木下優樹菜と乾貴士の疑惑を検証したネットユーザーの執念

木下優樹菜と乾貴士の疑惑を検証したネットユーザーの執念

乾は「木下さんとは友人関係」と語っている(写真/EPA=時事)

 木下優樹菜(32)が2018年10月9日にインスタグラムにアップした投稿が、1年以上経った今年1月中旬、ネット匿名掲示板「5ちゃんねる」(旧2ちゃんねる)で突如話題になった。

 そこには、サンドイッチとコーヒーの写真、そして〈(※ハートの絵文字)旅(※ハートの絵文字)〉という文字。

〈怪しくない?〉──誰かがそう書き込む。すると数分後、別の投稿者が、コーヒーカップに添えられた砂糖袋に「feinzucker」というドイツ語が書かれていることを指摘した。程なくして、ドイツ在住だという投稿者が、この場所が「フランクフルト空港内のカフェ」だと言い出し、さらにこの日、スペインのサッカー1部リーグのSDエイバルに所属する乾貴士選手(31)がオフだった可能性が高いことも書き込まれた──。

 木下と乾の“不倫疑惑”が、ネット上で大きな話題になっている。

 木下といえば、昨年10月、タピオカドリンク店の店長と実姉の間に発生したトラブルに介入し、“恫喝メッセージ”を送ったことが店長に暴露され、騒動に発展。謝罪後もネット上でのバッシングはやまず、昨年11月に芸能活動休止を発表した。大晦日にはお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(49)との離婚を発表している。

「乾選手との不倫疑惑は、木下さんを批判するための新たな“燃料”になり、あっという間に燃え広がりました」(スポーツ紙記者)

 冒頭のように、現在も2人のSNSの掘り起こしが進んでいるが、疑惑の発端もネットだった。昨年7月10日、木下が愛娘とのツーショット写真とともにインスタグラムに投稿したメッセージである。

〈かわいぃからしかたなぃよね〉と、一見すると娘のことを書いている文章だが、文章の最初の文字を“縦読み”すると、〈たかしあいしてるずーーっと(※ハートの絵文字2つ)〉とつながることを、ネットユーザーが指摘した。

 

 この“縦読み”は、ネットユーザーの間では、“分かる人”にだけメッセージを伝える手法として知られている。真偽はともかく、この投稿をきっかけに木下の不倫疑惑が拡散し、「たかし」が誰かを突き止める動きがネット上で加速した。

「当初は木下さんを長年担当している同名の美容師が疑われましたが、1月に入り、あるSNS上に『本当のお相手は乾貴士です』との一文が投稿されたのです」(同前)

 そしてネットユーザーが乾のインスタグラムを始めとするSNSを“捜査”した結果、同じく縦読みしてひらがなにすると〈ゆきなだいすき(※ハートの絵文字)〉と読める投稿を発見。過去にテレビ番組で好きなタイプについて聞かれ、木下の名前を挙げていたことや、2019年にはバラエティ番組で共演し、乾が木下に直接大ファンであることを告白していたことも突き止められた。

「その後も続々と2人がアップした写真の場所などが特定されていく一連の流れについて、ダルビッシュ有がツイッターで触れたことで、疑惑がさらに拡散する結果になりました」(同前)

 そして1月23日発売の『女性セブン』がスペインで乾選手を直撃。不倫については否定しつつ、「木下さんとは友人関係で、仲の良い友人の一人なので……」と釈明する事態となった。

 ネットユーザーはまたたく間に“縦読み”を解読し、写真を“照合”し、場所まで特定してしまった。恐るべき執念である。

※週刊ポスト2020年2月7日号

関連記事(外部サイト)