鬼女が“捜査活動”するのは「めっちゃ興奮するから」

鬼女が“捜査活動”するのは「めっちゃ興奮するから」

木下優樹菜も”餌食”に(時事通信フォト)

 2019年大晦日にお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(49)との離婚を発表した木下優樹菜(32)。そんな彼女と、スペインサッカー1部リーグSDエイバル所属の乾貴士選手(31)の不倫疑惑は、2人の過去のインスタグラム投稿を「ネット特定班」が検証した結果、浮かび上がった。特定班の中で最大勢力を誇るとされるのが、ネット匿名掲示板「5ちゃんねる」の〈既婚女性板〉に投稿している人でたち、〈鬼女(きじょ)〉と呼ばれる。

 本誌・週刊ポストは過去に鬼女として“捜査活動”をしていた40代主婦のAさんと接触することができた。

「元々、ネット掲示板の既婚女性板での投稿を見るのが好きでした。そのうち、自分でも色々と調べてみるようになって。誰と誰が付き合ってる、みたいな噂があると、自分なりにSNSを調べて“裏をとる”って感じですね。ブログとか見比べていて、同じグッズとかがアップされているのを見つけると、すごい高揚感があるんです」(Aさん)

 Aさんの趣味はボートレース観戦。ある日、ボートレースファンの間で、あるレーサーがアイドルと付き合っているという噂が駆け巡った。Aさんは、すぐにパソコンに向き合った。

「過去のSNS写真を片っ端から見ていったら、やっぱり同じ写真をアップしていて。やっべぇ、マジじゃん! みたいな。めっちゃ興奮するんですよ。パズルを解いていく感覚というか。

 よく鬼女は日々の鬱憤を、著名人のスキャンダル探しで晴らしているなんて言われますが、私の場合は全然違って。純粋に、“特定”をする行為が楽しいんです。

 例えば、最近ファンになったのがラグビー日本代表の田村優選手なんですが、この間、彼が『アナザースカイII』(日本テレビ系)に出ていたんですよ。祖父の実家(沖縄)に遊びに行く流れだったんですけど、看板とか映るじゃないですか。気付いたら、それを元に場所の特定作業をしていました(苦笑)」

 鬼女らが特定した自宅や職場に実際に足を運び、写真や現地の情報をアップする人たちもおり、彼らは「スネーク」と呼ばれている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、一つの印象深い騒動があるという。

「2011年にフジテレビに対して『韓流コンテンツに偏りすぎている』とデモが起こった時、あるフジテレビ関係者と思しき人物が、ツイッターに『平日の夕方ってあんたら見てんの?』と書いて炎上した。この『あんたら』という言葉が逆鱗に触れ、ネット特定班による大捜査が行なわれ、彼のヤフーのIDからフェイスブックまで、続々と個人情報が晒されていきました。

 その過程でフェイスブックに掲載された車のボンネット写真に映り込んだ屋根の形から住所まで割り出されたんです。それを見たスネークが、実際に自宅を訪れて情報を収集、現場写真を撮ってアップして……と、どんどん騒動がエスカレートしていった。いわばスネークが実働部隊で特定班は作戦本部。相互協力関係にはありますが、お互いが直接会うことはまずないでしょう」(中川氏)

※週刊ポスト2020年2月7日号

関連記事(外部サイト)