インフルは年明けピークか 正月休みに警戒すべき感染症

インフルは年明けピークか 正月休みに警戒すべき感染症

インフル感染ピーク年明けか

インフルは年明けピークか 正月休みに警戒すべき感染症

年末年始に流行する感染症から身を守るには?

 年末年始にかけて、忘年会や初詣などで人混みに出かける機会が多くなる。そんなときに気をつけたいのが、「感染症のリスク」だ。この時期に感染する恐れのあるウイルスや細菌は何があるのか。

 まずはインフルエンザ。国立感染症研究所によると、今年は例年より流行が数週間早く、12月15日までの一週間に発生した全国のインフルエンザ患者数は推計で53万5000人に達している。

 元小樽市保健所所長で医療ジャーナリストの外岡立人氏は、年末年始からのインフルエンザの状況についてこう指摘する。

「今流行っているH1N1型は比較的症状が軽く、高齢者が肺炎を引き起こして亡くなるような事態はほとんど起きないでしょう。一方で、症状が軽いだけに、もう治ったから大丈夫と判断して、あるいはインフルエンザではなくただの風邪だと勘違いして、出歩いてウイルスをばらまいてしまう人が増えると考えられます。買い物や初詣などで出歩く機会の多い年末年始となればなおさらで、感染が一気に広がる可能性が高い。

 正月明けから感染者数はさらに増え、学校がはじまるとピークとなりそうです。流行するウイルスがH1N1型からH3N2型に変わってくると、2月初旬まで流行は衰えないかも知れません」

 症状が軽いといっても、インフルエンザであることに変わりはない。もしかかれば、おおよそ1週間は自宅療養するのが原則。年末年始の休みの間じゅう、自宅で過ごす羽目になりかねない。

 インフルエンザと並んで怖いのがノロウイルス感染症だ。ウイルス性の急性胃腸炎で、発熱や腹痛、激しい下痢・嘔吐(吐き気)などの症状が出る。若い人の場合は数日程度で回復することが多く、死に至るケースはほとんどないが、子供や高齢者では重症化することもあり、病院や福祉施設に入っている高齢者の間で集団感染が起き、死者が出たケースはいくつかある。冬場に流行しやすい感染症だ。

「ノロウイルスは感染力が非常に強いウイルスで、気温が下がると道端でも生き続け、ほんの数十個のウイルスが手に付着しただけで感染することもある。ノロウイルスに感染していながら気づかず、体調が悪いまま宴会に参加してトイレで吐くと、その後、トイレを使った人たちに一気に広がります。道路で吐くと、吐瀉物が乾燥して風で舞い上がり、近くを歩いただけで感染することもある。いったんノロウイルス感染症が流行すると、エレベータの手すりのベルトや電車のつり革からでも感染したりします」(外岡氏)

 ノロウイルスの場合、人から人への感染だけでなく、牡蠣などの二枚貝を生で食べて感染することもある。感染者の糞便に含まれたノロウイルスの一部が、下水処理場での処理をくぐり抜けて河川に流れ出し、海に出て二枚貝の内臓に蓄積され、それを人が食べて感染するといわれる。十分に火を通せば問題ないが、生牡蠣の場合は食中毒事件が過去に何度も起きている。

 こうした感染症を予防するにはどうすればいいか。

「インフルエンザの場合、手洗いやうがいが推奨されていますが、他に効果的な予防策がなく、それら以外にできることがないからです。予防接種も、私は毎年打っていますが、かかるときはかかります。感染を防ぐ効果が薄いから、最近は症状を軽症化するという点が強調されるようになっています。マスクについても、発症した人の場合は飛沫を飛ばさないために装着すべきですが、予防効果は疑わしい。メーカーはウイルスを含む飛沫を吸着するといいますが、口の横側には隙間があるし、顔や手にもウイルスはつきます。欧米に比べ日本ではマスクをしている人が非常に多いですが、だからといって欧米よりインフルエンザの流行が少ないかといったら、そうでもありません。

 ノロも手洗いが推奨されていますが、防止は非常に難しい。生牡蠣については、今は漁協等が検査機関に依頼してノロウイルスのチェックを受けたものだけが出荷されるようになっていますので、最近は飲食店の食中毒事件はほとんど起きていません。気になる人は、店員に『チェックを受けた牡蠣ですか?』と訊いて、答えられないようなら避けたほうがいい。

 どちらも一番効果があるのは、『外出しないこと』です。むしろ、症状が軽くて発症に気づかない人が出歩いて、ウイルスをばらまいてしまうことが問題で、体調が悪いと感じたら不要な外出を避ける、病院で受診することが大事です」(外岡氏)

 被害者になることより、加害者になることを避ける行動が求められそうだ。

◆海外旅行で今、注意すべき感染症とは

 年末年始には海外を旅行する人も多いが、海外ではまた別の感染症リスクがある。外務省の海外安全ホームページを見ると、コンゴやウガンダなどのアフリカ諸国ではエボラ出血熱が発生中で、全世界的には麻しん(はしか)や風しんが流行している。

「エボラの感染力は強いのですが、患者との接触感染であることから、直接患者と相対するような機会がなければ感染はしません。また、ワクチンもできて、それほど心配はないのですが、こうした地域を訪れて、もし突然の発熱や頭痛、倦怠感、筋肉痛、咽頭痛等のような症状が出たら、その国の大きな病院や検疫所で検査を受けましょう。

 麻しん・風しんについては予防接種を受けていればまずかかりません。小学生以上の子供は就学前に2回のMRワクチン接種をしているはずですが、問題は30代以上の人たちで、免疫が切れていることがあります。特に風しんは、妊婦にうつすと胎児にも感染し、子供の目や耳、心臓に障害が出る先天性風しん症候群にかかって生まれる可能性があります。麻しん、風しんが流行している地域に渡航を予定している人は、医療機関で予防接種を受けたほうがいいでしょう。自治体からの補助があることが多いです」(外岡氏)

 海外の感染症流行については、インターネットの外務省「海外安全ホームページ」や厚生労働省「検疫所FORTH」で情報提供されているので、それらで渡航先の情報を参照していただきたい。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)