ゴーン被告が会見で訴えた「拘置所のシャワー週2回」の実情

ゴーン被告が会見で訴えた「拘置所のシャワー週2回」の実情

東京拘置所のバスルーム。扉は透明なガラス張りだ(AFP=時事)

 レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告は、1月8日の記者会見で、「起訴されたら有罪率が99.4%」「弁護士が同席せずに一日最長8時間の事情聴取」など、日本の司法制度に対する批判を繰り広げた。なかでも印象的だったのは、わざわざ「拘置所では週2回しかシャワーを浴びることができなかった」と訴えていたことだ。

 毎日入浴習慣のある人が週に2回しか風呂に入れないのは嫌に違いないが、本当に拘置所や刑務所では、風呂は週2回なのか。法務省に確認した。

「拘置所や刑務所などの刑事施設では、『刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律』の第59条で、被収容者には保健衛生上適切な入浴を行わせ、『刑事施設及び被収容者等の処遇に関する規則』の第25条で、一週間に2回以上、入浴を行わせると定められています」(法務省矯正局成人矯正課・村瀬遼氏)

 法律で「週2回以上」と定められているのである。しかし、週2回以上というなら、3回でも4回でもいいはずだが、そこはどうなのか。

「入浴回数は施設長の裁量で決められます。北海道と沖縄では気候が違いますし、木工や金属加工、炊事などの刑務作業をしている受刑者は汗をかくので、衛生上の観点から毎日入浴させるということもありますが、一般的には夏以外の季節は週2回、夏は1回増やして週3回という施設が多いです」(村瀬氏)

 木工や金属加工などの作業をするのは刑務所の受刑者だけで、ゴーン被告のように起訴されて拘置所に収容された未決勾留(刑事被告人)の場合、刑務作業はない。だから、拘置所では夏は週3回、夏以外は週2回が一般的ということだ。

 1回あたりの入浴時間も施設長の裁量の範囲とされ、「1回15分程度が一般的」(村瀬氏)だそうだ。15分は短いような気がするが、収容人数も多いので、施設の管理運営上、その程度にせざるをえないという。

 風呂場に持ち込める物も決められている。刑務所の場合は、石鹸、シャンプー、タオルの3点のみ。タオルは体を洗うための手ぬぐいサイズを1枚だけで、大きなバスタオルは不可だという。

「大きなバスタオルは体を隠したり、組み合わせてロープのように使ったりできるので、認められていません。自殺防止の意味もあります。刑務所にいる受刑者と拘置所にいる未決勾留の人とでは、風呂場で使える物品の範囲が異なり、未決の人の場合はリンスも使えます」(村瀬氏)

 裁判で有罪になるまでリンス可である。

 刑務所の受刑者には他にも制限があり、『刑事施設及び被収容者等の処遇に関する規則』の第26条で、男性の受刑者には週に2回以上、ひげそりを行わせると定められている(宗教上の理由などがある場合は免除)。拘置所にいる未決の人はひげを伸ばしたままでもいい。

 カミソリはT字型であっても刃物なので所有は不可で、入浴時に刑務官から借りてひげをそることになる。だから、入浴時は15分の間に体を洗い髪を洗って、ひげそりもしなければならない。ゆったり湯に浸かるヒマはあまりなさそうだ。

 夏場でも週3回しか風呂に入れないのは、人によっては辛いかもしれないが、「都市型の拘置所では全館エアコン完備のところもあります」(村瀬氏)といい、ゴーン氏が収容されていた東京拘置所もエアコン完備だという。環境としては、まだいいほうだったのだ。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)