ビールなど酒類の自動販売機は20年で9割減少 残る自販機は年齢確認が必要な改良型に

記事まとめ

  • ビールなど酒類の自動販売機は1996年の約19万台から現在は約1万8000台と10分の1に
  • 残っている自販機も8割は免許証など年齢確認が必要な改良型に変わった
  • 酒を販売する側への規制も厳しくなり、酒類販売管理者は『研修』が必要に

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております