新型ヤリスvsフィットの宿敵対決直前 売れるのはどっちだ

新型ヤリスvsフィットの宿敵対決直前 売れるのはどっちだ

5つのスタイルが用意されている新型フィット(ホンダ)

 間もなく登場する新型モデルのクルマで何といっても注目なのは、2月に発売開始になるトヨタの新型ヤリス(旧ヴィッツ)とホンダの新型フィットの2台。どちらも、それぞれのメーカーを代表するコンパクトカーであり、長年のライバルという存在だ。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が、新型車の特徴を解説しながら、「ヤリスvsフィット」の売れ行きを予想する。

 * * *
 新型「フィット」の特徴は、数値ではなく「感性価値」を重視して、「心地よい」ことを目指したところにあります。その心地よさとは、「心地よい視界」「座り心地のよさ」「乗り心地のよさ」「使い心地のよさ」です。“燃費がすごい”とか“走りが良い”というのではなく、“生活の中で心地よく使える”クルマというわけです。

 また、幅広いユーザーのライフスタイルと合致させるように、5つのスタイルが用意されています。シンプルなデザインの「BASIC(ベーシック)」、リラックスできる「HOME(ホーム)」、軽快な「NESS(ネス)」、タフなイメージの「CROSSTAR(クロススター)」、上質な「LUXE(リュクス)」の各ラインアップです。

 ハードウエア的には、燃料タンクをボディ中央に置く、センタータンク方式のプラットフォームを継承。パワートレインには、2モーターのハイブリッド「e:HEV」と、1.3リッターのガソリンを用意します。

 ハイブリッドの燃費性能などのスペックは公表されていませんが、クラス最高レベルであることは間違いないはずです。ホンダの2モーターのハイブリッドは現行「インサイト」などにも搭載されており、静かでスムーズなことが特徴です。これも新型「フィット」の魅力の一つになることでしょう。

 こうした内容に自動ブレーキや渋滞時追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を備えるホンダ・センシングとコネクテッド機能が備わっています。

 ホンダ・センシングには、ブレーキとアクセルを踏み間違えたときに作動する、「近距離衝突軽減ブレーキ」が追加されています。コネクテッド機能は、車載通信モジュールが搭載され、万一の交通事故などでの緊急サポートやスマートフォンなどでのリモート操作などのサービスが用意されています。

◆グローバルカーとして軽快な走りを主張する新型ヤリス

 一方、新型「ヤリス」は、今回のフルモデルチェンジに合わせて名称をこれまでの日本国内向けの「ヴィッツ」から、グローバル市場と同じものに変更しました。そんな新型モデルのキャラクターは、どんなものかといえば、国内CMを見れば一目瞭然です。

 そのCMは、女性アスリートと新型「ヤリス」が信号の合図で走り出すというもの。いわゆる“スポーティ”そのものです。リリースの説明でも、「軽快なハンドリングという強みを活かし」とあります。とにかく走りが売りなのです。

 そもそも欧州での「ヤリス」は、“WRC(FIA世界ラリー選手権)チャンピオンカー”というイメージがありますし、1月の東京オートサロンでは2ドアのハイパフォーマンス版「GRヤリス」も発表されています。「ヤリス」を名乗るなら、スポーティであって当然というわけです。

 その走りの実力を裏付けるのが、採用された新世代のTNGA(※注)プラットフォーム(GA-B)です。現行「プリウス」から採用の始まったTNGAプラットフォーム・シリーズは、どれも非常に評判がよく、コンパクトカー向けの新しいものも非常に期待が持てます。

※注/「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の頭文字をとった略称で、クルマを骨格から変えて、走る・曲がる・止まるといった基本性能や商品力を大幅に向上させる取り組み。

 ホイールベースは先代よりも延長されていますが、その伸びた分は前席に使われているのも特徴です。家族4人で使うというよりも、前席重視のパーソナル色の強いクルマと見ていいでしょう。

 また、新開発の3気筒1.5リッター・エンジンと組み合わせたハイブリッド・モデルは、WLTCモード36.0km/lという非常に優れた燃費性能を達成しています。キビキビとよく走るというだけでなく、燃費性能も優れているのです。一方で、スポーティな走りを楽しめる6MT仕様車も用意されているというも特徴です。

 安全面では、最新の運転支援システムとなるトヨタ・セーフティセンスを搭載しています。交差点を右折するときの対向直進車の危険や、右左折後の横断歩道上の歩行者検知など、新たな機能も追加されました。

 また、ナビ系はディスプレイオーディオが標準装備で、ドライバーの自前のスマートフォンを活用するのが基本となっています。もちろんオペレーターによる支援サービスの使えるコネクテッド機能サービスも用意されています。

◆2台のキャラクターの違い

 同じクラスのコンパクトカーとはいえ、トヨタとホンダの2台のキャラクターは、相当に異なります。心地よく、ユーザーのライフスタイルに寄り添うのがホンダの新型「フィット」。一方で新型「ヤリス」はとにかくスポーティです。

 使い勝手や広さといった実用性を重視して家族4人で使うというユーザーであれば、新型「フィット」がおすすめになります。独り身や子供のいない夫婦でスポーティな走りが好きであれば、パーソナル色の強い新型「ヤリス」がいいでしょう。比べてみれば、ソフトな「フィット」にハードな「ヤリス」といった具合です。

 発売後の人気を予想すると、2台のキャラクターは相当に異なっていますから、同じ客層を奪い合うというよりも、棲み分けのようになるのではないでしょうか。ちなみに、欧州市場ではストレートにスポーティを謳うクルマの人気が高いので、欧州市場での新型「ヤリス」の販売はかなり期待の持てるものになりそうです。

 しかし、“若者のクルマ離れ”が叫ばれる現在の日本市場では、若い世代に“スポーティ”を訴えても、どれだけ応えてくれるのかは微妙なところ。そのためか、新型「ヤリス」の販売目標は7800台/月と、意外に控えめな数字になっています。新型「フィット」の目標はまだ明確になっていませんが、もう少し上のはず。そうなれば新車販売ランキング的には、新型「フィット」のほうが勝ることになるでしょう。

 ただし、不確定要素もあります。それがトヨタの「アクア」という存在です。「アクア」は2011年12月のデビューから現在まで、常に販売ランキングの上位を守り続けてきた大ヒットモデルです。旧「ヴィッツ」や旧「フィット」よりも売れています。しかし、その「アクア」も、デビューから9年たって、さすがに魅力は年々低下しています。

 しかも、「アクア」の一番の売りである燃費性能でいえば新型「ヤリス」が上。もしも、これまで燃費重視で「アクア」を選んできたユーザー層を新型「ヤリス」が吸収することができれば、販売成績は大きく伸びるはずです。その結果、新型「ヤリス」が、新型「フィット」を上回るかもしれません。

 同時期にデビューする新型「ヤリス」と新型「フィット」というライバル同士の戦い。その行方はどうなるのか、最初の結果発表となる3月を待ちましょう。

関連記事(外部サイト)