東京五輪は成功すると思うか ヤクザ世論調査の結果は

東京五輪は成功すると思うか ヤクザ世論調査の結果は

山口組総本部に家宅捜索に入る警視庁と静岡県警の捜査員(写真/共同通信社)

 ヤクザ事情に詳しいフリーライター鈴木智彦氏が山口組を含む現役組員100人にアンケート調査を実施した。同氏はヤクザに対して「東京五輪」に関する質問をぶつけた。

 * * *
◆Q:東京五輪は成功すると思いますか?

はい:68人
いいえ:19人
どちらともいえない:13人

 前回の東京オリンピック(1964年)が開催された時、関東を根城とする暴力団たちはオリンピック特需に沸き立ったらしい。

「当時は日本の総力戦といった雰囲気で、あちこちの建設現場に(ヤクザたちが)作業員を派遣していた。儲かりすぎて大変だった」(広域組織二次団体総長)

 表面上、今は暴力団系の土建会社が公共工事から排除されている。以前のようなことはない。実際、出入りの業者の登記簿をチェックしたところで、役員に暴力団幹部の氏名は見つからない。が、地方を中心にヤクザ系の土建屋は消滅していない。

「一次請けの巨大ゼネコンは、出入りの業者にあれこれ書類を提出させ、暴力団の関与がないよう定期的なチェックをしているが、とにかく人が足りず、まとまった数の作業員を集められれば仕事にありつける。ヤクザ系の土建屋は、知り合いのカタギや親族を経営者に変え、いまもあちこちに入り込んでいる」(関東独立組織幹部)

 ヤクザたちに、東京五輪が成功すると答えた人が多かったのは、すでにその恩恵にあずかっているからかもしれない。

●調査・文/鈴木智彦(フリーライター)

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連記事(外部サイト)