未来の移動はクルマじゃない? 自動歩行靴、空中遊泳イス…

未来の移動はクルマじゃない? 自動歩行靴、空中遊泳イス…

日産未来文庫の『答え合わせは、未来で。』(日産自動車HPより)

 日産自動車が2019年11月末、クルマをテーマにしたSFを集めた短編小説集『答え合わせは、未来で。』を「日産未来文庫」として刊行した。SF作家らによる未来のクルマにちなんだ19の電子書籍作品をわずか88円で配信するという新しい試みだ。作家の内藤みか氏が、企業による電子読み物配信の流れを振り返りながら、大変革期のクルマ社会の行く末を展望した。

 * * *
 ケータイ小説の頃より、企業による電子読み物の試みはいくつも行われてきました。

 たとえば、米ファストフアッションブランドのForever21が日本にオープンした2009年には、芥川賞作家の金原ひとみさんによるオンライン連載小説「Forever21」が同社のPCサイトと携帯サイトで配信されました。

 また、私自身も2005年にオンワード樫山のブランドROSE BUDのケータイサイトにてケータイ小説を連載していたのです。

 そうした流れはスマートフォンが流行してからしばらく鳴りを潜めていました。ケータイサイトは外部サイトへのリンクがあまり貼られず、読者を囲い込むために読み物ページを置いておくと効果があったのですが、スマートフォンサイトは目的のページを読むとすぐに他のサイトに移動する人が多く、オリジナルの読み物に目を留める人が少ないためです。

 しかし今はKindleなどで簡単に電子書籍が配信できる時代となりました。コストも紙の本ほどはかからないため、企業が作家とコラボすることにハードルが低くなったのです。今後はこうしたテーマ性のある電子書籍を企業が独自に配信する流れが増えてくるかもしれません。

◆未来の自動車はAI必須

 さて、日産自動車が刊行した『答え合わせは、未来で。』は、AmazonのKindleで2020年1月30日までの期間限定で配信されています。未来のクルマについて、未来的な電子書籍形式で伝えるという最先端の企業らしいイメージを発信していて、センスの良さを感じます。公式サイトではいくつかの短編が全文無料公開されていて誰もが楽しむこともできます。

 短編集には5分以内でさらりと読めるような短いものが集められています。現代人は忙しく、長い物語を堪能する時間がなかなか取りづらいということを踏まえた絶妙な長さです。未来の自動車というだけあり、やはり自動運転をテーマにしたものが多いようです。クルマ自体にAIが搭載されるというような未来を予見する作品もいくつかありました。

 AIがあると、学習機能により、こちらが行きたい場所や思い出の場所などを把握してくれるなど、持ち主に寄り添ってくれるので、クルマというよりは運転もできる“執事ロボット”のような感じになってきます。我が家にもAIスピーカーや自動調理鍋など喋る家電がいくつかありますが、それぞれにAIがありそれぞれが違う声で喋ることに違和感をおぼえることがあります。自動車も含め、いつかすべてのAIが統一される日は来るのではないでしょうか。

◆SFが未来のクルマを予測する

 この短編集のタイトル『答え合わせは、未来で。』は、SF作家たちが描いた未来のクルマが、実際に実現したかどうか、その答え合わせが未来でできます──という意味があるようです。確かに以前よりSF小説は未来を当ててきています。日本での実用化も近いのではと言われる自動運転のクルマというのも、SFにはずいぶん前から登場していました。

 短編集の中で私がいちばん気になったのは、氏田雄介さんの『自動化されたある1日の記録』でした。これには自動運転車ならぬ“自動歩行シューズ”が登場するのです。それを履けば、あらかじめ登録しておいた行き先に向かってくれる靴です。自動運転車が、シューズになった形といえるでしょう。

 この靴がなぜ自動的に歩くことができるかというと、靴から足の筋肉に信号が送られているからなのだそうです。そして、電源を切れば、普段通り自分で足を動かして歩くこともできるのだとか。

 このような靴が実在したら、欲しくなりますよね。クルマに乗っているよりも健康的ですし、近場での移動が多い人は、自動車に乗る必要もなくなっていくでしょう。腹筋を自動的に動かして腹筋運動させるマシンはすでにあるのですから、自動歩行シューズも夢ではない気がして、とてもワクワクしてきます。

◆車はいつか車の形ではなくなる!?

 SFが車をシューズのサイズにまで小さくしたように、私も、未来のクルマはもはやクルマという形にとどまらないのではないかと考えています。

 パソコンもどんどん小さくなり、スマートフォンとして人々が持ち歩けるようになりました。ゆくゆくはICチップのような極小機器を人体に埋め込む方法も考えられているようです。すでにクルマからは運転手という存在がなくなりつつあるので、運転席もなくなってしまうかもしれません。

 そして、未来はついに道路もなくなり、空に磁力のラインが張り巡らされていくのでは? と私は空想しています。リニアモーターカーがさらに発展すれば不可能ではないかもしれません。

 いま自分が座っているイスがふわりと浮き上がり、目的地まで運んでくれるようなことになるかもしれません。お気に入りのイスに座り、空中散歩を楽しむのはきっととても気分がいいのではないでしょうか。

関連記事(外部サイト)