漫画家・西炯子氏、「政治に無関心な日本人は“ゆでガエル”」

漫画家・西炯子氏、「政治に無関心な日本人は“ゆでガエル”」

主人公の山田一斗は総理大臣を目指す女性(『恋と国会』1巻より)

 国会議員の不祥事や疑惑が次々と明らかになり、国民の政治への期待や関心が薄れていくなか、「国会」と「恋愛」という異色の組み合わせを題材にしたマンガが話題をさらっている。『娚の一生』や『姉の結婚』など数々のヒット作を生みだした漫画家・西炯子(にし・けいこ)氏が『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載中の、国会を舞台にした漫画『恋と国会』だ。大人の恋愛マンガの旗手として知られる西氏がなぜいま「政治」なのか? 本人がその思いを語った。

 * * *
 主人公の山田一斗(女性)は「正面突破しかできない25歳の元地下アイドル」。彼女は日本を「みんなが“まあまあ”じゃん」と思えるような国にするべく、総理大臣を目指します。若い女性に総理大臣を目指させたのは、総理大臣は女性の職業として描かれるどころか、恐らく想像すらされたことがなかったからです。誰も見たことのないその光景を、私自身が見てみたかった。だから、自分で描いちゃおうと思ったんです。しかもその話は、私がこれまで主戦場にしてきた少女マンガ誌ではなく、社会派作品が多く読者層も幅広い青年誌だからこそ、関心をもってもらえると思いました。

◆もう1人の主人公はあの2世議員をイメージ?

 一斗は真っ直ぐな性格で、鏡みたいな存在です。みんな、彼女を前にすると、自分の弱さやずるさに気づかされて、後ろめたい気持ちと向き合わざるをえなくなる。もう1人の主人公である政界の若きサラブレッド海藤福太郎(25歳)も、そうして彼女に翻弄されていきます。

 最初は、皆さんも注目されているであろう某2世議員をイメージしながら福太郎の設定を考えていたんです。でも実際描いてみると、現実にいるその方よりもだいぶ小者になりました(笑い)。

 福太郎は、生まれついた家に甘んじて2世議員を不承不承やっているような、ダメな男の子なんです。実家は2代続く総理大臣の家系で、言ってみれば彼は、「政治家」という家業を継いだ若社長ですよね。でも、せっかくの立場を活かすでもなく、“きちんとした2世議員の自分”を器用に演じているだけ。「俺の人生、どうせそんなもんだろう」って自分に対して失望しているのに、嫌だと言うこともできない。登場人物の中では一番私に近くて、描いていて本当に嫌になるんですけどね。しっかりしろやい!って…(笑い)。そんなダメなヤツが、一斗に触発されてどう成長し逆転していくのか。これは見ものです。

◆与党が舞台じゃないと意味がない

 福太郎だけでなく一斗も、与党側の人間として描いているのは、「権力の中枢に潜り込んでいかないと物事は変えられない」という思いがあったからです。現実の政界も長らく自民党政権が続いていますし、これは、どの社会にも通ずることではないでしょうか。まず懐に入れないと、権力の中心に触れることなんて到底叶わない。野党は、「反対した」という事実をつくるために反対することもありますよ。そういった形で権力と敵対する人には、結局根本を変えることは難しいと思います。だから、外野から権力の中枢に入り込んでいく人間として、一斗を設定しました。野党側からでは触れられない「力」の本質に迫りたいんです。

 もちろん、政治の世界は非常にシビアな側面が多いですから、想像では描きたくない。他作品と比較すると綿密に取材もしていて、少女マンガを描いていたときとはアプローチを変えていますね。政治家が主催するパーティーにも参加させていただきました。

 裏側に突っ込んでいくので嫌がる人もいるかと思いきや、幸いにもそんなことはなくて。政治家、政治に関する本を作っている編集者、新聞記者、政治家の元秘書など多くの方が取材に協力してくださっています。本当にびっくりする話をたくさん教えてくれます。政治の「タブー」に触れるようなことも。それだけこのマンガに期待してくれているのだと思いますし、その思いに応えていきたいです。

◆リーダーは「不出来」がうまくいく

 日本の政治を見ていると、理想的な政治家像なんて無いのではないかと思えるんです。アメリカのトランプ大統領なんかもそうですが、政治家ってその時代ごとの“風”の中でできあがっていくものですよね。しかも、日本国民は“物分かりがいい”から、“上の人”がうまい具合に国民を操る形がはまってしまう。強い主張やリーダーシップを振りかざさない、むしろ不出来に見えるくらいがうまくいく。

 私は、「国民を困窮させないこと」「戦争をしないこと」の2点をおさえてさえくれれば、誰がリーダーをやってもいいとさえ思っているんです。だけど、それも脅かされようとしているのが今の日本ですよね。

 たぶん我々は、大変なところに連れていかれようとしているんです。実際、戦争ができる方向に日本は舵を切っています。今のうちに手を打たないといけない。でも、反対するのは面倒だからみんな黙っている。「わざわざ自分が言い出さなくても…」とみんなが思っている。

 オリンピックも“天佑”として、いいように利用されているだけじゃないでしょうか。みんなの頭に楽しいことだけを吹き込んで、本当に直面している足下の問題に関しては思考が向かないようにしているのではないかと思うんです。

 ポリティカルな発言をすると他人に足を引っ張られる。日本にはそういう政治風土もありますよね。「戦争反対」と言っただけで、「ああまた始まったよ」「意識高い系なんですね」と、おとしめられてしまう。

 今の日本国民は“ゆでガエル”なんです。水が少しずつ熱されていて、いつの間にかゆで上がろうとしている。その事実にみんな気づいていない。いや、気づいていても気づかないふりをしているのかな。ゆでられていてもみんな一緒だから仕方ないかって…。

◆「桜を見る会」にはお国柄が表れている

 コラムニストの小田嶋隆さんが「桜を見る会」の一連のニュースにからめてラジオで言っていたことですが、そもそも日本の民主主義は、勝ち得たものではなく、“頂いたもの”。もらっただけだからそれに対して切実な思いもないし、肝心の使い方さえわかっていない。手放したらどうなるかという体験もしたことがない。

「桜を見る会」にはこういう日本の“お国柄”が本当によく表れています。日本は、お金を持っている人のおこぼれにあずかることが当たり前のムラ社会から、抜け出せていないんです。お金持ちと仲良くしておけば就職の世話も、良い病院の紹介もしてもらえる。おこぼれにあずかるためには、コネ作りって必須ですものね。「桜を見る会」の問題がこれまで突っ込まれてこなかったのは、威厳者のおこぼれを当然視するムラ社会の構図が依然根強いからです。“ゆでガエル”状態で政治に関心のない多くの日本人が、そこから目覚めて民主主義を語るのは、とても難しいことでしょうね。このままだと引き返せなくなるのではと思うと、日本の先行きが本当に不安です。

◆教育が劣化、「詰め込み式」に戻すべき

 その背景には、教育の影響も大きいのではないかと思っています。大学入試改革が迷走して大混乱が起きていましたが、もっと大きな枠組みで、教育そのものが劣化しているのではないでしょうか。

 昔の教科書はびっしりと文字があって、白黒一色印刷で中身が詰まっていたんです。それをマスターするだけでも大変で。私の子供時代に塾に行っていたのは、学校での勉強についていけない子が多かった。でも今は学習指導要領がスカスカだからそれでは足りなくて、中学受験のために小学生からわざわざ塾に行き始める。

 新しい教科を作ると言い出したかと思えば、英語やプログラミングですよ。大人になったら英語ができる人、プログラミングが得意な人を雇えばいいじゃないですか。まして今の子どもたちが大人になるころには、AIにとって代わられているかもしれないのに。

 そうやって、わざわざ身につけなくてもいいことに時間をかけて、本物の教養を身につけさせる機会を奪っている。学校が教養を重視できなくなっているのは、由々しき問題ですよ。量はいずれ質に転換するものなので、詰め込み式の勉強に戻すべきなんじゃないかと私は思います。ゆとり教育が軟着陸した先で、学ぶべき内容まで減らされてしまった。

 そうしている間に、「知らない」ことに対して日本国民があまりに無関心になっている気がします。習っていないから、昔のことだから、とか言い訳をつけて、無知を放置しちゃう。最近のことはなんでも知りたがるのに。過去に起きたことは、必ず繰り返されます。歴史を知るのは大事なことですよ。

 過去についての知識、今の自分より少し上の教養を身につけようとする意欲を持てる、あるいは無知な自分を恥じることができる。教育は、そういう人間を育てられるように変わっていってほしい。一斗を、政治の知識が全くない、「いま何にも知らないからイチから勉強するわ!」と意気込むキャラクターにしたのは、そういう思いがあったからかもしれません。

◆菅官房長官にぜひ読んでもらいたい
 
 一方で、福太郎を総理大臣を輩出する家の2世議員にしたのは、政治の世界の「ファミリー感」を描きたかったからです。国会議員は特別職という特殊な立場ではあるものの、一介の公務員ですよね。

 私は親が教師だったせいか、公務員の良さもつらさも想像がつくんです。もちろん、国会議員と教師とでは規模も仕事の内容も違いますが、まずはかれらのことを一人の人間として見たいなって。小さいころ、先生は「親の仕事仲間」でもあったので、先生たちの集まりについて行くと、私の隣でお酒飲むんですよ。それで、「炯子ちゃんよく来たね〜、大きくなったね〜」とか言われて(笑い)。もうそうなると、先生というより「うちに来ていたあのおじさん」っていう認識になる。そういう世界に生きていた経験があると、教員の世界、公務員の世界は家族の延長のような、ある種のファミリーのような感じになるんです。政治の世界も同じではないでしょうか。

 有名な2世議員って、政界に出てきたときからいきなり馴れ馴れしい感じがしますよね。それって、「そういうこと」だと思うんです。政治の世界での振る舞い方が成長の過程でなんとなく身についているから、違和感なくすっと入っていける。そういう空気感みたいなものを、福太郎で描きたいと思っています。

 大変なのは現実の政界でマンガでも描かないようなスキャンダルが起きていることです(笑い)。負けないように問題提起をして、今後はタイトル通りこのマンガは基本「ラブコメ」なので、ちゃんと「恋」も本格的に描いていきます! もし誰か政治家にこの漫画を読んでもらえるとしたら、ぜひ菅義偉官房長官にお願いしたいです。ある意味ファンなんですよ。意外なところで脇が甘くて、なんだか嫌いになれないんです(笑い)。

関連記事(外部サイト)