『正義のYouTube広告』が持つ発信力について考えてみた

『正義のYouTube広告』が持つ発信力について考えてみた

1本の動画が世の中を動かす時代に

 動画サービスが子供たちに与えている影響はおそらく大人の想像以上だ。動画を通じて今年も多くの注目の人物や事象が生まれたが、来年はさらに増えていくだろう。コラムニストのオバタカズユキ氏が指摘する。

 * * *
 ネットの動画好きには、「それ、知ってる!」とかなりの確率で認知されているだろう。このところ、あべりょうの新曲『正義のYouTube広告』が脳内でぐるぐる再生されて困っている。

 男性シンガーソングライターであるあべりょうの存在を知ったのは、遅まきながら今回が初めてだ。たしか立川談志の落語を聞こうとユーチューブを開いたときのこと。お目当ての動画を再生しようとしたら、その直前に流れるインストリーム広告で半強制的に曲を聞かされた。そして、「な、なんだこの歌は?」とたじろぎ、広告スキップをせずに、最後まで視聴してしまった。

 まず、『正義のYouTube広告』は、イントロなしでいきなりこんな固有名詞を連呼するところから始まる。

〈日立市立上諏訪小学校5年生の○○○○が●●●●をイジメています〉
〈豊田市立羽生小学校6年生の□□□□が■■■■をイジメています〉

 それでもって、〈拡散希望 拡散希望 今すぐ助けなきゃ〉と急き立て、〈だからボクは東京オリンピックの開会式の朝に〉〈205カ国の参加国の数だけイジメている奴を〉〈正義のYouTube広告でぶっ飛ばすぜ〉とぶち上げる。

 いったいこの曲はなんなのか。東京五輪開会式の朝に予定している「犯行」予告なのか。

 そうだとしたら、なぜユーチューブを運営するグーグルがそんな過激な広告を許可しているのか、と思い、さっそく小学校名をググってみると、両校とも現存はしていない。○●□■とした部分は、いかにも今どきの小学生にいそうな具体的な氏名なのだが、それらも適当につけたものだろう。

 そりゃそうしないと、すぐに広告配信中止となるに決まっているから。でも、ならばあべりょうは、この危なっかしい歌で何を視聴者に伝えたいというのだろうか。

『正義のYouTube広告』は、ユーチューブの広告を使って、学校名とイジメている子供とイジメられている子供の実名をさらし、イジメられている子供を救うぞ、という内容の歌である。〈イジメていた奴らの人生なんか知ったことじゃないのさ〉とのことで、〈彼の命を助けられるのは目撃した君だけだぜ〉と、イジメを傍観している第三者に行動を促している。ポップで爽やかな曲調でもって、そういうことを歌い上げている。

 では、やっぱりこれは大胆にして危険な扇動歌なのだろうか。いや、そうではないだろう。なぜなら、しょっぱなの固有名詞連呼からしてバーチャルなものであり、もし東京五輪開会式までに、この曲に触発された「目撃者」たちがイジメ情報をあべりょうのもとに続々届けたとしても、それが実際に使われて「広告」として流れることは絶対にありえないからである。グーグルさんがそれを許すわけがないのである。許されることがないと承知の上でこの曲は作られ、配信されているのだ。

 となれば、あべりょうの目的は、むしろこの曲に触発されて行動したくなっちゃうような「正義」のあり方を皮肉っているのか。ちょっと考えれば、『正義のYouTube広告』が予告するところの「広告」は現実に流れないわけで、なのに脊髄反射的に「やれやれ!」と盛り上がってしまう「正義マン」の浅はかさをあぶり出そうというわけか。

 その可能性は高いと思う。何度もリフレインされる〈正義のYouTube広告をぶっ放すぜ〉というフレーズ。ぶっ放したら気持ちいいだろ〜、たしかに〜、と歌詞をまんま受け取ってしまうおっちょこちょいさんを嗤っている感じもある。視聴者のリテラシーっていうんですか、そういうものを試そうとしている歌、だともいえる。

 だが、しかし、だ。だとしても、後味が悪い。もし、正義の危うさに警鐘を鳴らす歌ならば、最後の最後に、たとえば「〜という正義をぶっ放すボクこそがイジメ側の人間なのさ」とか、オチをつけるべきなのである。でも、この歌は、煽りに煽っておいて投げっぱなし。いや、正確に言えば、曲が終わった後、以下のテロップが10秒ぐらい流れる。

〈いじめで困ったり自分や友人の安全に不安があったら 文部科学省 24時間 子供SOSダイヤル 0120-0-78310〉

 念のために、この電話番号も検索してみた。確かに文科省の該当ダイヤルのものだった。

 このダイヤル情報を流すことで、曲が真面目にイジメ問題解決に取り組むものであるということを示しているのか。形式的にはそういえるだろう。けれども、はたして実際にイジメで困ったり自分や友人の安全に不安がある子供たちが、この曲で「そうだ、ダイヤル相談すればいいんだ」という気持ちになるだろうか。

 文科省の電話相談に持ちかければきっと困りごとが解決する、と考えるようなマジメな子供は、扇情的で露悪的ともいえる『正義のYouTube広告』をまるまる聞かされた段階で、

「なんか、気分の悪くなるものを聞いちゃったな……」となると思う。この曲でやる気が出たりするのは、先述のように「正義マン」的な子供たちくらいで、他の大多数の視聴者は「なんだったんだ今の歌は?」「なんか妙なもの流れてたな」「お笑い動画で和むつもりが台無しだよ」という感じになるのではないだろうか。

 なのに、この曲を私が放っておけないのは、その発信力の高さがすごいからである。『正義のYouTube広告』は12月20日に投稿され、それからまだ1週間も経っていない当原稿執筆時点で、もう910万回以上も再生されている。1000万回到達も秒読みである。すさまじい発信力である。

 ユーチューブのお金まわりについては詳しくないが、この曲はほとんどの場合、動画再生の直前に流れるインストリーム広告として視聴されているはずだ。飽くまで「広告」であるから、再生されればされるほど、お金は広告主である「あべりょう」サイドが払わなければならない。もし、1回再生あたり1円の広告料がかかるとしたら、もうすぐ1000万円の投資という計算になる。 

 なんのため? さほどメッセージ性のある曲でもないし、さっぱりわからない。これはとにかく自己顕示欲の高いあべりょうが、IT長者のスポンサードを受けて作ったお遊び歌なのだろうか。あるいは、あべりょう自身がトレーダーとかで大金持ちで、歌はストレス解消のためにやっている趣味みたいなものなのだろうか。

 あべりょうに関してネットで調べてみても、その正体は、まったく見えてこない。ただ、我々がわかるのは、これまで三桁の数のシンガーソングライティングをこなしてきた人で、その歌のほとんどが社会問題を題材にしていることだ。

 学歴社会、地球温暖化、人口減少、バリアフリー、イノベーション、教育改革、エコロジー、国会前デモ……ありとあらゆる社会問題ネタが歌われている。スタンスは右とも左とも言い難い。あえていえば、右も左も世間の良識も大衆の欲望も皮肉り倒す系アングラ歌手。でもって、たまにインストリーム広告で曲を大々的に流し、そのたびに「表現が露骨だ」「不快だ」「やめてくれ」とアンチを沸かせることに長けている人。

 ネット社会にはいろんな表現者がいるんだなあと思う。あべりょうの場合、皮肉屋以上のメッセージ性があまり感じられないのだが、曲がなぜか脳内に残りやすい。特に原稿を書くために何度も繰り返し聞いた『正義のYouTube広告』は、目をつぶっただけで勝手に歌声が流れてきて私を困らせている。

 多様性を重んずるべき時代に我々は生きているので、いろんな表現者がいていいのだが、そのぶんノイズもでかいよなあと思う。みなさんとこの妙な気持ちを共有したいので、未視聴の方はぜひ『正義のYouTube広告』を再生してみていただきたい。

関連記事(外部サイト)