SL受難の時代 高額な維持費に加え関わるスタッフも高齢化

SL(蒸気機関車)人気も車両保存には莫大な費用 メンテナンス人員も高齢化

記事まとめ

  • SL(蒸気機関車)が観光やイベントで人気だが、車両の保存など難しくなっている現実も
  • 静岡県の大井川鉄道は1976年、山口県の山口線は1979年にSLの運転を開始した
  • SLの保存には莫大な費用がかかり、メンテナンスを受け持つ人員も必要になる

SL受難の時代 高額な維持費に加え関わるスタッフも高齢化

SL受難の時代 高額な維持費に加え関わるスタッフも高齢化

記事画像

 観光にイベントに、SL(蒸気機関車)が人気だ。乗車するのも、走る様子を見るのも人気で、SLを走らせたいと願う地域は少なくない。ところが年々、SLを実際に走らせることはもちろん、車両の保存も難しくなっている現実がある。北九州市が若松駅前に展示してきたSLのメンテナンス継続が難しくなったため、譲渡先を2019年12月25日まで公募していたことも話題になった。継続して保存してくれる先は見つかったのか、全国でSLの保存はどのような状況にあるのか、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 全国各地を走っていたSLは、昭和40年代から鉄道の電化が進められたことによって姿を消した。鉄道ファンではなくても、SLを懐かしむ人は少なくない。そのため、観光の目玉としてローカル線ではSLが頻繁に運行されてきた。

 SLを観光の目玉にする先鞭をつけたのは、静岡県の大井川鉄道と山口県の山口線だ。大井川鉄道は1976年に、山口線は1979年にSLの運転を開始。これらの成功を受け、各地でもSL運転が相次ぐ。

 近年、東武鉄道がSL運転を始めたり、若桜鉄道がピンク色のSLを運行するなど、SLは依然として根強い人気を保っていると思われていた。しかし、そうした人気とは裏腹にSLは水面下で危機を迎えている。

 昭和40年代から50年代にかけて、多くのSLは役目を終えた。引退したSLの多くは処分されたが、博物館や自治体、愛好家たちが結成した保存会などに引き取られたSLもあった。引き取られたSLは、博物館や公園などに保存・展示された。処分を免れて幸せな余生を送っていたはずだったが、歳月の経過とともに問題が浮上する。

 九州鉄道記念館がある福岡県北九州市は、鉄道の街という歴史を有する。市内の若松駅前にある久岐の浜広場には、旧国鉄から貸与されたSLが保存・展示されていた。石炭産業で栄えた北九州市は、石炭輸送に活躍したSLを保存・展示することで郷土史を伝える役割を果たしていた。しかし、メンテナンスの手が回らず、老朽化が目立つ状態になっていた。このほど、市は保存・展示を諦めて譲渡することを決定した。

「先だって譲渡先を公募していましたが、申し込み締め切り期限の12月25日までに県内から1者、県外から1者、合計2者から申し込みがありました」と話すのは北九州市若松区まちづくり整備課の担当者だ。

 SLの譲渡先は2020年1月中に選定委員会によって決定する。2者からの応募があったことで、ひとまずSLが広場で朽ちていく運命は免れた。しかし、SL受難を思わせる衝撃的な事態はほかの地域でも発生している。

 このほど、京都府与謝野町にある加悦(かや)SL広場が2020年3月末で閉鎖することを発表した。加悦SL広場には、SLをはじめ鉄道史を彩ってきた車両が保存・展示されている。

 保存・展示された車両は、定期的にメンテナンスしなければすぐに腐食してしまう。保存・展示車両にメンテナンスは欠かせないが、その費用は重い負担になる。特に、SLの保存には莫大な費用がかかる。また、メンテナンスを受け持つ人員も必要になる。加悦SL広場のメンテナンス担当者はたったの一人。一人で車両の維持・管理を受け持つことは不可能だろう。加悦SL広場の閉鎖は、苦渋の決断でもあった。

 加悦SL広場のたった一人でメンテナンスを受け持つ体制も大変な話だが、公園などに保存されているSLはボランティアやNPO団体にメンテナンスを依存していることが多い。しかし、ボランティアスタッフの多くが高齢化により引退し、メンテナンスを受け持つ人間は少なくなった。そのため、各地のSLは放置されっぱなしになっている。

 各地のSLが姿を消すという危機感が広がる中、それでもSLの保存・展示を模索している団体もある。名古屋市にある名古屋市立科学館も、粘り強くSLの保存・展示に取り組んできた。名古屋市科学館の担当者は言う。

「それまで当館のSLは敷地内に展示しているだけでした。3年前に動態保存を含めて、さまざまな活用を模索するべく、大阪の業者へ点検に出しました。そのため、現在は敷地内に線路だけ残されている状態になっています」

 科学館に保存・展示されていたSLは、それまで化学メーカー・石原産業が四日市で資材輸送・工員輸送のために使用していた。不要になったため、科学館がSLを譲り受けることになったが、当初は敷地内で保存・展示するだけだった。事態が大きく変わったのは、名古屋市の河村たかし市長による意向からだった。

 SLに強い思いれを抱く河村市長は、常々「あおなみ線でSLを運行したい」と発言していた。2013年にあおなみ線の一部区間でSL運転をイベント的に実現。あおなみ線を走ったSLは科学館に保存・展示されていた車両ではなく、JR西日本から借りてきた。わずか2日間のイベント的なSL運転だったが、大盛況に終わった。

 SL運転の成功を機に、名古屋市は定期的にSL運転をできるか検討。しかし、SLを運転するには、クリアしなければならない課題が多かった。それらをクリアできないため、SL運転計画は頓挫してしまう。その後、名古屋市はSL運転から動態保存に方針を転換。科学館前に保存・展示されていたSLを活用することが模索された。

 SLを動態保存する手法は大まかに2種類ある。蒸気機関によって完全に復元する手法と圧縮空気によって動かす手法だ。

 蒸気機関によって完全復元するには、SLが走れるだけの広い敷地が必要になる。また、煤煙や騒音、振動といった周辺環境への配慮も求められる。費用も莫大になる。クリアしなければならないハードルは多い。

 多くのSLを保存・展示している京都鉄道博物館は、短い区間ながら敷地内でSLの運転をしている。京都鉄道博物館は2015年にリニューアルして現在の館名に改称されたが、前身は梅小路蒸気機関車館という博物館だった。その名前からもわかるように、同館は蒸気機関車が主役の博物館であり、ハード・ソフト両面でSLの保存・展示には好環境が整っていた。その系譜を継承する、現在の京都鉄道博物館がSL保存・展示に強いのは当然の話なのだ。

 しかし、ほかの施設でSLを保存・展示することは容易ではない。そのため、蒸気機関ではなく圧縮空気による再現を選択する施設は少なくない。圧縮空気での再現なら、煤煙や振動、騒音といった周辺環境への諸問題はクリアしやすい。圧縮空気による再現は完全な復元とは言い難いが、それでも和歌山県の有田川鉄道公園や岐阜県の明知鉄道は圧縮空気でのSL運転を再現し、人気を博している。

「予算との兼ね合いもあるので、蒸気機関か圧縮空気のどちらになるかは検討中としか申し上げられません。しかし、どちらになってもVRなどの科学技術と組み合わせるなどして、科学館の特性を活かした体験ができる仕組みを考えています」(前出・科学館担当職員)

 SLが全盛期だったのは、半世紀も前になった。すでに、SLに乗車経験がある層は少なくなり、それに伴ってSLが絶対的な観光の目玉になる時代ではなくなっている。

 SLとの新たな向き合い方を考えなければならない時にきているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)