丸川珠代夫妻にご近所トラブル、冷たい対応に隣人ショック

丸川珠代議員&大塚拓議員夫妻にご近所トラブル 冷たい対応に隣人はショック受ける

記事まとめ

  • 丸川珠代議員と大塚拓議員夫妻の別荘の隣りに別荘を所有するAさんがトラブルを語った
  • 丸川・大塚夫妻の別荘の木が倒れ、Aさんの別荘の天井に穴が開き水浸しになったという
  • 修理費用は450万円だったが謝罪もなく「“賠償責任は発生しない”の一点張り」だそう

丸川珠代夫妻にご近所トラブル、冷たい対応に隣人ショック

丸川珠代夫妻にご近所トラブル、冷たい対応に隣人ショック

隣家と台風トラブルに(Ph:Getty Images)

「隣家の巨木が倒れ、うちの別荘の屋根を直撃しました。天井に穴が開き、壁や床は雨水で水浸し。修理には3か月かかり、費用は450万円。それなのに彼らから謝罪もなく、連絡をしても返事がなかなかない。被害の補償についても、秘書のかたからメールで“賠償責任は発生しない”の一点張りでした」

 沈痛な面持ちで被害の深刻さを訴えるAさん。Aさんが言う“隣家”とは、丸川珠代参議院議員(49才)と大塚拓衆議院議員(46才)夫妻だった──。

 テレビ朝日アナウンサーだった丸川議員は2007年に退社後、参院選に出馬し、初当選。“安倍ガールズ”の筆頭として環境大臣や東京オリンピック・パラリンピック担当大臣などを歴任してきた。

 一方、大塚議員は銀行マンを経て2005年の衆院選で初当選。2009年に一度落選したものの、2012年以降は当選を続け、現在は内閣府副大臣を務めている。ふたりは選挙応援が縁で2008年に結婚し、2012年6月には第1子が誕生している。

 軽井沢駅から車で10分ほど。カラマツ並木の見事な景観で新日本街路樹百選にも選ばれた通りの両側に広がる、深い緑に囲まれた歴史ある別荘地。Aさんがその中の一戸建てを別荘兼仕事場として借りたのは、2008年のことだった。

 隣家の丸川夫妻とは、Aさんの別荘でお茶をしたこともある間柄だったという。

「初めてお会いしたのは、2009年の選挙後の秋です。私はテレビを見ないので、おふたりが誰なのか知りませんでした。庭越しにご挨拶をして、少し世間話をしてから“お茶でもどうですか?”とお誘いすると、おふたりでいらっしゃいました。丸川さんは滑舌がよくて、小柄でかわいらしいお嬢さんだなという印象。

 その時、ご主人が落選されたことを話されたので政治家だと知り、その後、ネットで隣の別荘を利用しているのが丸川夫妻であることがわかったんです。夏に1度程度しかいらっしゃらないようですが、お会いすれば挨拶もしますし、立ち話もします」(Aさん)

◆たった一言言ってもらえれば…

 昨年10月12日夜に中部地方から関東、東北までを襲い死者・行方不明者合わせて89人もの犠牲者を出した大型台風19号は、軽井沢にも大きな被害をもたらした。

「台風の翌朝、私の別荘の設備会社から“大塚さんの別荘の木が倒れてきて、大変なことになっている”と電話がありました。大塚さんの別荘の管理会社からは現場検証などのために立ち会ってほしいと要請があったんです。すぐに仕事の調整をして、14日には、ところどころ道路が不通になっている中、なんとかたどり着きましたが、建物を見て言葉を失いましたね。太さはひと抱え以上、電信柱よりも高い巨木が倒れて、屋根を陥没させていたんです。別荘の内部も浸水が3部屋にわたり想像以上にひどく、何から手をつけていいのかさえわからない状態でした」(Aさん)

 Aさんは台風被害の翌日、13日の段階で、倒木による被害が出ていることを大塚議員に連絡。直接の連絡先を知らなかったため、大塚議員の公式ホームページ経由でメールを送った。

「しかし返信はなく、数日後に大塚さんから電話がありました。連休だったので確認が遅れたとのことでしたが、ふた言目には、こちらの別荘の大家さんの保険加入の確認でした。“もし保険に入っていない場合はどうされますか?”と聞きましたが返事はなく、“とりあえず確認してもらいたい”の一点張り。“そちらの保険で直すのが本筋です”とも言われました。

 私は別荘を仕事場としても使っているので、困っていると伝えても、返事がなくて無言なんです。“困っていることはありませんか?”“何かできることはありませんか?”といった言葉もなく…精神的ダメージを受けている中で、あまりに心ない対応だったので、彼に対して不信感を持ってしまいました」(Aさん)

 その後は大塚議員の秘書とのやりとりが始まった。

 倒木の撤去や屋根の応急修理などは大塚議員が費用を負担したという。しかし、それはあまりに不充分な対応だったとAさんが続ける。

「倒木の撤去は当たり前だし、応急修理では屋根は直ったといえません。こちらが負担する修理費用は約450万円にも及びました。

 仕事場が使えないからその間、違う部屋を借りる必要がありました。修理の打ち合わせで軽井沢に来る交通費もかかる。その経費は50万円ほど。こうした費用面について大塚さんサイドに相談したのですが…」

 大塚議員は秘書を通じて、こんなメールを送ってきたという。

《結論としては、台風による倒木の損害については、当方がきちんとした管理をしている事から、法律上の賠償責任は発生しないという事を確認しております》

 幸い、別荘の所有者の保険で修繕費はカバーできたというが、大塚議員の対応に不信感を募らせていった。

「仕事の合間を見つけて軽井沢に足を運び、食器や細々としたものなどを洗ったり、捨てたり、長時間の作業で両手の指先がボロボロになりました。たったひと言、“ご迷惑をおかけしました、申し訳ございませんでした”と直接言ってもらえていたら、お隣同士としてお互いさまとも思えるのですが…すべて管理会社任せで、誠意ある謝罪もなく、あまりに冷たい対応にショックを受けました」(Aさん)

 同じ台風による災害で思い出すのは、昨年9月の台風15号。千葉県のゴルフ場のネットを支える鉄柱が倒壊し、周囲の建物や駐車場の車に甚大な被害をもたらした。補償をめぐって経営者側と住民側がモメたものの、11月下旬になって、経営者側がゴルフ場を売却し、そのお金を補償に当てることを表明した。

 賠償責任は、どこで線引きされるのか。北村法律事務所の北村明美弁護士が解説する。

「状況によって2つのパターンが考えられます。想定外の大型台風や竜巻のような自然災害により起きたもので、所有者としても防ぎようがない場合は、責任がない。

 倒木がもともと虫に食われて弱っていた、倒れた鉄柱は古くメンテナンスも怠っていたなど、管理に問題があった場合は、所有者に賠償責任が生じる可能性があります」

 大塚議員に事実関係を確認すると、別荘の所有者は大塚議員と彼の母であり、丸川議員の関与はないとして、こう回答した。

「今回の一件でさまざまなご苦労をされているAさまから当方に対し、法律上の責任がないとしても道義的責任をどう取るのかとの申し入れがありました。保険会社からは『相手さまとの打ち合わせにあたり、必要であれば弁護士をご紹介させていただきますのでお申し付けください』とのアドバイスもありましたので、場合によっては調停などの手続きをして、円満解決をはかるのがよいのかなどを考えていました」

 隣家の背の高い木々は、今もAさんの別荘の屋根に枝葉を伸ばし、以前は気にもとめなかったその光景も、台風以降はまた倒れてくるのではと不安を感じるとAさんは言う。

※女性セブン2020年2月13日号

関連記事(外部サイト)