卵子提供を受けて出産した野田聖子議員が日本の不妊治療に意見 養子縁組も検討

記事まとめ

  • 野田聖子議員は41歳から不妊治療を受け、2010年に卵子提供を受けて妊娠・出産
  • 「日本が間違っているのは、体外受精でほとんどの夫婦が足踏み」と野田氏は指摘
  • 野田氏は「本当は2人目がほしい、私がリタイアしたら養子縁組を」とも話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております