男性が「肌色メイク」する時代 プレゼン前の上級管理職も

男性に「肌色メイク」広がる プレゼン前に男性専用メイクサロンを訪れる上級管理職も

記事まとめ

  • スキンケアが中年男性にも一般的になりつつあり「肌色を整える」メイクも広がっている
  • 肌色を整える男性向け商品がドラッグストアにも複数、陳列されている
  • 男性専用メイクサロンのイケメン製作所にはプレゼンや講演を控えた中年男性も来るそう

男性が「肌色メイク」する時代 プレゼン前の上級管理職も

男性が「肌色メイク」する時代 プレゼン前の上級管理職も

記事画像

 男性が素肌を整えるスキンケアが若者だけでなく中年にも一般的になりつつあるが、最近はさらにメイクで「肌色を整える」ことも広がりつつある。肌色を整える男性向け商品がドラッグストアにも複数、陳列され、ファッション誌『MEN’S NON-NO』による第5回「メンズノンノ美容大賞」2019年では「メイク部門」がもうけられ、コンシーラーやBBクリーム、ファンデーションが入賞した。男性専用メイクサロンの草分け的存在であるイケメン製作所(東京・銀座)創業者の手塚拓海CEOは「異性から受け入れられると安心できるようになり、行動に移し始めたのだと思います」という。

 その言葉を裏付けるように、2019年10月に株式会社資生堂が20代〜50代の男女を対象に実施した「男性のスキンケアと肌や眉を整える等の行為に関する意識調査」は、メンズメイクを女性が肯定的に捉えていることがはっきりと分かる結果だった。

 仕事相手の男性がメイクをしていることに気付いた場合の印象は「とても好印象」31.5%、「どちらかというと好印象」28.9%、「なんとも思わない」28.4%という結果で、約9割もの女性がメンズメイクに抵抗がないことが分かった。

 仕事で関わるだけなら他人だから、無責任なことを女性が答えているのではないかと疑うひともいるかもしれない。しかし、同調査で「男性の恋人がメイクをしていることに気付いた場合」の印象について尋ねても、「とても好印象」27.3%、「どちらかというと好印象」22.8%、「見た目が素敵になっていればいい」11.6%、「自然な仕上がりであればいい」9.4%と、肯定的に捉えている女性が約7割と多数派であることが判明した。

 男女ともに起きている意識の変化を受けて、資生堂では2018年4月から「肌マネジメント研修(ビューティ講座)」と名付けた、男性向けの研修を企業や大学で実施している。商品を使って実際に自分の顔で試す内容を含んでおり、スキンケアに始まり、フェイスカラークリエイター(BBクリーム)で肌色を整える体験ができる。

 前出のイケメン製作所では、髪と眉毛を整え、メイクしていると気付かれにくいメンズメイクを施す。客の希望にもよるが、顔全体の色を変えるというよりは目のクマ、しみ、ニキビ跡、ヒゲのそり跡などを自然な形でカバーするメイクを提案している。コンシーラーを部分的につかって肌に馴染ませる、自分で10〜15分ほどで再現できるやり方が多い。

 肌色を整えるメイクについては、以前から男性にもニーズがあるはずだと、前出の手塚氏は2012年に男性向け美容クリニック「ゴリラクリニック」を創業したときから感じていたそうだ。

「男性向け美容クリニックではヒゲ脱毛が評判となったのですが、脱毛だと費用も時間もかかるので、誰でもチャレンジできるわけではない。もっと手軽にヒゲ跡をカバーできるメイクが、必ず多くの人の求めるものになると思っていました。そして2017年9月に『イケメン製作所』を始めたころから広まったInstagramの影響で、男性も自分の見た目を整えることに抵抗がなくなっていったと思います」 2017年の流行語大賞「インスタ映え」が象徴するように、写真SNSのInstagramは、誰もが写真うつりを美しくするために努力を惜しまないという行動を助長した。それは、自分の見た目についても同様で、女性だけではなく男性も見た目を整えることへ関心を持つようになった。

 でも、自撮り写真は加工アプリでごまかしているんでしょう? と懐疑的に思う人もいるだろう。しかし、加工アプリだけでは満足できないというのが昨今の本音だ。

「インスタで見せていた写真と実物とのギャップをなるべく埋めたいという意識が働いて、そのために肌色を整えるメイクに男性も乗り出すことへ抵抗が薄くなったようです。また、加工写真をプロフィールとして登録するのを禁止する動きがマッチングアプリで広まっている影響も感じています」(前出・手塚氏)

 世の中の変化など様々な後押しを得たからなのか、イケメン製作所への来店者数は「この一年ぐらいは月に2000人ほど、週末になると1日で120人ぐらい」(前出・手塚氏)で、関東近辺だけでなく全国からやってくるのだという。取材に訪れた日はクリスマスの直前だったが、平日にもかかわらず週末と同じくらいの予約がすでに入っていた。一年のうち問い合わせと来店が増えるのは、大学生が就職活動準備を始める2、3月と、新社会人が仕事を始めたあとの5、6月。20代〜30代前半のビジネスマンが中心だが、実はアラフォー以上のリピーターも少なくないのだという。

「たとえば、大事なプレゼンや講演を控えた日に、身だしなみを整えるためにいらっしゃるエグゼクティブのお客様です。そういったお客様は、年に数回、重要なイベントの直前に利用するリピーターとして、長いお付き合いをさせていただいています。私自身、アメリカで仕事をしていたとき、仕事ができる人ほど大事なプレゼンの前には必ず、サロンなどへ行ってバッチリと整える姿を見てきました。日本でも、同じように考える管理職の方が増えてきたのだと思います」(前出・手塚氏)

 来店者のほとんどが、「メイクしているとわからない整え方」を希望しているのも、メンズメイクならではの特徴だろう。

「お客様とは、どんな顔が理想で、どのような印象を持たれたいと思っているのかについてじっくりカウンセリングし、それに合った眉や肌の整え方を決めていきます。サロンでしかできないメイクを提案するのではなく、自宅で10〜15分ほどでできる内容をおすすめしています。どの方も、メイクまで仕上げて鏡で自分の顔を見ると、少しびっくりしてから、とてもいい顔をなさいます。その時の顔は、皆さんイケメンです」(前出・手塚氏)

 前出の資生堂の調査によれば、BBクリーム塗布やアイブロウで眉を整えるといったメンズメイクをしたことがない男性のうち、メイクをしてみたいと「思う」25.3%、「すごく思う」26.2%、「機会があったらしてみたい」35.3%で約9割の人がメイクをしてみたいと考えていることがわかった。「カワイイはつくれる」というキャッチコピーの女性向けCMが話題になったのは2006年のこと。2020年は、「イケメンはつくれる」も同じように宣言されるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)