精神科医と患者の性的関係が海外で禁じられている背景

精神科医と患者の性的関係が海外で禁じられている背景

多くの医師はリスクを負いながら全力で治療にあたっているが(写真はイメージです)

 嵐の二宮和也(36)と元フリーアナウンサー、オードリーの若林正恭(41)と20代の看護師、イモトアヤコ(33)と日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ』のプロデューサーなど、2019年秋以降の芸能界は空前の結婚ラッシュが続いた。そのなかで話題を呼んだのが、元「ももいろクローバーZ」の有安杏果(24)と、25歳年上の A氏(49)との結婚だ。A氏は都内でクリニックを開業する精神科医で、有安がももクロ時代から主治医を務めていたと報じられた。

 2019年11月24日に有安がInstagramでA氏との結婚を発表すると、投稿から3時間で1万2000件以上の「いいね」がつく一方、ネットを中心に「素直に祝福できません」「精神科医と患者が結婚してもいいの?」との声が多数寄せられて賛否両論となった。

「有安さんのケースはさておき、一般的に精神科の患者が主治医に恋愛感情を抱くことはあるのですが、それから発展して性的関係を持つようになるのは問題です」と指摘するのは、精神科医の片田珠美氏だ。

「精神科の患者は、治療中に自分の悩みを真剣に聞いてくれ、何でも相談できて頼りになる主治医に恋愛感情を抱きやすい。これを精神分析の創始者であるフロイトは『転移性恋愛』と名づけて、“気をつけなければいけない”と警告しました。

 そもそも精神科を訪れる患者は精神的に弱っているケースが多く、アドバイスをくれる医師を“この人がいないと生きられない”と思い込むほど実際以上に高く評価する傾向があります。これは、フロイトが『ほれこみ』と呼んだ精神状態です」(片田氏)

 心身が弱っている患者は悩みを真摯に聞いてくれる主治医に恋心を抱きやすいとの指摘だが、なぜ、転移性恋愛は「気をつけなければいけない」のだろうか。

「転移性恋愛が生じると、主治医が患者の愛情欲求を満たさなければ治療が中断することもあります。また、一時的な恋愛関係を結んだとしても、その後で患者が精神的に傷ついたり、主治医に対する怒りや復讐心を持ったりすることもあります。たとえ結婚しても、転移性恋愛は治療関係を通して引き起こされるのであり、必ずしも医師個人の人柄に魅力を感じたわけではないので、結婚生活に幻滅するかもしれません。

 様々なリスクがあるからこそ、フロイトは患者とは距離を置き、深みにはまらないことを精神科医に求めました」(片田氏)

 精神科だけでなく、内科や外科、産婦人科などの他科でも、症状で不安になった患者が信頼や尊敬、感謝などの気持ちから主治医に好意を抱き、それが恋愛感情に発展するケースがある。例えば2017年に斉藤由貴(53)が横浜でクリニックを経営する50代医師とのW不倫疑惑を報じられた際も、ネットでは「転移性恋愛ではないのか」と議論された。
 
 ただし臨床現場においては、患者が主治医に一方的な好意を抱くだけでなく、恨みや敵意、憎悪といったマイナスの感情を主治医に向けることもある。精神的に不安定な状態になって受診した患者から「好き」と「嫌い」というまったく逆の感情を一方的に向けられるリスクを背負いながら、多くの医師は患者の治療に全力を尽くしている。

 他方で精神科の医師には、他科よりも患者との関係に慎重であるべき事情があるという。

「患者が医師に恋愛感情を抱きやすいことに加えて、精神科医は脳内の神経伝達物質に作用する向精神薬を用いるからです。もし、下心を持った医師がそれらを大量に処方した結果、患者が処方薬に依存するようになり、“薬が切れたらどうしよう”、“この先生に見捨てられたらどうしよう”などと不安にさいなまれるようになったらどうなるか──医師が患者の心身をコントロールすることもできないわけではありません」(片田氏)

 多くの精神科医は医師としての良心を持ち、症状を改善するために患者と真摯に向き合っている。だが精神科の臨床においては、医師が自らの立場を利用して患者を支配する可能性がないわけではない。

 それゆえ、欧米では、治療中の精神科医が患者と性的関係を持つことを「犯罪行為」として刑法などで規制したり、医師資格の抹消を含む制裁を加えたりするケースが見られる。例えばドイツの刑法は、「治療を行う関係を濫用して、精神療法が行為者に委ねられている者に対して性的行為を行うなどした者」は、「三月以上五年以下の自由刑」と定める。

 だが日本には明確なルールが存在しない。多くの精神科医が所属する日本精神神経学会は「精神科医師の倫理綱領」で、〈精神科医師は、専門的技能および地位の乱用を行ってはならず、精神を病む人びとからのいかなる搾取も行ってはならない〉とするが、罰則規定は設けられていない。

 2019年11月には、通院先の鹿児島県内の精神科医から性的搾取を受けたことを原因として自殺したという女性(当時27)の遺族らが都内で会見を開き、医師と患者が性的関係を持つことを法律で禁止するよう求めた。遺族らは、主治医だった精神科医が不適切な投薬や懲罰的な断薬を繰り返して女性を支配していたと主張している。

 もちろん、知り合ったのは精神科医と患者としてであっても、治療終了後に恋愛・結婚へと発展するケースもあるだろう。本人たちが望んだ生活を送るならば、出会ったきっかけにこだわる必要はない。ただ一方で、精神科医と患者の関係は構造的に様々な問題をはらみやすいので、個々の医師の倫理観のみに委ねるのではなく、明確な規則を定めるべきではないかとの声も聞こえる。

「海外では法律などで規制されていること自体、裏を返せば、この問題がいかに根深いかを物語っています。まずは日本でも、精神科医と患者には転移性恋愛が起こり得ることを多くの人に知ってほしいですね」(片田氏)

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)