スイス「自殺幇助団体」に登録した日本人女性の告白、「安楽死が生き続ける糧に」

記事まとめ

  • ジャーナリストの宮下洋一氏は、世界中の「安楽死」の現場を訪ね、その声を拾ってきた
  • スイスの自殺幇助団体「ライフサークル」の女医は「罪悪感を持つこともある」と告白
  • 精神疾患患者にとっては、「安楽死できると知ることが生き続ける糧になる」ことも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております