佐藤優と片山杜秀が語る「バブル崩壊と宮崎勤」の行く末

佐藤優と片山杜秀が語る「バブル崩壊と宮崎勤」の行く末

作家の佐藤優氏

 天皇の譲位問題にともない、平成の終焉が取り沙汰されるようになった。さて、平成とはどんな時代なのか。「昭和が終わった日」をモスクワの日本大使館で迎えた佐藤優氏と、日本の保守思想の変遷をとらえてきた片山杜秀氏が、平成元年の宮崎勤事件(東京・埼玉連続幼女誘拐殺害事件)について述懐する。

佐藤:平成に入って私が異常だなと感じるのが個人情報保護です。住所まで隠す必要があるのか、と。

片山:そこは慣らされては困る話ですね。かつては作家の住所も公表されていた。というか、本の著者紹介に学者でも詩人でも所番地まで出ていたでしょう。

佐藤:いまプロフィールに住所を書く作家、評論家は鈴木邦男さん(注1)くらいじゃないですか。「来るなら来い」という感じで(笑)。

【注1/1972年に結成された新右翼団体「一水会」創設者。反共産主義にして反米も掲げる】

片山:でも本当に襲われる危険性もある。実際にアイドルが切りつけられる事件も起きています。個人情報保護で年鑑や人名録がなかなか作られないから、ネットなど非公式な情報が大きな力を持つ。闇ですよね。アングラ情報です。国会議員も最近はアングラ情報で質問している。現実と虚構の区別がとても難しくなっている。個々人の判断力の低下もあるかもしれませんが、それ以上に情報環境の問題ですね。

佐藤:その文脈でいえば宮崎勤(注2)事件も平成元年です。

【注2/女子児童4人を誘拐・殺害。被害者宅に児童らの身体の一部が、マスコミには犯行声明が届き、社会は騒然とする。1989年7月現行犯逮捕。2008年死刑執行】

片山:現実と仮想の区別がつかないのが“あたり前”になった時代のシンボルが宮崎勤ですね。今ではオタクは、日本政府が推し進めるクールジャパンにつながるカルチャーとして認知されていますが、オタクが初めて本当に注目されたのは宮崎事件でしょう。

 実は、私も宮崎が通っていた高円寺のレンタルビデオ店を利用していたし、自室は宮崎勤と同じくビデオテープの山でしょう。同類扱いされて社会から排除されるのではないかと心配しました。実際、院生のかたわら講師をしていた慶應女子高の生徒に、宮崎勤っぽいと言われたりしました(笑)。それなら説明してやるということで、慶應女子高の現代社会の授業で「オタク誕生史」をやりました。

佐藤:当時、宮崎事件はオタク文化や引きこもりの文脈で語られましたが、犯罪は時代によって意味づけは変わります。もしもいま宮崎事件が起きたらサイコパスとして扱われるのではないでしょうか。

片山:そうかもしれません。宮崎事件の頃と思いますが、大井町の名画座で、1962年に製作された『二十歳の恋』というオムニバス映画を見ました。日本、西ドイツ、フランス、イタリア、ポーランドの5か国の監督がそれぞれの国の20歳の恋をテーマに撮影したオムニバスです。

 フランスの監督がトリュフォーで、イタリアがロッセリーニ。そして日本が石原慎太郎。ほかの国はいかにも初々しい市民社会で受け入れられる恋を描いていたのですが、日本だけが違った。ストーカー映画だったんです。

佐藤:時代を先取っている。

片山:さすが石原慎太郎です。工員が女子高生に一方的に恋をしてつけ回す。向こうも自分が好きだとなぜか確信している。最後は嫌われたのに逆上して強姦して殺してしまう。それが日本の『二十歳の恋』だった。

佐藤:アンドレイ・タルコフスキーの『ストーカー』が、昭和56年に日本で上映されたときのタイトルは『スタルケル』。まだ日本にストーカーという概念がなかったから翻訳できずにロシア語の「スタルケル」のまま上映したんです。

片山:『二十歳の恋』にしても『スタルケル』にしてもストーカーという言葉が使われていなかっただけで、ストーカーは突然登場したわけでない。しかし、それが社会的に認知されて恐怖されるようになった。平成の新しい現象でしょう。コミュニケーションの不全な人間はいつもいるけれど、それを管理し制御することが社会にできなくなった。閾値を超えたというか。とにかくストーカーが平成のキイワードのひとつですね。

佐藤:時代は進みますが、桶川ストーカー殺人事件(注3)が起きたのが平成11年。その翌年に「ストーカー規制法」が制定されました。

【注3/JR桶川駅前で女子大生が刺殺。被害者に交際を断られた犯人の逆恨みが背景。2000年に成立したストーカー規制法の契機になる】

※SAPIO2017年6月号

関連記事(外部サイト)