災害派遣獣医療チーム「VMAT」の主な活動とは?

災害派遣獣医療チーム「VMAT」の主な活動とは?

災害派遣獣医医療リーム『VMAT(ブイマット)』とは?(写真提供/動物環境科学研究所)

 大地震などで被災したペットを救う取り組みとして今、災害派遣獣医療チーム「VMAT」を結成する動きが、全国に広がっている。今回はそんな「VMAT」の活動内容を紹介。不測の事態に見舞われた際、あなたもVMATの力を借りることになるかもしれない。

 近年、ペットとの防災に関する意識が高まり、さまざまな取り組みが検討されているが、なかでも、災害時に被災地に駆けつけ、被災したペットの救護に当たるVMATが注目されている。

 VMATは、2011年の東日本大震災で多くのペットの救護が遅れたことを教訓に、2013年に福岡県獣医師会が結成した。その後、群馬県、大阪府、沖縄県でも結成され、今後2年以内に、九州地方のほとんどの県でVMATが組織される予定だという。

 VMATとは、「Veterinarian Medical Assistance Team」の略称。2016年の熊本地震の際は、福岡VMATから15日間、獣医師や動物看護師など、のべ60人の隊員を派遣。福岡県内の動物病院にペットを預かってもらう手続きをしたり、ペットフードなどの物資輸送も行った。

「隊員は、獣医師や動物看護師、トレーナー、トリマーなどで、いずれも動物救護の専門的な訓練を受けています。大規模災害時や多くの傷病動物が発生した事故などの際、約48時間以内に出動します」

 と、動物環境科学研究所所長で、福岡VMAT設立者の獣医師、船津敏弘さんは言う。原則、自治体からの要請に基づいて出動するが、発災直後で自治体が混乱している場合、事前の協定に従って、獣医師会の判断で活動を開始することもあるという。VMATの主な活動内容は、次の通りだ。

●避難所の動物の健康診断やけがの手当てを行う。

●緊急を要する場合は応急処置を施し、動物病院への搬送指示を行う。

●避難所を巡回し、被災者からのペットの健康に関する相談窓口を開設。避難所で過ごす動物のストレス緩和のアドバイスを行う。

 避難所にいるから安心とうわけではない。避難所での生活はペットにとってもストレスで、下痢や嘔吐、食欲不振を訴えることも多いという。

●被災地を定期的に巡回し、放浪している被災動物を保護。飼い主の元に返す。

 そのほか、動物を飼っていない人たちからの苦情にも対応するという。

「被災者にとってペットと一緒にいられることは心のケアにつながり、生活を立て直す際の糧にもなります。そのような存在のペットを守ることは、社会においても重要だと考えています」(船津さん)

 ところが課題はあるという。人命救助を担う災害派遣医療チームは、国の防災基本計画にその役割が明記されているが、VMATの活動には現状、法的根拠がない。そのため、現在の法律では、獣医師が被災地に入るだけでも多くの手続きが必要で、時間的ロスを生む。そのうえ、活動費などの援助もない。

 東北や東海地方でも設立の動きがあり、全国的な広がりをみせているVMAT。各地に増えれば、ペットを飼う人にとって、心強い味方になる。

 国からの支援を受け、もっと円滑に運営できるよう、私たちの認知と理解が必要だ。

※女性セブン2020年1月2・9日号

関連記事(外部サイト)