金田法務相や稲田防衛相らの“タジタジ答弁”は、派閥人事の廃止が原因か

記事まとめ

  • 金田法務大臣は「頭脳が対応できない」と発言、稲田防衛大臣の答弁に首相が助け舟も
  • 安倍首相には予算成立後の内閣改造説もあり、金田氏や稲田氏は"飛ばされる"との見方
  • 国務大臣は年収は2700万円、文書通信交通滞在費1200万円、立法事務費780万円の待遇だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております