難病ALSと闘う徳田虎雄氏 1902文字声明文に徳洲会が大激震

難病ALSと闘う徳田虎雄氏 1902文字声明文に徳洲会が大激震

文字盤を前に目の動きで意思疎通を図る

「24時間365日営業」を掲げる日本最大の医療法人・徳洲会を一代で築き上げ、政財界にも広くその人脈を築いた医学界の革命児・徳田虎雄氏(81)。難病で全身の自由を失ってなお、「目の動き」だけで部下に指示を飛ばし続けたこの人物は、病院経営を退いた今でも、院内では“神”に近い存在となっている。だが、そのカリスマ性ゆえに、彼の“意向”ひとつがグループ全体を揺るがす事態を呼んでしまう。過去幾度となく世間の耳目を集めてきた巨大医療法人で、再び「お家騒動」が起きていた。ジャーナリストの伊藤博敏氏がレポートする。

 * * *
〈平成から令和へと改元が行われ、日本は新しい時代を迎えたところですが、この度、徳洲会の自浄作用を問われる事態が起こってしまいました〉

 こんな書き出しで始まるA4用紙4枚の文書がある。名義人は、徳田虎雄氏(81)。全国360の医療施設を持つ日本最大の医療法人・徳洲会の前理事長である。

 1902文字に及ぶこの文書の作成日付は2019年12月7日。現在の徳洲会を憂慮し、「生命だけは平等」という原点に回帰、再スタートを切るべきだ、と訴えている。

 虎雄氏といえば、一代で徳洲会グループを築き上げた「病院王」として知られる。医師として僻地医療に心血を注ぎ、医療改革の実現のため1990年に政界に進出し衆院議員に。しかし10数年前、全身の筋肉が徐々に衰えていく難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い、2005年に政界を引退した。以降、病状は悪化の一途を辿り、眼球を動かす筋肉だけを残して、体中の全ての自由を失った。

 そんな状態でも虎雄氏が執念を燃やし続けたのが、病院経営だった。

 ひらがな50音と数字が記された文字盤を秘書が持ち、“ぎょろり、ぎょろり”と上下左右に目を動かす。秘書が虎雄氏の目が指す文字を読み取り、看護師がメモを取る。そうして意思疎通を図り、病室から指示を飛ばした。

 2013年に次男の徳田毅・衆院議員(当時)の公職選挙法違反に絡み、親族や側近が複数逮捕された「徳洲会事件」を機に経営からは退いた。人生をかけて育て上げた徳洲会から離れて6年余り。いままた病院経営を左右する虎雄氏名義の文書が出された。その事実だけで、徳洲会関係者は驚いた。

「虎雄先生は鎌倉市の徳洲会系列病院で療養中だが、病状は悪化していると聞いている。そんな中でこれだけの文字数の文書を出されるとは……」

 文書の中身も徳洲会に衝撃を与えるものだった。

 具体的な内容には言及しないものの、〈今回の事態を受け、その原因に思いをめぐらせているところです。その中で最も大きなものとして私が受け止めているのは、内部の関係者の力ではやはり限界があったということでした。それは、後継の理事長に鈴木先生を指名したことであります〉と、鈴木隆夫・現理事長を〈自浄作用を問われる事態〉の“最大の原因”として名指ししている。

 さらに後任理事長候補としてグループ外の医者の名前を挙げ、〈理念の旗印がさらに輝くことが求められているように思います〉との一文で締めくくられたこの文書からは、病床から現体制を批判する虎雄氏の“執念”が読み取れる。

 今年1月に評伝『ゴッドドクター徳田虎雄』(山岡淳一郎著)が文庫化されるなど、虎雄氏に関する著作はいまだ多い。だが、いずれの本でも虎雄氏の直近の病状や体調は詳らかになっていない。

「トラオ文書」はどのような経緯で作られたのか。

◆弁護士の署名、捺印

 今回の1902文字の文書作成に立ち会ったのは、徳洲会のグループ会社「徳洲会建物管理」代表取締役の越澤靖久氏だった。越澤氏は虎雄氏の娘婿(長女の夫)にあたる。越澤氏が語る。

「文書は、私が虎雄先生の意思を代弁する形で作成しました。普段は片目が開くか開かないか、といった状態ですが、その日は両目をしっかりと開け、話を聞いてくれました。お付きの看護師に手伝ってもらい、先生の両耳にイヤホンを差し込み、事前にボイスレコーダーに吹き込んだ文書を聞かせ、その中身にも了承してもらっています」

 文書の末尾には収録に立ち会った弁護士が、34分間かけて文書を読み聞かせた旨が綴られ、〈虎雄氏の了解を得たと認めた〉と自署、捺印している。

 一方、批判を向けられた鈴木理事長に訊くと、「虎雄先生が意思表明するなどありえない」と、文書の信憑性そのものを全面否定した。

「文字盤を目で追い、それを文書化して指示を下す、といったことができたのは2014年まで。2015年に入るとそうした意思疎通も難しくなりました。このことは先生のプライバシーに関わることではありますが、徳洲会全体にも関係することなのであえて申し上げます。

 虎雄先生の意思を文書化したものがあると主張するなら、それは『偽造』されたもの。目を開け続けることすらできない状況なんです。越澤さんが虎雄先生の力を借りて何か仕掛けるつもりなら、許されることではない」

◆「看過できない問題でした」

 虎雄氏名義の文書の真贋をめぐって徳洲会関係者たちが動揺するのは、この文書が、徳洲会への「捜査」を受けて出されたものだからだ。警視庁の捜査関係者が語る。

「徳洲会のグループ企業の代表者から特別背任容疑の告訴状が出され、昨年、捜査2課が受理して捜査が進められています。鈴木理事長を始めとする関係者への事情聴取は終わっている」

 このグループ企業の代表こそ、先に「トラオ文書」の信憑性を訴えた徳洲会建物管理の越澤氏である。同社は徳洲会の系列病院の建設工事に関して、徳洲会から約3億2000万円の業務委託手数料を得た。ところが2014年4月、この報酬の半額の約1億6000万円を他の用途に流用させる目的で、鈴木理事長が徳洲会建物管理の取締役に命じて徳洲会に払い戻させた。それが特別背任に当たるとして、越澤氏が告訴したのだ。

 同じ徳洲会グループ内の資金融通であれば、「巨大組織ならよくあること」と、司直から見逃されることが多い。それが刑事告訴につながり、捜査当局が乗り出した背景には、当時、徳洲会事件でグループ全体が揺れていたことが大きい。

 2013年11月、虎雄氏の次男・毅代議士の公職選挙法違反容疑を捜査していた東京地検特捜部が虎雄氏の親族を含む6人を逮捕。闘病中の虎雄氏も事情聴取を受けた。毅氏は議員辞職し、虎雄氏も理事長を辞任。翌2014年8月までに、起訴された全員の有罪が確定し、他の徳田ファミリーも徳洲会から退いた。

 件の送金が行なわれた2014年4月は、そうした混乱の最中である。

「流用先は次女でした。次女は事件化前の2010年、サービス付き高齢者向け住宅の運営を目的とした会社を設立していた。ところが経営が傾き、約1億6000万円の資金を鈴木理事長に頼ったのです」(警視庁担当記者)

 越澤氏が語る。

「鈴木理事長には次女など徳田ファミリーを味方に付けて、理事長になったばかりの自分の地位を確かなものにしたいという思惑もあったのではないでしょうか。看過できない問題でした」

 虎雄氏の長女の夫が、次女の金の流れを告発した今回の事件から、徳田家の中に反理事長派がいる現状が読み取れる。鈴木理事長はこう主張する。

「警視庁が捜査に入り、私も参考人として話を聞かれたのは事実です。次女が社長を務めていた徳洲会グループの会社が、2014年3月に倒産すると聞きました。そうなると入居者さんたちが、路頭に迷うことになります。迷惑をおかけするのはもちろん徳洲会グループの信頼、評判に関わる一大事だと思いました。そこで不正が起きないよう弁護士を立てて処理しました。この件は設置された内部調査委員会でも問題視されたことはなく、調査結果も厚労省などに広く公表しています」

 双方の主張は平行線を辿るばかりだが、泥沼化する“内紛”を前に、病床の虎雄氏は何を思い、その意思はどう伝えられるのか。それでも今もって「トラオの意向」が、徳洲会にとって重い意味を持ち続けていることは確かなようだ。

【プロフィール】いとう・ひろとし/1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒。編集プロダクションを経て独立。特に経済事件の取材に定評があり、数多くの週刊誌、月刊誌などに寄稿。主な著書に『許永中「追跡15年」全データ』(小学館文庫)、『「カネ儲け」至上主義が陥った「罠」』(講談社+α文庫)、『黒幕』(小学館)など。

※週刊ポスト2020年1月31日号

関連記事(外部サイト)