女系天皇容認問題、ケント氏や田原氏を含めた侃々諤々意見

女系天皇容認問題、ケント氏や田原氏を含めた侃々諤々意見

女性・女系天皇が実現すれば、皇位継承順位は天皇陛下の第1子である愛子さまが筆頭に(撮影/JMPA)

 機は熟した、と言っていいのではないだろうか。女性天皇、女系天皇を巡る議論は、15年ほど前に急激な高まりを見せた。しかし、悠仁さまのご誕生で“先送り”された。当時は、「次世代の男子がいない」という状況の下、やむを得ず議論がされた背景があった。

 昨年は、上皇陛下のご希望に端を発し、約200年ぶりとなる「生前退位」が実現した。時代の流れに合わせ、皇室もフレキシブルに変化することを、皇室自らが示された。

 国民は御代がわりの儀式を目の当たりにし、改めて、皇室のあり方を強く意識し始めた。その中で、時代の趨勢もあって、「なぜ女性ではだめなのか」という、シンプルな問いが俎上にのるのは当然だろう。

 綱渡りのような皇位継承でも、「天皇は男系男子であるべき」なのか、それとも「女性天皇・女系天皇もあり得る」のか。もちろん、それは単純な2択ではなく、さまざまな選択肢の組み合わせや、段階的な変化も考えられる。国民に寄り添い、祈りを捧げ続けてきた皇室の未来に、いまこそ国民が寄り添い、真摯で真剣な議論を始めるときだ。

◆血筋の正当性が失われる──女系天皇誕生は皇室の「終わり」か

 もし、女性・女系天皇が実現すれば、皇位継承順位は天皇陛下の第1子である愛子さまが筆頭になる。男系の女性天皇がいた過去の歴史と照らし合わせても、愛子さまが天皇になるのは、伝統には反しないだろう。だが、麗澤大学経済学部教授の八木秀次さんはこう反論する。

「愛子さまが民間人と結婚され、その間の子供に皇位を継承させれば、男女の性別にかかわらず、女系の天皇となります。しかし、皇室は初代からの男系の血統を継承する、100%の血統原理で成立している。女系が天皇になれば血統の正統性がなく、皇室の終わりを意味します。

 天皇が国民から敬意を集めているのは男系継承という血筋の正統性が基礎にあるからです。女系が天皇になれば、血筋において一般国民との質的な差異はなくなり、敬意の対象とならなくなるでしょう。

 また、日本の皇位継承問題は男女平等とは切り離して考えるべきです。男女平等や多様性を声高に叫ぶ論は、『男子の継承者が少ない』という事態の後付けの理屈でしかない。また、生まれながらに皇族の身分にあり、政治活動や信教の自由、職業選択の自由も制限された立場にある以上、法の下の平等の例外的な存在と考えなければならない。そこに男女平等だけを持ち込む議論は矛盾しています」

 明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰さんもこう指摘する。

「男女平等が叫ばれる中、女性天皇を議論したい気持ちはわかりますが、女性皇族はむしろ天皇になる義務を『免除』されていると考えるべきです。愛子内親王殿下の将来を考えた時、天皇になった方が本当に幸せかまで思いを馳せてもいいでしょう。

 女系継承が2000年以上続いてきたならそれを守るべきと思いますが、過去、女系は1人もいないのだから議論の余地はありません」

 八木さんは、男性しか持たない「Y染色体」が受け継がれていることの正統性も訴えてきた。

「女性が持つ『X染色体』は、生殖細胞ができる時に、『交差』という現象が起きます。この時、途中に切れ目が入り、中身を一部交換したりしますが、Y染色体は一切交差しません。そのため、世代を経ても劣化せず純粋に受け継がれます。歴代天皇に受け継がれてきたY染色体を継承できるのは男系男子だけ。これは科学的に動かぬ事実です」

 動物行動学研究家でエッセイストの竹内久美子さんもこう付け加える。

「女性皇族と結婚した民間男性によって、事実上、皇室の乗っ取りにつながることもあり得ます。男女平等という安易な話ではなく、そこまで考えておく必要があるのです」

 諸外国の王室と比べて「伝統は守るべき」と力を込めるのは、日本に関する数多くの著書がある弁護士のケント・ギルバートさんだ。

「日本の皇室は、男系男子によって約2700年も受け継がれてきた世界最古の王朝。その『万世一系』の伝統は重く、それ自体が世界の中でも“奇跡”なんです。天皇は、国民にとって『国体(日本らしさ)』そのものであり、日本人の心の拠りどころです。そういう感覚は海外にはなく、だからこそ守るべきだと思います」

 女系天皇容認派の主張はどうか。皇室研究者の高森明勅さんはこう話す。

「Y染色体の議論は、はっきり言って荒唐無稽です。近年の国立成育医療研究センターの研究では、Y染色体が大きく構造変化する事実が明らかになっており、科学的には成り立ちません」

 自分の家庭に置き換えてみると、確かに血のつながりを重んじる気持ちも理解できる。しかし、だからといって、女は認めず男は認めるという主張は、現代の風潮にはなじまないかもしれない。それが皇室という“聖域”であっても、違和感を覚える人は少なくないだろう。

 憲法第2条には《皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する》とある。あくまで世襲するもので、そこに男女の別までは明記されていない。ジャーナリストの田原総一朗さんの意見だ。

「第二次世界大戦に負けるまでは、日本は完全に女性差別の国でした。しかし、敗戦後は徐々に男女同権に向けて進んでいる。国民の象徴であるはずの皇室だけ、なぜ女性差別を残すのか。伝統だから? まったく理屈に合いません」

 国際政治学者の三浦瑠麗さんが現実的な意見を話す。

「側室制度がなくなった今、女系や女性の天皇を認めなければ、いずれ皇位継承が途絶える可能性があります。天皇は象徴。今は戦乱の世の中でもないため、天皇が男性である必要性は感じられません。

 実際、今、女性・女系天皇について議論しない合理的理由としては、悠仁さまの継承権を否定してしまう『物騒さ』くらいのものでしょう。男女差別的な価値観により、女性天皇が『一般人男性』と関係を持つことへの『嫌悪感』を抱く人すら存在しますが、そのような感情に配慮する正当性はありません」

※女性セブン2020年1月16・23日号

関連記事(外部サイト)