新型コロナ 感染拡大を「正しく怖がる」ための5つの視点

新型コロナ 感染拡大を「正しく怖がる」ための5つの視点

感染したクルーズ船の乗客を搬送する救急隊員ら(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大は留まるところを知らず、2月4日の時点で感染者は世界全体で2万613人、死亡者は427人に達し、ともにSARS(重症急性呼吸器症候群)を上回った。日本でも、横浜港に停泊し検疫が実施されていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客らから感染者が10人見つかり、国内での感染者数は33人になった。1月31日に感染が確認された千葉の女性ガイドのケースでは、中国人観光客との接触がなく、先に感染が確認されたバス運転手から感染した三次感染の疑いが濃厚となっている。

 武漢市からチャーター機で帰国した日本人565人のうち8人(1.4%)が感染していたことも日本社会に衝撃を与えた。人口1100万人の武漢市で、1月31日時点の感染者数は中国公式発表では3215人とされ、もしそれが正確なら武漢市の感染者の比率は0.03%に過ぎないはずだ。帰国者の感染率の高さは、実際には中国当局が把握していない感染者が何倍、何十倍も存在していることを示唆する。

 日本政府は、湖北省(武漢市を含む)発行の中国旅券所持者と、湖北省に滞在歴のある外国人に対して入国を制限する方針を決定した。だが、すでに日本へは中国から多くの観光客やビジネスマンなどが日本を訪れていて、無症状のまま入国していれば、国内でも政府に把握されていない二次感染、三次感染が起きていても不思議ではない。すでに水際対策で抑え込めるラインを超えている可能性がある。

 日本でも感染が拡大すれば、我々ができるのは、個人レベルでの予防・対策しかない。症状や予防法、感染時の対応など、現時点でわかっている正しい知識を知って、正しく怖がり、冷静に対処することが大事だ。

 元小樽市保健所所長で医療ジャーナリストの外岡立人氏(医学博士)に取材し、新型コロナウイルスの日本での感染拡大を「正しく怖がるための5つの視点」を挙げてみた。

【1】日本でも中国同様に感染が拡大するのか

 ウイルス本体の表面にある突起が王冠(crown)に似ていることから、ギリシャ語で王冠(corona)を意味するコロナという名前がつけられたコロナウイルス。自然界に多数の種類が存在しており、これまで人に感染するのは6種類とされる。そのうち4種類は感染すると一般的な風邪を発症し、残りの2種類がSARS(重症急性呼吸器症候群)とMERS(中東呼吸器症候群)を引き起こす。今回の新型コロナウイルスは、人に感染する7つ目のコロナウイルスとされている。

 外岡氏は、新型コロナの感染力についてこう語る。

「中国の専門家の中にはSARSの10倍以上と主張している人もいますが、現時点では強いとも弱いとも言えません。武漢市の海鮮市場から始まり、感染源がコウモリともヘビともいわれていますが、同時多発したという情報もあってまだはっきりせず、広がる速さも尋常ではない。現在では人→人感染で拡大していると考えられます」

 SARSが流行った20年近く前と現在では、中国での人々の移動量は激増している。その影響に加えて、感染には中国特有の衛生環境や自然環境も影響していると考えられるので、日本でも同様に感染が拡大するかどうかは現時点では不明だ。やみくもに恐れるべきではないだろう。

【2】感染リスクを減らすために「できること」は何か

 新型コロナは「飛沫感染」と「接触感染」をすることがほぼ確定的とされる。飛沫感染とは、感染者が咳やくしゃみをしたときに口から出る霧状の水滴(飛沫)にウイルスが含まれ、それを吸い込むことで感染すること。咳やくしゃみのときだけでなく、呼気に含まれる水分にもウイルスは存在する。

 一般的にウイルスは口腔内に入ると粘膜から数分〜20分程度で細胞に侵入していくので、うがいはよほど頻繁にしないと効果がないとされている。むしろ、医療関係者からは水やお茶などを頻繁に飲むほうが、その他の風邪と同様、予防に役立つとの意見も出ている。

 一方の接触感染は、飛沫がドアノブや手すりなどについたり、あるいは非感染者の顔や手、髪などについたりして、それを手で触れ、食事や化粧、喫煙などで口周りを触れてウイルスに感染することを言う。

 一般で市販されているマスクには、飛沫を吸着する製品もあるが、鼻や口の横には隙間ができるし、飛沫を吸い込むほど近い距離にいるということは、顔や髪、手、服にも飛沫が付着していると考えられる。マスクの効果が「限定的」とされるのはそのためだ。

「基本的にはインフルエンザの予防法と同じで、あまり効果は期待できませんが、家に帰ったら手洗いをする、できればシャワーで顔や髪、体を洗い流すくらいしか、予防法としてはありません。死亡しているのは高齢者や心臓や腎臓などの持病をもつ人が多く、そういった人は極力、不要な外出を避けることです」(外岡氏)

 ただ、コロナウイルスにアルコール消毒は効果があるとされる。バスやタクシーなどの乗り物や、ホテル、飲食店などではアルコール消毒を徹底することで、接触感染を減らすことは可能と考えられる。

【3】初期症状でインフルエンザと見分けられるか

 中国の医師らが英医学誌『ランセット』に寄稿した症例報告によると、新型コロナの初期症状は多い順に、発熱(98%)、咳(76%)、筋肉痛または疲労(44%)とされる。鼻水や鼻詰まりはほとんど報告がなく、下痢や痰、頭痛が出た例がわずかにあるという。

「インフルエンザの症状とよく似ているので見分けるのは非常に難しい。新型コロナは上気道でウイルスが増殖して炎症を起こし、そこから下気道、肺の方へ広がり肺炎の症状が出るとされ、傾向としては先に咳が出て、その後、高熱が出ると言われている。そこがインフルエンザとの違いかもしれませんが、熱や咳が出にくい人もいるので注意が必要です。

 新型コロナの検査キットは現在では国内で製造可能となっているので、地方の衛生研究所で遺伝子検査ができます。診断は数時間でつくようになってます」

 厚生労働省は、感染の疑いがある人に対する専用の外来窓口を全国の主要な医療機関に一般には非公開で設置し、他の患者と接触しないで受診できる環境を整備する。もし新型コロナのような症状が出たら、まず保健所の相談センターに電話して、受診する医療機関を紹介してもらうという形になる。

【4】感染が発覚したら「強制入院」させられるのか

 政府は新型コロナを指定感染症とする政令を2月1日付で施行した。これにより、国内で感染が確認された患者に対して、強制的な入院や、仕事を一定期間休むよう制限するなどの措置が可能になる。入院にかかる費用は公費で負担される。

 ということは、もし新型コロナに感染していることが判明したら、強制的に入院させられるということか。

「基本的には他の患者と接触しない形で入院することになります。本人が『自宅で療養する』と言っても、認められません」(外岡氏)

 軽症であっても、他の人に感染させる危険はあるので、感染の拡大を防ぐにはやむをえない措置と言える。

【5】治療効果があるという抗エイズウイルス薬 日本では?

 新型コロナにはまだ特効薬はなく、致死率は今のところ2〜3%程度とされている。

「ウイルスに対する薬がないので、発熱や咳などの症状に対する対処療法が行なわれることになります。一番大変なのは、呼吸困難に対する治療で、重症化した場合、人工呼吸器をつないで回復を待つことになります」(外岡氏)

 現状では特効薬はないが、中国科学院と上海科技大学らの研究チームが新型コロナに12種の抗エイズウイルス(HIV)薬などが効く可能性があると発表し、中国ではすでに治験が始まっているという。また、タイ保健省は2月2日、バンコクの国立病院の医師が、中国人旅行客の重症患者に抗エイズウイルス(HIV)薬「ロピナビル」と「リトナビル」、インフルエンザ薬の「オセルタミビル(タミフル)」を投与したところ、劇的に症状が改善したと発表した。

「ただ、無効であるとの報告もでているので、今後行われる臨床試験が注視されます。日本で実施すると実験的治療になるので法的な問題があります。厚労省が認めない限り、使えません」(外岡氏)

 とはいえ、今後に期待はもてる。特効薬ができれば、致死率は大幅に下がると考えられる。また、実際の感染者は発表数字の何十倍もいて、そのほとんどは軽症と考えれば、本当の致死率は分母が大きくなってもっと低いはずである。インフルエンザの致死率は0.1%程度とされていて、新型コロナもそれと同程度に落ち着く可能性はある。

 アメリカ疾病管理予防センター(CDC)の発表によれば、アメリカでは今、インフルエンザが猛威をふるい、昨年10月から今年1月にかけて1900万人が感染し、18万人が入院、1万人の死者が出ているという。感染者数や死者数の規模は、新型コロナの比ではないが、ほとんど誰も関心をもっていない。新型コロナについても、各自が正しい知識をもって冷静に対処していかねばならない。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)