男性の草食化は嘘? 自己保存方向へ進みコスパ至上主義へ

『男性の草食化』に動物行動学研究家「性欲に制御がかかっている状態」

記事まとめ

  • 生涯未婚率は男性23.4%女性14.6%で、男性の4人に1人は生涯独身ということになる
  • 「男性の草食化」といわれているが、性欲に制御がかかっている状態と動物行動学研究家
  • 精神科医は「女性とつきあうとお金もかかり、コスパ至上主義になっている」と話す

男性の草食化は嘘? 自己保存方向へ進みコスパ至上主義へ

男性の草食化は嘘? 自己保存方向へ進みコスパ至上主義へ

生涯未婚率の上昇はコスパ至上主義が原因?(写真/アフロ)

 国立社会保障・人口問題研究所が、「日本の将来推計人口(平成 29年推計)」を公表した。その研究によれば、50才まで1度も結婚していない人の割合である生涯未婚率は、男性23.4%、女性14.6%で、まもなく男性の4人に1人は生涯独身ということになる。少子化が進み、50年後には、日本の人口が1億人を下回るという。「男性の草食化」として語られることも多いこのトピックについて、ネットニュース編集者の中川淳一郎さん(43才)、精神科医の片田珠美さん(56才)、動物行動学研究家の竹内久美子さん(60才)が意見を交わした。

竹内:今は、未婚者で恋人がいない男女が全体の約半数っていうんですよね。私の世代からすると信じられない現象ですが、今は世の中全体が貧しくなっていて、結婚して子供ができても、きちんと育てられるかわからないと思う人が増えており、無理に恋愛や結婚ということに活動エネルギーを費やさない方がいいよね、という流れになっている。

片田:人間の本能は、自己保存の本能と生殖本能に大きく分けられますが、生きるのにギリギリだと、お金も時間もエネルギーも、自己保存に費やさざるをえないんです。ある種の自己防衛です。

中川:「男性の草食化」がいわれていますが、ぼくはそうは思っていない。もしも草食化の定義が、「女性と積極的につきあわないこと」だったら理解できます。確かに恋人のいない男性は増えていて、1990年代前半のような「恋愛至上主義」ともいえそうな状況は今はない。晩婚化が進むのも当然のことですよね。しかしながら「性欲があるかどうか」でいえば、そこは昔と変わっていない。この10年間で性欲が突然減退するって、おかしいと思うんです。「突然変異」ですよ、これ。

竹内:人間の根本は変わっていなくて、性欲に制御がかかっている状態といえます。

中川:実際、エロ動画は日々増加の一途をたどり、今はスマホさえあれば、どこでもマスターベーションができます。つまり自己満足の方にいってる。今はVRを使ったエロ動画館もあって、それをかけると、セクシー女優がリアルに迫ってくるんですよ(笑い)。そういう場所は、朝行って、整理券をもらって、7時間後に来てくれと言われるくらい大盛況なの。

片田:いくらくらいなんですか?

中川:1回分で、2000円とかですね。VRをかけるだけなので。

竹内:そういう動画に出てくる女性もですが、雑誌のグラビアアイドルとかは、胸もお尻も大きくて、くびれもすごいですよね。そういうのを見慣れている男性にしてみれば、普通の女性は物足りないというのもあるでしょう。

片田:それもそうだし、やっぱりリアルな女性とつきあうと、面倒だしお金もかかるじゃないですか。やはりコスパ至上主義になっていますよね。

中川:われわれの世代以上の人にとっては、コスパという言葉は、あんまり好きじゃない。

竹内:損得勘定ですからね。

中川:でも、今は褒め言葉になっている。20代の人から「どこか飯、行きましょう」と言われて案内されるでしょ。で、「ここ、コスパが最高なんです」って言うんです。

片田:だからプレゼントとかでも、男の子が女の子に「何が欲しい?」って聞くでしょ? 昔なら指輪とか答えたものですが、「商品券!」とかって言うんですよね。

※女性セブン2017年5月11・18日号

関連記事(外部サイト)