激戦のコンパクトカー マツダの新型MAZDA2にSUVタイプも?

激戦のコンパクトカー マツダの新型MAZDA2にSUVタイプも?

小型車「デミオ」を一部改良した現行「マツダ2」(同社提供/時事通信フォト)

 2020年のコンパクトカー市場は、トヨタ自動車「ヤリス(旧ヴィッツ)」vsホンダ「フィット」の対決ばかりが注目されているが、他社も指をくわえているわけではない。脱・大衆車メーカーを標榜するマツダからは、エントリーカーの「デミオ」改め「MAZDA2」の新型が登場するのではないかと目されている。果たして、どんなクルマになるのか──。経済ジャーナリストの河野圭祐氏がレポートする。

 * * *
 トヨタの「ヤリス」とホンダの「フィット」が、奇しくも同じ2月に発売開始とあって、2020年はコンパクトカーの話題で盛り上がりそうな雰囲気だ。

 ヴィッツは1999年、フィットは2001年にそれぞれ初代が登場したわけだが、このBセグメントと呼ばれるコンパクトカーのジャンルで、両車よりもデビューが早かったのが、マツダの「デミオ」(現「MAZDA2」)である。1996年のことだった。

 1996年と言えば、マツダが苦境に陥っていた時期で、同年にフォードが出資比率を33.4%まで引き上げている。窮状を脱するために投入されたデミオは、既存車の「レビュー」のプラットフォームを流用した、いわば急造品だった。が、コンパクトクラスとして初めてワゴンタイプを採用し、車検上の区分もステーションワゴンだったという。

 初代デミオはシートアレンジの多彩さなどがウケて、マツダにとって起死回生作となった。通常のクルマは発売後、しばらく販売台数が伸び、数年経過する中でなだらかに販売が落ちていくのが常だが、デミオは当初は地味な出足だったものの、逆に2年目、3年目と時間が経つごとに販売台数を伸ばしていった。

 2代目が登場したのは2002年。すでにヴィッツ、フィットが登場し、特に2002年はフィットが驚異的な販売台数を記録して、年間販売ランクでトップを奪取するほど市場を席捲している。また、2004年にはスズキから出た「スイフト」も競合車に加わるなど、コンパクトカー激戦の時期でもあった。

 その中でデミオは、初代のトールワゴンのスタイルは維持しつつ、フォードの「フィエスタ」とプラットフォームを共有し、走りの良さも売りになった。同時にカジュアル、コージー、スポルトと3タイプを用意し、利用シーンやニーズに合わせた選択ができたことも好感されている。ネガな点は、初代に比べて車重がだいぶ上がってしまったことだ。

 ちなみに、2004年にはデミオベースの小さな高級車という触れ込みで、「ベリーサ」(1500ccのみ)も登場。レザーシートや初となるHDDオーディオを採用、インパネの質感も上げ、価格もベーシックモデルで153万円、上級グレードは200万円という値付けで、商業的にはイマイチだったが、好きな人には刺さったモデルだった。

 3代目は2007年にデビュー。今度は一転してサイズダウンし、Bセグメントのステーションワゴンという位置づけから、主に2人乗りを想定したシティコミューター的なモデルに変身し、車重も1トンを切って軽量化。カーデザインも2代目までに比べて、曲面を多用して前衛的にしている。

 大きくコンセプトチェンジしたことで、当初は社内に不安もあったそうだが、まずまずの成果を収めた。ちなみに、2011年に大幅改良した際に導入した、1300ccのSKYACTIVガソリンエンジンの燃費は、リッター30kmを計測したことで、ハイブリッド車にも負けないと話題になっている。

 そして2014年に登場した4代目。マツダの他車種同様に魂動デザインが採用され、日本カー・オブ・ザ・イヤーも獲得した。マツダの幹部はこう語っている。

「デミオの系譜は、Bセグメントのクルマの常識を打ち破ることにあります。初代は初となるシートアレンジ。2代目は世界で戦える走りとニーズのバリエーション。3代目はボディサイズを小さくして効率さを増しながら走りの良さを維持。4代目はコンパクトクラスでのディーゼルエンジンの復権でした。

 4代目の発売当初は、ガソリンとディーゼル半々か、ちょっとディーゼル車のほうが多い感じでしたが、徐々にガソリンエンジン車が増えて、いまは4分の1がディーゼル、4分の3がガソリンです」

 2019年、マツダはペットネームを廃止し、「アクセラ」改め「MAZDA3」としたのを皮切りに、フルモデルチェンジを待たずして、デミオを「MAZDA2」に、「アテンザ」を「MAZDA6」に変えている。その変更を機に、同年9月から売り出したMAZDA2は、クルーズコントロールや電動パワーシート、ステアリングヒーター等々、快適装備、安全装備ともに大幅なグレードアップを施し、静粛性も一段と向上させた。

 それに連動して価格も上がり、ベーシックタイプで5万円程度、ガソリン車の上級グレードで24万円、ディーゼル車の上級グレードで34万円、それぞれ価格がアップしている。

 MAZDA2として設定した月販目標台数は3500台だが、出足の9月は消費増税直前ということもあって5560台まで伸びたが、その反動減や台風などの影響もあった10月は2240台に落ちている。MAZDA2としての市場評価は、もう少し様子を見ないとわからないだろう。

 これまで、初代から数えて6年→5年→7年というモデルチェンジサイクルできているので、新型のMAZDA2は、早ければ2020年内、遅くても2021年には登場と目される。

 東京モーターショーで世界初お目見えした、EVの「MX-30」は、まず欧州で2020年秋頃に投入予定だから、仮に日本でもデビューするとなれば翌2021年だ。2020年はマツダにとって創業100周年という節目でもあるので、そのアニバーサリーイヤーにニューモデルがまったく出ないというのは考えにくい。

 となると、2020年後半から年末の間のどこかで新型MAZDA2が登場する可能性は、期待値も込めて言えば高いのではないか。

 仮に登場した場合、従来のように新型MAZDA2がハッチバックタイプのみになるのか否か。そうであれば、MAZDA3のスモール版のようなデザイン、フォルムになるのか。あるいは遅れてSUVタイプも追加され、MAZDA3(ファストバックとセダン)と「CX-30」(SUV)の関係のように、現在の「CX-3」を廃止して「CX-20」(仮称)も出てくるのか──いろいろ気になるところだが、CX-30の開発主査である佐賀尚人氏は、過去にこんな話をしている。

「過去のSUVと現在のSUVとでは、お客様の使われ方がずいぶん異なってきています。私はSUVを敢えて“クロスオーバー”という表現でよく言うのですが、従来の乗用車に代替する車形としてクロスオーバーが好まれ出している。つまり、乗用車そのもののスタイルが変わってきたと受け止めているのです」

 こうした流れを鑑みると、新型MAZDA2は一転、売れ筋であるSUVタイプのみになる可能性もあるかもしれない。さらに、発電してEVとしての航続距離を伸ばす、ロータリーエンジンエクステンダーが搭載されるのでは……といった観測も出ているようだ。

 全車横断的に「魂動デザイン」を採用し、付加価値を上げて価格も上げる戦略を取ってきたマツダだけに、次のMAZDA2は、さらに質感や動力性能、安全・快適装備などのレベルを上げ、価格ももう一段上がりそうだ。マツダの幹部は、「価格性能比やコストなどを考えると、このBセグメントがある意味、一番難しい」と語っている。

 マツダは、価格勝負の大衆車メーカーからは訣別したが、といって輸入車に伍するプレミアム感や高級感を持つブランド領域到達までには、まだ時間がかかる。その過渡期にあって、MAZDA2のようなエントリーカーこそ、現在の付加価値路線をどう体現するかが重要になる。それだけ、次期型モデルは注目を集めることになるはずだ。

関連記事(外部サイト)