ヤクザと大阪の関係 江戸幕府への「反権力気質」がルーツ

ヤクザと大阪の関係 江戸幕府への「反権力気質」がルーツ

大阪に根ざす「反権力気質」とは(時事通信フォト)

 いまでこそ大阪のヤクザ社会では山口組が圧倒的な影響力を持つが、1960年代に神戸から山口組が本格的に進出するまでは、群雄割拠の時代だった。ミナミを縄張りとする南一家や博徒の流れを汲む酒梅組、さらに互久楽会や松田組など大組織に属さない独立系の組が数多くあった。

 大阪に多くの組織が生まれた背景を、ヤクザに詳しいフリーライターの鈴木智彦氏はこう説明する。

「江戸時代の大阪は天下の台所と言われ、全国で最も金が集まる都市でした。そういう場所で賭場を開くのが大きなシノギでしたから、自然とヤクザが乱立したわけです。また、彼らは差別され行き場を失なった人たちの受け皿として機能した側面もあります。

 商業都市らしく大阪のヤクザはリアリストです。既得権としての縄張りにこだわらず、実力次第でどこにでも出て行く胆力を重視する気風がある。おかげで“一匹狼”が成り立つ要素が生まれ、多くの中小組織が入り乱れるようになったという経緯があります」

 江戸時代の大阪は、反権力の街でもあった。豊臣秀吉を「太閤さん」と呼んで慕った大坂の町人たちは、豊臣政権を倒して天下を握った江戸幕府への反抗心を潜在的に持ち続けた。こうした伝統がヤクザを容認してきた背景にあるのかもしれない。

 大阪が生んだヤクザの代表が「殺しの軍団」と怖れられた柳川組だ。初代組長の柳川次郎の本名は、梁元ソク(ヤン・ウォンソク)。釜山生まれの在日韓国人である。

 柳川は終戦後の混乱期の大阪で在日の愚連隊を率いて暴れ回り、1958年に起きた西成の鬼頭組との抗争では、わずか8人で日本刀を手に殴り込みをかけ、100人の組員を相手にした死闘を制したことで名を馳せた。

 柳川組が本拠地としたのは、梅田を中心とする大阪のキタ。鉄道各社が乗り入れる梅田は大阪きってのターミナルであり、戦後の阪神デパートの裏には巨大な闇市が広がっていた。ここを押さえたことで、柳川組は巨大な資金力を得たのである。

 1959年に山口組の傘下に入り、明友会など反山口組の組織の壊滅に貢献。その後は北陸や山陰、東海、北海道と進出を続けた。だが、あまりの急拡大に警察の徹底的な取り締まりの対象とされ、1969年に解散へ追い込まれた。

 その後、柳川は韓国政界にも深く繋がり、日韓外交でも暗躍。1983年に中曽根康弘が日本の首相として初の公式訪韓をした際には、その地ならしを柳川が担ったとも言われる。柳川次郎を戦後混乱期の大阪を代表するヤクザとすれば、バブル時代の熟れ切った大阪で経済ヤクザの代表格として名を馳せたのが、山口組の若頭だった宅見組組長の宅見勝である。

 山口組きっての武闘派として知られた山本健一に見出され直参に抜擢されると、1989年に渡辺芳則が山口組の五代目に就任するのに大きく貢献。ナンバー2にあたる若頭となった。ミナミを拠点とし、不動産バブルに沸く大阪で数多くの地上げを手がけ、抜群の資金力を誇った。前出の鈴木氏が語る。

「全盛期の宅見組の勢力は北海道から九州まで全国に及び、傘下には多数のフロント企業や右翼、総会屋がいました。金融や不動産などカタギの会社にも複数関与し、表社会に強い影響力を持っていた。その一端が垣間見えるのが、建築業界です。商社やゼネコンが大阪で大型工事を計画する際には、事前に宅見組長に話を通すのが暗黙のルールになっていたほどです」

 その宅見は1997年に山口組内部の勢力争いにより、新神戸駅そばのホテルのラウンジで射殺された。以後、山口組は名古屋の弘道会が主導権を握る体制へと移行したが、それはトヨタをはじめとする名古屋経済に大阪経済が後塵を拝するようになった時期と符合する。

 ミナミの歓楽街に近い島之内といえば、かつては日本一の組事務所の密集地と言われた場所だ。それがいまや、中国をはじめ海外からの観光客を目当てにする安宿街へと変貌した。大阪のヤクザも時代の変化にさらされている。(文中一部敬称略)

◆構成/竹中明洋(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

関連記事(外部サイト)