【少子化問題】婚外子が少ない日本の結婚制度の欠陥を指摘 「金持ちの一夫多妻」案も

記事まとめ

  • 政府は少子化対策に注力も、昨年出生数は初の100万人を割り、改善の兆しは見られない
  • 作家の藤沢数希氏は、少子化に歯止めをかける鍵は婚外子で、日本は異常に少ないと指摘
  • 「結婚か否かの二者択一ではなく、お金持ち男性の一夫多妻的な家庭があっていい」とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております