新年一般参賀、上皇上皇后両陛下出席の背景に雅子さまの思い

新年一般参賀、上皇上皇后両陛下出席の背景に雅子さまの思い

新年一般参賀にて、両陛下と上皇上皇后陛下(撮影/横田紋子)

 国民の前で、雅子さまと美智子さまが並び立たれるのは、昨年5月の譲位後、初めてのことだった。それが実現したのは、ほかでもない雅子さまの陰ながらの深いお気遣いがあったからではないだろうか。

 *
《本年が災害のない、安らかで良い年となるよう願っております》。令和の時代になって初めて行われた新年一般参賀で、天皇陛下はこうお言葉を述べられた。1月2日の東京は見事な冬晴れ。澄んだ空の下、皇居・宮殿前の広場には天皇陛下や雅子さまのお姿をひと目見ようと、約6万9000人が押し寄せた。

 今回の一般参賀の午前の部には、上皇上皇后両陛下も出席された。

「天皇皇后両陛下が中央に立たれ、右側に上皇上皇后両陛下が立たれました。美智子さまはこれまで決まって上皇陛下の左側に立たれていましたが、今回は右。慣れない立ち位置に戸惑う様子も見られましたが、その後はつつがなくお出ましを終えられました」(皇室記者)

 美智子さまはあまりお手振りをされず、天皇陛下がお言葉を述べられている間などは体を陛下側に向け、一時的に小さく遠慮がちに腰元でお手振りされたに止まった。

「陛下の左隣に立たれた雅子さまはときおり陛下と顔を見合わせて笑顔を見せられ、仲睦まじい様子が伝わってきました」(前出・皇室記者)

 参列者からは、「天皇陛下万歳」の声に交じって、「雅子さま、がんばれ」「美智子さま、ありがとう」といった声が飛び交っていた。

 今回の新年一般参賀は、開催前から上皇上皇后両陛下のご出席が注目されていた。

「退位されてから初めての一般参賀で、両陛下がお出ましになるのかさまざまな憶測を呼んでいました。新年一般参賀は公式行事であり、公務に相当するものといえます。原則すべての公務を退かれた上皇上皇后両陛下ですが、年に一度、国民から祝賀を受けていただきたいという天皇皇后両陛下のお気持ちと宮内庁の判断があったのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 美智子さまのご体調も心配されていた。昨年6月に白内障、9月に乳がんの手術を受けられ、手術が無事済んだとはいえ、体力の快復が充分に進んでいるか懸念があった。

「昨年12月には、9月頃から嘔吐されることが数回あったと発表されました。時には血が混じる時もあり、“ストレスが要因ではないか”という宮内庁上皇職の見解も明らかにされました」(前出・皇室ジャーナリスト)

 美智子さまのストレスは、平成と令和の天皇陛下の“二重権威”懸念について週刊誌が報じたからだとも指摘された。

「上皇陛下や美智子さまが、天皇皇后両陛下よりも前面に出ようとされることは到底考えられません。今の天皇陛下を最も盛り立てようとされているのが、上皇上皇后両陛下だからです。

 懸念されるのは、上皇上皇后両陛下が先頭に立たれてきた時代の皇室に執着し、両陛下に強すぎる思いを寄せる一部の宮内庁職員や側近たちがいること。令和の天皇皇后両陛下を支えるべく、宮内庁は一丸となるべきでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

 そうした状況のなか、美智子さまを皇居・宮殿のベランダへと動かしたのは、雅子さまのご覚悟だったのではないかと、宮内庁関係者が明かす。

「上皇上皇后両陛下は、あくまでも令和皇室の主役である天皇皇后両陛下に判断を委ねられたはずです。そこで、天皇皇后両陛下から上皇上皇后両陛下に“ぜひ出ていただきたい”というお申し出があったものと推察されます。立ち位置などについて宮内庁幹部とすりあわせた上で、お願いをされたのかもしれません。

 約200年ぶりの生前退位によって成立した令和皇室は、天皇ご一家の中に天皇経験者が2人おられるという、新しい状況に置かれています。前例を参考にできず、難しい判断もあると思われます。それでも、一緒に国民の前に立つことによって、令和皇室が一丸になっている様子が伝わり、今後の皇室にとって大きな意味を持つと、天皇皇后両陛下が判断されたのでしょう」

◆美智子さまと共に並び立ちたい

 また、国民全体に敬慕された美智子さまという先達の前で、雅子さまも萎縮されることがないわけではないだろう。

「雅子さまはとにかく“気遣いの人”です。昨年の誕生日文書でも、美智子さまへの感謝とお体の心配の気持ちを記されるなど、“美智子さまを立てる”ことを欠かしません。そうした尊敬のお気持ちを持たれている雅子さまだからこそ、今回の一般参賀で『美智子さまと共に並び立ちたい』という行動をされたのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 天皇皇后両陛下は昨年12月26日、台風19号で大きな被害を受けた福島県と宮城県を訪問された。

「23日が上皇陛下の誕生日、25日に大正天皇例祭の儀に臨まれるという多忙なスケジュールの中で、どうしても年内に訪問したいという強い思いを実現されました。今後も、そうした両陛下のお気持ちが前面に表れたお出ましが増えていくことでしょう」(別の宮内庁関係者)

 被災地訪問当日、小雨が降る寒空の下でも、出迎える人々に笑顔を見せられた雅子さま。美智子さまが紡いでこられた“祈りの思い”を、雅子さまは受け継がれている。

※女性セブン2020年1月16・23日号

関連記事(外部サイト)