神田川に架かる橋から戦時の線路が出現 保存の道を模索中

神田川に架かる橋から戦時の線路が出現 保存の道を模索中

記事画像

 古くなった橋の改修工事を始めたら、第二次世界大戦中に廃止された路面電車の線路と石畳があらわれたとSNSで話題を集めている。場所はJR御茶ノ水駅の西側、千代田区と文京区にまたがるお茶の水橋だ。軍事用ではないため不要不急路線とされ廃止に追い込まれたものの奇跡的に残った路面電車の線路は、埋蔵文化財ではないため文化財保護法における保護の対象になっていない。貴重な歴史的資料の今後について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 鉄道を運行するためには運転士や駅員などの人件費、車両や線路、駅といった施設の維持費などが必要になる。そのため、未来の収益の見通しが立たなくなった路線は、公共交通機関としての役割をかんがみても廃止になることはあり、過去、いくつもの路線がそのような運命をたどってきた。

 利用者減少によってそのような決断に迫られた過去の経緯をたどると、マイカーの所有率が上がったことも一因としてあるが、鉄道会社にとって沿線人口の減少が経営を厳しくしている最大要因とされる。沿線人口の減少は、鉄道会社に苦渋の決断を迫っている。

 しかし、そうした経営的な判断とは別に、かつての日本では政府が半強制的に路線を廃止に追い込んだ過去がある。それが、1941年頃から段階的に進められた金属類回収令による戦時供出の結果としての廃止だ。

 日中戦争から太平洋戦争にかけて、資源の乏しい日本は銃や弾丸の製造に必要な鉄や銅などの不足に悩まされた。武器類が不足すれば、勝てる戦争も勝てなくなる。それだけに、政府や軍部は武器製造を最優先とし、国民がいたずらに鉄や銅などを消耗することを許さなかった。

 

 政府・軍部の矛先は、学校や公園などに建立されている銅像、寺社の鐘楼にも向けられた。接収された銅像や鐘楼は溶解して金属を取り出し、それを武器製造に充てた。まさに"欲しがりません 勝つまでは"を地でいくような徹底ぶりだった。

 そして、政府・軍部は鉄道に使われていた燃料、車両や線路の鉄にも着目。国民に不要不急の遠出を控えるように通達し、それらを消耗しないようにさせた。

 鉄道は軍事物資を輸送するためにも必要不可欠だったため、鉄道すべてを廃止することはできない。政府・軍部は官民問わず利用率の低い路線を選定し、半強制的に廃止させた。そして、列車が走らなくなった線路を剥がし、それを武器製造に充てた。

 廃線に追い込まれた路線は、沿線人口の少ないローカル線ばかりではなかった。帝都・東京を網の目のように走る都電にも、不要不急との烙印を押される区間がある。

 1944年、お茶の水─錦町河岸間を走る区間が廃止された。同区間の線路は金属供出の対象になったが、御茶ノ水駅の西側、神田川に架かるお茶の水橋の上に敷設されていた線路は撤去されなかった。

 戦後、お茶の水橋に残っていた線路は自動車交通の妨げになるとの判断が下り、線路の上からアスファルト舗装を施されて封印された。

 このほど、お茶の水橋の道路を管轄する千代田区が改修工事を実施。アスファルト舗装を剥がしたところ、都電の線路が露出した。いきなり都電の線路が現れたことが鉄道ファンや歴史ファンなどの間で、ちょっとした話題になっている。

「道路の下に、昔の都電の線路が埋まっているという話は噂レベルでは聞いていました。しかし、本当に出てくるとは思っていませんでした」と話すのは、千代田区環境まちづくり部道路公園課の担当者だ。

 東京23区内を隅々まで走っていた都電の多くは、昭和30年代から40年代(※1960〜1972年)にかけて廃止された。都電が次々に廃止された際、線路や車両は貴重な歴史の証言者であることを理由に博物館や郷土資料館、公園などに保存・展示された。今回発掘された線路は、それ以上の歴史を有するだけに史料的な価値は高い。しかし、保存や保護をしなければならない対象とはなっていない。

「今回の工事で露出した線路は、埋蔵文化財に指定されていません。そのため、区で保存・展示する物ではないと考えています。しかし、貴重な歴史遺構であることは間違いありません。有志で結成している"お茶の水橋都電レール保存会"からも、今後の活用について提案をいただいています。さまざまな意見をいただき、どのように活用できるかを模索しているところです」(同)

 露出した線路は貴重な歴史的遺構であることから、公共性・公益性を考慮して、研究・調査などを目的とした博物館や大学などに寄贈することも検討しているという。

 千代田区内には、江戸時代から明治時代にかけての歴史的遺構が点在している。そうした遺構を後世に伝えるために、千代田区は「まちの記憶保存プレート」という説明板を設置している。今回露出した都電の線路については、「現在のところ、特に説明板を設置する予定はない」(同)と言う。

 ちなみに、同区間は複線だった。そのため、もう一方の車線の下にも線路が埋まっている可能性は高い。工事の進捗状況に応じて、露出した線路は撤去される。いずれにしても、アスファルトの下から露出した線路が歴史的発見であることは間違いない。

関連記事(外部サイト)