ぜんそく患者が急増 年間1500人がぜんそくで命を落とし、その9割が60才以上

記事まとめ

  • ぜんそく患者が増え続けており、2005年の約400万人から2008年には約800万人へと倍増
  • 年間約1500人がぜんそくで命を落とし、そのほとんどが大人で60才以上が9割近くに上る
  • ストレス、妊娠、喫煙などの影響で、大人になってから再発することも珍しくないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております