東日本大震災から6年、福島第一原発廃炉の作業員6000人を支える食堂

記事まとめ

  • 東日本大震災から6年、福島第一原発では約6000人の作業員が廃炉作業に従事
  • 1日最大3000食を調理・提供する食堂の従業員100人は、9割が地元出身者で60%が女性
  • 小名浜出身の食堂従業員は、勤務前は「放射線の知識もなく不安だった」と話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております