イノシシ対策課長が語る「アーバン・イノシシ遭遇時の対処」

イノシシ対策課長が語る「アーバン・イノシシ遭遇時の対処」

もし街中で出くわしたら…(時事通信フォト)

 このところ関東の市街地でアーバン・イノシシ(都市部に出没するイノシシのこと)の目撃情報が相次いでいる。

 12月2日頃に東京・足立区の荒川河川敷を移動しているところを発見され、4日には埼玉県の荒川上流域にあたる富士見市の住宅街にも現われ、警察や消防などによって捕獲された。しかし、足立区で目撃されたイノシシと体格が違うとの情報もあり、山から下りてきたイノシシが複数いる可能性が示唆された。

 その後、15日午後にも東京・国立市のJR国立駅前にイノシシが現われ、駅前を猛スピードで走り去ったという。約1時間後には立川市でも目撃されたが捕獲には至らなかった。

 地方の里山などであれば、畑の作物を荒らされるなどのイノシシ被害は多く、人里に出没するのも珍しくはないのかもしれない。だが、都市部に住む人は、街中でばったりイノシシに出会ってしまったら、どう対処していいかわからない人が多いはずである。

 福岡県福岡市では、イノシシが市街地に出没し、人へ危害を加える被害が相次いだため、今年4月からイノシシ被害の対策に特化した特命担当課長、通称“イノシシ対策課長”を新設したという。市街地でのイノシシ対策については、東京などより進んでいるに違いない。

 そこで、“イノシシ対策課長”こと福岡市農林水産局の水崎亮二課長に、街中でイノシシに出会ったときの対処法を訊いた。

「イノシシは基本的に臆病でおとなしい性格で、通常は人間の気配を感じると立ち去っていきます。しかし、驚いて大声を出したり、モノを投げつけたりして興奮させると、突進してくることがあります。

 イノシシは足が速く、数秒で時速20キロに達し、最高時速40キロで走るといわれていて、ジャンプ力もあり、1メートル以上の高さでも超えてきます。イノシシに追いかけられたら、人は逃げられません」(水崎課長)

 体重100キロを超える個体もいるので、そのスピードで衝突されたらただではすまない。

 さらに、イノシシは噛む力も強く、捕獲しようとした人が指を噛みちぎられたケースが実際にあったという。また、雄・雌ともに横方向に伸びる牙があり、突進してきて衝突されて、太ももに牙が刺さって大怪我をしたというケースもある。

「ばったり出会った場合は、刺激を与えて興奮させたりしないようにするのが基本です。背中を見せると追いかけてくるので、目をそらさないようにして後ずさりしながら、ゆっくり離れるようにします。

 その場から立ち去れないときは、建物や車の中、塀の影などで身を隠してイノシシが立ち去るのを待ちましょう。ガードレールは下に隙間があるのでダメですね。数十センチの隙間でもイノシシは入ってきます」(水崎課長)

 イノシシは木に登れないので、自分の方に向かってきて隠れる場所がないという最悪の事態では、木や電柱に登ったり、なるべく高い塀や柵の上に登るというのもありだ。マンガみたいだが、真面目な話である。ただし、落ちて怪我をしないように気をつけたい。

 そしていざというときは、イノシシ対策課長の言葉を思い出していただきたい。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)