責任転嫁に正当化… 心理士が振り返る2019年の謝罪会見

責任転嫁に正当化… 心理士が振り返る2019年の謝罪会見

吉本興業・岡本昭彦社長の謝罪会見は「失敗」に終わった

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、2019年の印象的な謝罪会見をまとめて分析。

 * * *
 平成から令和に元号が変わった2019年も数多くの謝罪会見が行われたが、その中にはさらなる物議を醸すことになったものも多い。今年の会見を振り返り、その違いを考えてみた。

 芸能界では、不倫だけでなく違法薬物所持による謝罪会見も多く、その度にその謝り方が話題になった。音楽家で俳優のピエール瀧さんは保釈後にカメラの前で深々と頭を下げたが、元KAT-TUNの田口淳之介さんは土下座。そこまでやるのかと賛否両論が巻き起こった。闇営業問題では芸人の宮迫博之さんらが涙の謝罪会見を開き、それを受けて吉本興業の岡本昭彦社長が5時間半にわたる謝罪会見を開いたが、長時間のわりに問題の真相がよくわからず批判を浴びた。だらだら続けても集中力は長くは続かないし、人は曖昧性を嫌う傾向がある。マイナス要素の多い会見で、印象は悪くなるだけだった。

 企業の不祥事では、セブン&アイ・ホールディングスのスマホ決済サービス「7pay(セブンペイ)」が、不正アクセスの発覚でサービス開始4日でつまづき、小林強社長が謝罪。会見では、スマホ決済の基本的なセキュリティーである「二段階認証」について問われた小林社長が、「二段階認証?」と頭を傾げてつぶやいたことで、危機管理意識の甘さが露呈。セブンペイは早々に終了した。

 関西電力では、経営幹部20人が福井県高浜町の元助役から約3億2000万円相当の金品を受領していたことが発覚し、八木誠会長と岩根茂樹社長が会見。「金貨や金品の出所は承知していなかった」と一貫して主張し、話したくないことには口をしっかりとつぐんだ。第三者委員会の調査は約700人にも及んでおり、「原発マネー」の根深い問題が浮き彫りに。結論はまだ出ていない。

 教師同士のいじめが発覚した神戸市立東須磨小学校では、仁王美貴校長が謝罪。壮絶ないじめも“トラブル”と捉え、「いじめである認識が欠けていた」と話した。どの会見も、当事者意識の低さや、リスクを正しく認識し適切に対応する能力“リスク・リテラシー”が欠如していた。また、その裏には、見たい物しか見ない、知りたいことしか知ろうとしないという「認知バイアス」が潜んでいた可能性もある。

 認知バイアスが働いた会見だと、見ている方は誰に対して謝っているのか、何について謝っているのか、そもそも謝罪する気があるのかさえわからなくなり、世間から反感を買うことになる。今年起きたこれらの会見はその典型と言っていいだろう。

 安倍晋三首相は12月13日、東京都内で開かれた講演で、問題視されている「桜を見る会」について、「政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれている」と述べ、「国民のみなさまに大変申し訳なく思っている」と謝罪した。首相や官邸に向けられた疑惑に対し、説明責任を果たしていないのは自分たちだが、そこはスル―。まるで野党の追及によって時間を使ってしまったとでも言いたげだ。責任転嫁と問題のすり替えで、自分たちを正当化している印象が強い。

 9月、千葉に甚大な被害をもたらした台風15号。千葉県の対応の遅れと、災害本部設置当日に森田健作知事が別荘に公用車で向ったことが問題となった。これに対し森田知事は、「別荘ではなく自宅」と説明。「私用車に乗り換えプライベートで被害を視察した」と、唇を舐めたり大仰に表情を作ったりしながら述べた。

 さらにその視察では、メモも写真も「頭に残した」だけ。視察している知事を見た者もいない。森田知事はこのやり方を「これは私の政治スタイル」と、声の抑揚をつけ悪びれることもなく言ってのけた。どう追及されても言い逃れ的な自己弁護を繰り返し、大規模停電の復旧が遅れた東京電力にクレームをつける始末であった。

 自己正当化は、時に政治家としてのあり方も問う。国後島への「ビザなし交流」訪問団の一員として参加し、元島民の訪問団長・大塚小弥太さんに「戦争しないとどうしようもなくないですか」と酒に酔ってこう発言した丸山穂高衆院議員。一度は謝罪したものの、失言・暴言だったという意識は本当はなかったのだろう。辞任を促されると、「(戦争発言は)賛否を聞くという形での発言」「謝罪すべきは(戦争発言自体ではなく)あの場での不適切さ」と問題をすり替え、「私が辞めることで前例を作ってしまいかねない」と辞職勧告決議を非難。都合よく問題を解釈し自分を正当化した。いまだ議員のままである。

 例え辻褄が合わなくても、言い逃れやこじつけでも、自分が正しいと言い切ってしまう。これではまるで「ナイーブ・リアリズム」の極致みたいだ。人は自分の判断が正しく、自分の物の見方や感じ方は客観的だと信じる傾向がある。自分は冷静に判断しているため、自分と同じように考えられない人がおかしいと思うのだ。こうした傾向を「ナイーブ・リアリズム」という。これもまた、謝罪会見で強く出ると、世間の反感を買うだけである。

 さて、ナイーブ・リアリズムと聞いて、真っ先に思い浮かぶのはこの人以外にいないだろう。それは韓国の文在寅大統領。日韓関係がどうなろうとも、自分を正当化することを優先させた彼が、結局は国民の失望を買い支持率低下に追い込まれた姿は、今年最も印象的だったのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)