安倍政権「言い逃れ」文学賞 萩生田、塚田、河井、菅原氏

安倍政権「言い逃れ」文学賞 萩生田、塚田、河井、菅原氏

安倍政権の「言い逃れ」を検証(写真/共同通信社)

 政治家に失言はつきもので、正しく向き合えば“戒めの鏡”にもなり得る。大切なのは失言や過ちを犯した後の対応だ。謙虚に反省して国民に謝罪し、政治と行政を正道に戻す。誤解を受けているなら丁寧な説明でそれを解く。そうした姿勢があれば、国民の信頼をつなぎとめることができるはずだ。

 だが、この国の政治家は過ちを反省しないまま「言い逃れ」に走り、チェックすべきメディアがそれを許し、国民は“政治家はそんなもの”と諦めつつある。

 それがどんな事態を招いたか。権力者の「言い逃れ」を正当化するために、役人は記録を改ざんし、証拠文書をシュレッダーにかけ、口裏を合わせる。まさに歴史が書き変えられているのだ。正確な歴史が記録されなければ、民主政治は続かない。“無理が通って道理が引っ込む”国になる。

 いま、この国で起きているのは民主政治の危機そのものだ。2019年も政界では多くの不祥事や失言が生まれた。本誌は当事者たちがそれをどう釈明、弁明、言い逃れしてきたかを検証し、“心に残る釈明、弁明”を紹介していこう。

◆萩生田文科相「負けるな、という思いで」

 大学入試シーズン直前に、文科省が英語に続いて国語、数学の記述式試験の導入見送りを決定したことは受験生に大混乱を招いている。そのきっかけとなったのが萩生田光一・文科相の「身の丈発言」だった。

「裕福な家庭の子が回数受けて、ウォーミングアップができるみたいなことがもしかしたらあるかもしれないけれど、そこは、自分の身の丈に合わせて、2回(のテスト)をきちんと選んで、勝負してがんばってもらえれば」

 これが裕福でない家庭の子供との「入試格差」を容認したものだと批判を浴び、入試改革はボロボロだ。萩生田氏は国会(10月30日)でこう釈明している。

「いろいろ厳しい環境、それぞれ人によって異なるものがあるけれど、それに負けるな、という思いで発した言葉でございます」

◆塚田国土交通副大臣「我を忘れて」

 安倍首相の地元の山口県と麻生太郎・副総理の地元の福岡県を結ぶ地元期待のビッグプロジェクトが「下関北九州道路」だ。さる4月、麻生氏の元秘書、塚田一郎・国土交通副大臣(当時)は福岡県知事選の応援集会でこうぶちあげた。

「安倍首相や麻生副総理が言えないので、私が忖度した。今回の新年度の予算で国直轄の調査計画に引き上げました」

 さもありなん、と誰しも思う。ところが、忖度発言が批判を浴びるや、塚田氏は一転、こう釈明した。

「大勢が集まる会だったので、我を忘れて誤った発言をした」(4月3日)

◆河井前法相「覚悟を発動」、菅原前経産相「私も香典持っていった」

 塚田氏は我を忘れても国民はこの2人を忘れられない。内閣改造で念願の初入閣を果たしながら、スキャンダルであっという間に内閣を去った菅原一秀・前経産相と河井克行・前法相だ。

 妻・案里氏が出馬した参院選でのウグイス嬢買収疑惑の河井氏は辞任会見(10月31日)でなぜか胸を張った。

「私は就任したときから、法務行政に対する国民の信頼を損ないかねないことが起きたときには、ためらうことなく自ら辞する覚悟を持ち続けた。その覚悟を発動すべきときと考えた」

 裏を返すと、“大臣になったときからいつバレるかとドキドキしていた”ということかもしれない。

 菅原氏も就任時から選挙区の有権者にメロンなど高級な贈り物をしていた疑惑が取り沙汰されていたが、とどめを刺したのは秘書が葬儀に香典を持っていった問題だった。公選法では選挙区での葬儀に議員自身が参列して香典を出すのはセーフだが、秘書が代理で渡すことは厳に禁じられている。

「(葬儀の)翌日、私も香典を持って行ったが、遺族から(香典が)一つ戻ってきたので、後で事実関係を知った」(10月25日)

 秘書の香典は返してもらったという弁明だ。

◆世耕参院幹事長「こちらからお願いしたものではない」
 関西電力の幹部が福井県高浜町の元助役(故人)から巨額の金品をもらっていた疑惑は政界にも波及した。

 元助役が関係していた会社の社長から600万円の献金を受けていたのが原子力行政を担当してきた世耕弘成・元経産相だ。世耕氏は元助役との面識は「全くない」と否定し、こう説明している。

「(献金は)私の政治理念などに共感して寄付をいただいたものだ。こちらからお願いしたものではない」(10月9日)

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連記事(外部サイト)