坂東眞理子氏「下流老人にならないための」という煽りに懸念

坂東眞理子氏「下流老人にならないための」という煽りに懸念

2020年のたしなみについて語った坂東眞理子氏(撮影/小倉雄一郎)

 昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子さん(73才)が2019年春に出版した『70歳のたしなみ』がこの度20万部を突破。老若男女を問わず、世代を超えてたくさんのかたから共感の声が寄せられている。1月23日には『徹子の部屋』(テレビ朝日系。12時〜12時30分)にベストセラー著者として出演し、本書について黒柳徹子さん(86才)と語り合っている。坂東さんはどんな気持ちで新年を迎えたのか。坂東さんへの新春インタビューをお届けする。

 * * *
 令和初のお正月は干支も子年が巡ってきて、スタート地点の真新しい気持ちで迎えられたかたも多いのではないでしょうか。清々しい気持ちになる新年は、一年の誓いを立てる絶好のタイミングです。

 私は例年、大晦日にその年にあった“よかったこと”を書き出すんです。日常には失敗したことや悪い出来事もたくさんあるけれど、そうした反省はさておいて、大晦日にはいいことだけを振り返ることにしています。

 2019年であれば、『70歳のたしなみ』をたくさんの人に読んでいただけたことや、馬場あき子さんの短歌結社『かりん』に入ったことが、私にとって「◎」のいい出来事でした。「〇」は長らく闘病していた大学時代の友人が病を克服し、電話で語らい合ったことなど。抗がん剤で治療していた頃は電話する気力も湧かなかったと聞いて、大切な友人が生きていてくれるだけで嬉しいなってね。

 そんなふうに振り返れば、夫婦の銀婚式を家族でお祝いしたとか、お孫さんが運動会で活躍して嬉しかったとか、きっとみなさんにもたくさんの「◎」や「〇」があるのではないかと思います。

 大切なことは、いいことだけを振り返るという心意気。いい出来事を心に刻むことで、「今後もまたいいことがたくさんあるといいな」と考えられる。明日をポジティブに、明るい気持ちで上機嫌に迎えられるんです。

 昨今、“下流老人にならないための備え”やら“寝たきりにならないためには”やら、殊更に将来の不安を煽り立てるような記事が多く気も滅入りがちです。しかし、そうした情報に惑わされることなく、等身大の自分がどういう生活をしたいのかを見つめるべきだと思います。

※女性セブン2020年1月16・23日号

関連記事(外部サイト)