欺などによって得た資金を隠そうとマネロンを企てる組織も多い。

「4課は暴力団のことはわかっても会計や銀行関係には疎く、5課も銃や薬物規制には詳しいが金融関係の法律には明るくない。そこを総合的、横断的に捜査する組織が必要でした」

 警視庁の組対は課ごとに課長、理事官、管理官、係長、捜査員という構成で組織される。理事官は1人、管理官は数人。係長は班長とも呼ばれ、班には他にデスク主任の警部補がおり、その2人が班の仕事を統率している。

 班には専門別に庶務班、会計班、資材管理班、各国捜査機関などと連携や協力を行う共助班などがあり、これらを第1管理官が統率。現場を捜査する実働班は課によって異なるが、多い課では20班以上になり、数人の管理官がこれらを統率。実働班の中は事件班、現場の状況の分析などを行う臨場班、犯人などに関する情報収集を行う情報班、鑑識や証拠の分析を行う科学班などに分かれている。課によって他にも専門の班が置かれ、班は班長ごとに捜査員が10名程度だ。

「だから組対は1人の逮捕にも多くの人員と時間がかけられる。そこからどれだけ供述を取り、裏付け証拠を固め、裏に潜む組織を壊滅させられるかなのです」

 ここが組対5課とマトリの違いである。マトリは組対5課に比べ、現場の捜査官の絶対数が少ないため、違反者を逮捕はするが、それ以上深追いはしない傾向がある。だが組対5課にとってはそこからが正念場だ。逮捕者の供述などから、供給ルートや資金源、密売組織を突き止めるため“突き上げ”捜査が行われる。

 その結果、ASKAの時は供給ルートの住吉会大昇會を摘発したが、清原の時は末端の売人の逮捕で捜査が終了。今回も組対5課では、沢尻被告の供述から入手ルートや密売組織の解明を全力で進めているはずだ。

 有名人を逮捕するにしても、背後の組織にまで突っ込めるかどうか。組対5課の真価はそこにかかっている。

関連記事(外部サイト)