2020年度中学入試 早慶、GMARCH系ほか「狙い目校」リスト

2020年度中学入試 早慶、GMARCH系ほか「狙い目校」リスト

大学付属の中学受験は難化の一途

 近年の私立中学入試は、大学までつながっている付属校の人気が以前にも増して高まっている。その傾向は2020年度入試に向けた各種模擬試験の動向からも明らかだ。そんな中でも“狙い目”となりそうな学校はないのか──。安田教育研究所代表の安田理氏が、「早慶系」、「GMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)系」、「日大系」、「東海大系」別に探ってみた。

 * * *
 ご承知の方が多いかと思いますが、2016年度以降、政府の「地方創生政策」の一環で、23区内の大学の定員の厳格化が始まりました。定員を守るには合格者発表数を減らすしか手がありません。そのため有力私大が軒並み難化しました。

 また、大学側がAO入試、推薦入試の募集枠を広げる方向にあるため、有力私大の一般入試が今後狭き門になるのではと保護者が警戒した面もあります。わが子の受験時にはもっと難しくなるのではと心配した保護者がわが子を付属校に入れようとしているのです。

 そうした流れを受けて、付属校でなくても、例えば青山学院大学の系属、準付属となった青山学院横浜英和(前横浜英和女学院)や目黒日本大学(前日出)、青山学院大学系属浦和ルーテル学院(前浦和ルーテル学院)といった学校も2019年度入試では受験生が急増しました。いまや大学につながっていることが学校選択の大きな要素になっているのです。

◆早慶系、GMARCH系の付属校の中での狙い目は?

 中学入試の世界には、大勢の受験生が学力を測るために受ける“4大模試”があります。各模試とも高学力層から低学力層まで幅広い受験生がいるので、おおざっぱな区分けですが、受験層の学力レベルを高いほうからいうと、SAPIX、四谷大塚、日能研、首都圏模試となります。

 付属中学の入試における難易度は、ほぼ併設大学の難易度に比例しており、早稲田系、慶應系、学習院系、明治系、青山学院系、立教系、中央系、法政系などはやはりSAPIXの模試の動向が当てになり、日大系、東海大系、女子大系などは首都圏模試を受けている層が多くなっています。

 そこでこの2つの模試の11月の数字を見ていこうと思います。中学によっては入試回数を増やしたり、午後入試を導入したり、いろんなタイプの入試を増やしたりといった要因で志望総数が変動し、前年と比較できないので、2月1日から3日までの第1回入試の動向に注目していきます。

 11月のSAPIXオープン(他塾生も受けられる)の数字を見てみると、男子では2月1日が受験日の中学では、慶應普通部、早稲田大学高等学院、中央大附横浜(第1回)、2月2日校では明大中野(1)、立教池袋(1)、法政大第二(1)、慶應湘南藤沢、学習院(1)が前年よりかなり志望者を増やしています。つまりほとんどの付属校が2019年度より受験者が増えそうです。

 そうした中で、敢えて“狙い目校”を探すと、早稲田系、慶應系では早稲田(2月1日は横ばい、3日は減)、早稲田実業(2月1日)、慶應中等部(2月3日)くらいしかありません。学習院は2月2日は増えていますが3日は横ばい。共学の明大明治も2月2日は増えていますが3日は横ばいです。

 3日の受験日に志望者数が減っている学校があるのは、青山学院が2日が日曜日にあたるため試験日を2月2日から3日に移動させたことが原因で起きています。つまり2月3日は付属校の多くが受験生の分散により易化しそうなのです。逆にいえば青山学院がいなくなる2月2日の付属校は難化しそうです。

 その青山学院ですが、男子はかなり志望者が減っています。3日が慶應中等部、学習院(2)、明大明治(2)、法政大学(2)などとバッテイングするため、狙い目になるとみていいでしょう。2日の立教池袋(1)は青山学院がいなくなる影響がもっとも出ていて、間違いなく難化しそうです。

 中央系では、いずれも2月1日が受験日の中央大附(1)が横ばい、中央大附横浜(1)が増えています。法政系では、法政大学が(1)・(2)とも横ばい、法政大第二(1)が増えています(第2回試験は2月4日)。

 一方、女子ですが、早稲田系、慶應系では早稲田実業が横ばい、慶應中等部が減と、最難関だけに志望者数的には頭打ちです。が、易しくなることは期待できないでしょう。

 特筆すべきは、学習院女子が2月1日も3日も減らしていることです。愛子様も卒業され、皇室とのご縁が切れることが影響しているのかもしれません。明大明治は2月2日は増えていますが3日は減っています。じつは女子でも青山学院の移動が影響しています。

 その青山学院は、女子は慶應中等部、学習院女子B、明大明治(2)、法政大学(2)などと重なりながらも増えています。そのほか東洋英和女学院B、横浜共立学園Bなどとも重なっているにもかかわらず人気です。要注意と言えるでしょう。

 立教系は立教女学院、香蘭女学校ともに増えていて、特に香蘭女学校は難化しそうです。中央系、法政系は前出の男子でも述べたように中央大附(1)、法政大学が(1・2)が横ばい、中央大附横浜(1)、法政大第二(1)が増えています。神奈川は都内と比べると付属校の数が少ないだけに受験生がこれらの中学に集中して難化しそうです。強いて言えば青山学院横浜英和が狙い目でしょうか。

 難関大学の付属校は付属校志向の強かった2019年度入試でも、早稲田、慶応湘南藤沢、明大明治など難度の高い学校はかなり志願者数を減らしていました。2020年度入試で男女別に狙い目校を整理してみても、男子では早稲田実業、慶應中等部、青山学院が若干“広き門”になりそうですが、女子は狙い目になりそうなところは学習院女子以外見当たりません。

 その他ではこのところ急速に難化してきた青山学院横浜英和の難化が止まってきていますので、チャレンジする手はありそうです。Bは2日午後、Cは3日午後なので、チャレンジしやすいと思います。

◆日大系、東海大系の付属校の中での狙い目は?

 次に、11月の首都圏模試から日大系、東海大系などの志望動向を見てみましょう。やはり第1回入試に注目してみます。

 男子で前年より大きく増えている学校としては、都内では芝浦工業大附属(1)、日本大学豊山(1)、日大二(1)、東洋大京北(1)、明治学院(1)、日大三(1)などがあります。千葉では千葉日大一(1)、東海大浦安A、埼玉では獨協埼玉(1)など。これらは確実に難しくなるとみていいでしょう。

 逆にここに挙がらなかった学校、日大系では日大一、目黒日大、日本大学、日大藤沢、東海大系では東海大相模、東海大高輪台が狙い目になりそうです。その他では強いて挙げると成蹊(1)、成城学園(1)でしょうか。

 女子の動向も見てみましょう。女子大の付属はほとんどの学校が他大学進学者が多い「半付属校」になっています。そうした中で併設大学進学者が多い女子美術大附属(1)、昭和女子大附属昭和(1)、日本女子大附属(1)、和洋国府台女子(1)が軒並み増えていることが2020年度入試の特徴です。女子大からの就職状況が良好になっていることが影響しているのかもしれません。実際、最近の中学校の学校説明会では大学の就職状況について触れたりしています。

 そうした中で唯一狙い目になりそうなのが埼玉の大妻嵐山。英語1科、算数1科以外にもプログラミング入試、ストーリーテリング入試など多彩な入試を行っているので、お子さんに合ったスタイルで受験可能です。

 共学大学の付属では、都内では男子同様日大二(1)、東洋大京北(1)、明治学院(1)は増えています。男子は増えていても女子は減っていて狙い目になりそうなのが日大三(1)。この他、日本大学豊山女子(1)が難化しそうです。

 他県では千葉の千葉日大一(1)、埼玉の獨協埼玉(1)は男子同様難化しそうで、男子とは逆に易しくなりそうなのが東海大浦安Aです。このほか青山学院浦和ルーテルは男子ではそうでもないのですが、女子では大人気で確実に難化するでしょう。

 全体的に志望者増の中、狙い目になりそうなのは、男子同様で日大系では日大一、目黒日大、日本大学、日大藤沢、東海大系では東海大相模、東海大高輪台あたりでしょう。その他では成蹊(1)です。成城学園(1)は男子と違い女子の狙い目にはなりそうにありません。

 以上、大学付属校の中でも“穴場”になりそうな中学を男女別で探してみましたが、全体的に受験者が増加して付属校志向が継続する傾向に変わりはありませんので、ここに挙げた学校も決して楽な受験ではありません。今からでも十分対策を立てて挑んでほしいと思います。

関連記事(外部サイト)