皇族の美術品は相続に莫大な税金がかかるため狩野永徳、葛飾北斎などの作品を寄付

記事まとめ

  • 三の丸尚蔵館は、昭和天皇崩御後の1989年に皇室から国庫に寄贈された美術品を展示する
  • 天皇陛下がすべての財産を相続すると莫大な税金がかかることから、一部を寄付した
  • 狩野永徳、葛飾北斎、伊藤若冲などの作品があり、今回の生前退位でも宝物が増えそうだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております