あおり運転殴打事件で登場の“ガラケー女”を巡るTV局の困惑

あおり運転殴打事件で登場の“ガラケー女”を巡るTV局の困惑

ある意味、2019年に日本を一番騒がせたカップル

「あおり運転」の危険性とその恐怖を日本全国に知らしめたのが、2019年8月に傷害容疑で逮捕された宮崎文夫被告(43)だ。

 常磐自動車道で蛇行運転を繰り返し、車を下りるや後列車の運転手をボコボコに殴るドライブレコーダー映像は、視聴者に衝撃を与えた。その後、宮崎被告の隣でガラケーを構えていた同乗女性(51)も、被告を匿ったとして犯人隠匿容疑で逮捕。罰金30万円の略式命令を受けた。

 この“ガラケー女”をめぐって、いまテレビ局員が困惑している。

「逮捕当時は彼女も実名で報じていましたが、罰金刑で釈放されているので、名前や顔出しの報道ができなくなった。最近はドラレコ映像でも女性の顔にボカシをかけて報じている。問題は、当時盛んに報じられた、宮崎被告が連行される時の一部始終です。あの映像が非常に使いづらい」(キー局情報番組プロデューサー)

 警察に取り囲まれながらも、宮崎被告は署への連行を拒否。「〇〇〇さ〜ん」と彼女の名前を連呼して助けを求める……。そんな映像が当時、各局のワイドショーで繰り返し流された。

「ずっと彼女の名前を呼び続けているでしょう。いまは実名報道できないので、オンエアするとなると、宮崎被告の発言にピー音をかぶせ続けなければならない(苦笑)。年末の振り返り企画などでもあの映像が使えないかもしれません」(同前)

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連記事(外部サイト)