眞子さまはどうなるか、ヘンリー王子とメーガン妃が王室引退

【ヘンリー王子とメーガン妃が王族引退宣言】秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんに注目

記事まとめ

  • 英王室のヘンリー王子とメーガン妃が『王族からの引退』を宣言、混乱に見舞われている
  • 小室圭さんにもメーガン妃と同じく、『家族のトラブルの指摘』という共通項がある
  • 眞子さまが結婚を強行すれば皇籍離脱が成立するといい、眞子さまの行動が注目される

眞子さまはどうなるか、ヘンリー王子とメーガン妃が王室引退

眞子さまはどうなるか、ヘンリー王子とメーガン妃が王室引退

眞子さまの結婚はどうなる?(時事通信フォト)

「対岸の火事」とは、日本人の多くが思っていない。英王室のヘンリー王子(35才)と妻のメーガン妃(38才)が「王族からの引退」を宣言し、イギリス国内は蜂の巣をつついたような混乱に見舞われている。新年1月8日に突然発表された、この衝撃的な王室離脱騒動の中心にいるのはメーガン妃だ。

 王子と2018年に結婚したメーガン妃は米国生まれの元ハリウッド女優。英王室に新風を吹き込むと期待されていたが、昨今は毀誉褒貶が大きかった。

「英王室には守られ続けてきた伝統や慣習があり、それに伴って権威や特権があります。だからこそ、自らを律し、謙虚であり、清貧であることが求められます。しかし、メーガン妃はそうした謙虚さに大いに欠けていたのでしょう。

 今回の騒動を簡単にいえば、野心をむき出しにして自分の利益を求めたメーガン妃と、彼女を手放しで信じるヘンリー王子が起こしたものだと、多くの英国民は感じています」(イギリス在住のジャーナリスト)

 いずれの国でも「ロイヤルの結婚」は難しい──そう知らしめたこの騒動を、秋篠宮家の長女・眞子さま(28才)と、婚約内定者の小室圭さん(28才)の現状に重ねて報じるメディアは多い。

「仮に女性宮家創設が決まり、眞子さまが結婚後も皇室に残られるとすれば、小室さんは皇室の一員になる可能性があります。もし小室さんがメーガン妃のように“野心的な振る舞い”をしたらどうなるでしょうか。英王室よりも歴史の古い皇室に、取り返しのつかない傷をつけはしないかと心配です。結婚延期からこれまでの経緯を見る限り、不安が募ります。まさか眞子さまは、小室さんの方だけを向き、国民の方を向いていないというわけではないでしょうが…」(皇室ジャーナリスト)

 奇しくも、メーガン妃と小室さんには「家族のトラブルが指摘されている」という共通項がある。

 メーガン妃はかねてから実父との確執や断絶が報じられてきた。メーガン妃とヘンリー王子の結婚式に実父は参列せず、「王子は義父と会ったことがない」といわれている。

 一方の小室さんは、母親の佳代さんとその元婚約者の間に400万円の借金トラブルが報じられ、いまだその解決には至っていない。

 祖母のエリザベス女王(93才)や父親のチャールズ皇太子(71才)は、今回の離脱宣言に怒髪天を衝く勢いだったという。それでは、長女の結婚の行く末が見えない、秋篠宮ご夫妻のご心中は──。

◆一般参賀で見せられた浮かない表情

「実は、秋篠宮さまはおふたりの結婚に対して、そこまで強い反対をしているわけではないと聞きます。むしろ当初は手放しで賛成していた紀子さまが、ここにきて拒否反応を強くされているそうなのです。そこには、金銭トラブルを放置し続けている小室さんの母・佳代さんの存在が大きく影響しているようです」(宮内庁関係者)

 秋篠宮さまは昨年11月の誕生日会見で、眞子さまの結婚延期から2年が経つ今年2月を念頭に「何らかのことは発表する必要がある」と発言された。前出の宮内庁関係者は「眞子さまのご結婚に対する意思は変わっておられないが…」と続ける。

「今年の新年一般参賀で眞子さまは浮かない表情をされているように感じました。秋篠宮さまが求められている発表について、結婚したいお気持ちがいまだに強いだけにどうしたらよいのか整理がついていらっしゃらないのでしょう。皇族の結婚は『家と家とのこと』というのは、祖母の美智子さまのお考えです。母の紀子さまが強く拒否反応を示され、秋篠宮さまもそれに同調されているというのに、眞子さまがご自分の意思を貫き通すのは厳しい状況だと言わざるを得ません」

 眞子さまの結婚に対し、紀子さまが頑なな態度を取られるのにも理由がある。小室家の金銭トラブルが報じられた直後、秋篠宮ご夫妻は何度も皇居を訪れ、上皇上皇后両陛下に相談されたという。

「そうした中で美智子さまは、秋篠宮家としての見解を出して国民に説明した方がいいとご意見を述べられたそうです。時には厳しい言葉もあったようで、紀子さまは落ち込まれる場面もあったようです」(皇室関係者)

 美智子さまにとって、初孫の眞子さまのご結婚が心配の種であることは確かだろう。

「お気持ちを配慮し、美智子さまは眞子さまに直接意見をお伝えになることはなかったそうです。ですが、秋篠宮ご夫妻にご意見を述べられたことは確かです。そうした中で紀子さまは美智子さまのお気持ちを受け止められ、眞子さまの今回の結婚話は進めてはいけないとお気持ちを固められたのでしょう。

 一方、眞子さまからすれば、出会った当初は小室さんをほめて応援していたはずの母が報道や周囲の意見で態度を変えたことに不信感を持たれたようです。さらにここ数年の紀子さまは“悠仁さまファースト”でしたから、小室さん、小室家のことについても『将来の天皇の義兄』やその家族としてふさわしいかどうかという見方をされていたのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

◆「婚姻届」で皇室離脱は成立する

 海の向こうの英王室の騒動を見て、眞子さまは何を感じられただろうか。「王室さえ離脱すれば、私的なことをとやかく詮索されずに済む」と居直ったメーガン妃の決断は、眞子さまの置かれた状況にも示唆的かもしれない。

 ヘンリー王子は、エリザベス女王の孫で、日本でいえば「親王」に当たる。親王の場合、自分の意思で皇室を離脱するのは現実的には難しいという。

「昭和の時代に、故・三笠宮寛仁親王が皇籍を離脱しようとされ、周囲から説得されて諦めたことがありました。説得材料の1つが、“親王が自分の意思で離脱できる制度がない”というものだったと聞きました」(皇室ジャーナリスト)

 しかし、女性皇族である眞子さまはそれには当たらないという。

「皇室典範の規定では、女性皇族は15才以上になると、皇族や三権の長らでつくる皇室会議で認められれば、自らの意思で皇族の身分を離れることができます。さらに、女性皇族の場合、皇室会議を経なくても皇籍離脱ができる方法があります。結婚をし、婚姻届が受理された段階で、制度上は皇籍離脱が成立するのです」(別の宮内庁関係者)

 制度上の話でいえば、どれだけ秋篠宮ご夫妻が反対しようとも、眞子さまが結婚を強行すれば、皇室を離れること自体は可能だというのだ。

 ヘンリー王子は自身が批判にあおうとも、妻と一緒に王室を離脱する道を選んだ。眞子さまの道は、どこにあるのだろうか。

※女性セブン2020年1月30日号

関連記事(外部サイト)