出所直後から抗争が激化、「高山清司・若頭」はどんな人物か

出所直後から抗争が激化、「高山清司・若頭」はどんな人物か

高山清司若頭は10月18日に府中刑務所を出所した(時事通信フォト)

 10月18日に六代目山口組の高山清司若頭が出所してから、堰を切ったように全国で抗争に絡んだ事件が続く。「3つの山口組抗争」のキーマンとされる高山若頭とは、どのような人物なのか。

 1947年9月、愛知県津島市生まれ。20歳で弘道会の前身である弘田組傘下の佐々木組の組員となった。ジャーナリストの溝口敦氏は、高山若頭が盃による疑似血縁を絶対視する人物だと説明する。

「佐々木康裕・組長はかなりの浪費家でしたが、親を支えるのは子の責務と嫌な顔せずに、すべて補填していた。その献身を知り、若き日の司忍・六代目山口組組長が頼み込んで譲ってもらったほどです。以降、高山若頭の行動原理はいかに“司組長を日本一の組長にするか”になっている」

 2005年8月、「司・高山体制」の六代目山口組が発足するが、それまでの山口組では組長と若頭は別の組織から出すのが慣例だった。

「内部からは批判の声が上がりましたが、これを高山若頭は“恐怖政治”で抑え込んだ。事あるごとに、若頭補佐の幹部たちを直立不動にさせ、有無を言わさず怒鳴りつけたといわれています。また、傘下組織に毎月数百万円も日用品を買わせ金銭的にも締め上げた。

 さらに、徹底的な“信賞必罰”で組運営を行なってきた。司組長が収監されていた2008年10月には後藤忠政・後藤組組長がゴルフコンペで定例会を欠席したことが分かると除籍を決めた。決定を下した高山若頭ら執行部を批判する“連判状”に名前を書いた13人の直参組長全員にも有無を言わさず、絶縁、除籍、謹慎の処分を下している」(溝口氏)

 2010年11月に恐喝容疑で逮捕され、2014年6月に実刑が確定、収監される。そのわずか1年後の2015年8月に山口組は分裂、2017年4月には再分裂し、以降今日まで3つの山口組が併存している。

「司組長は敵対組織に融和や切り崩しといった温厚路線を取ってきたが、高山若頭は出所後、弘道会の若頭に武闘派で知られる野内正博・野内組組長を昇進させ、組の空気を変えました。これまでは殺人教唆による逮捕を恐れて、トップが命令を下しにくかったが、功を求めて直参組長らが自発的に行動するようになる。

 対して、警察は年内にも特定抗争指定暴力団に指定する方針です。そうなれば5人以上で集まるだけで逮捕されるため、司組長、高山若頭がどう対応に動くか、さらに注目が集まる」(ジャーナリスト・伊藤博敏氏)

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事(外部サイト)