新型コロナによる「すべてに疑心暗鬼」状態をどうするか

新型コロナによる「すべてに疑心暗鬼」状態をどうするか

新型肺炎の死者が出た中国・武漢市で、患者を病院に搬送する医療従事者(中国・武漢市、写真/時事)

 体験取材を得意とする女性セブンの名物アラ還ライター、“オバ記者“こと野原広子(62才)が、世間で話題になっているトピックに自由な意見をぶつける。今回のテーマは「マスクが消え、感染者が増え… 不安が煽られるのはイヤ!」。

 * * *
 ほんとに東京からマスクが消えたのね。

 2月2日の夜、ライブを見に行った六本木でマスクを買おうとドラッグストアに寄ったら、「品切れです」。数メートル先のコンビニでも、「売り切れですね」とあっさり。6軒目に訪ねた100均でようやく、「ごめんなさい。これしかないんです」と、足元の段ボール箱を指さされた。ガーゼ製で2枚350円だって。仕方ないからありがたく買ったわよ。

 危機感をもった中国人が買いあさった結果?と思ったら、投機目当てで買い占めている人もいて値段が吊り上がっているんだそう。

 命の値段と思えば高くないのかもしれないけど、値段だけの問題じゃない。ガーゼ製ならまだしも、物によってはかなり息苦しい。60過ぎた高齢者の私がこれで階段をのぼったら、ウイルスにやられる前に酸欠で、持病の心臓弁膜症を悪化させちゃう。

 それにしてもここ数日の不気味さといったらない。毎朝、バイトに向かうべく、最寄り駅のJR秋葉原駅の構内に入ると、マスクで顔の半分が白い集団がワラワラと迫ってくる。その数が日に日に増えているんだもの。

 邦人を帰国させるために新型コロナウイルスの発生源とされる中国・武漢市へ日本政府がチャーター便を派遣して以来、感染者の数が増えていく。

 この感染症で死につながるのは「60才以上の高齢者、かつ糖尿病や高血圧、心臓疾患、慢性気管支炎などを有しているケース」って、それ私だよ。糖尿病と慢性気管支炎ではないけれど、あとはみんな当てはまる。

 こんなニュースを耳にした後で満員電車に乗ってごらんなさいな。マスクは自分が風邪気味の時以外はつけないんだけど、私の横にピッタリくっついて並んで、つり革につかまっているオジサンが、マスクなしでくしゃみをすると、思わずニラみつけたり息を止めたり。逆に自分がオジサンと同じことをすると、人の視線が四方八方から突き刺さる、ような気がする。

 聞けば、咳をしてウイルスの飛沫を飛ばし、他人に感染させないようにするのがマスクの最大の目的で、飛沫を飛ばしまくっている人からガードしきれるものではないんだってね。逆にマスクをする時に、ウイルスで汚染されている手で口や鼻を触って感染リスクが高くなることもあるんだとか。

 それにしても、疑心暗鬼。これが困るのよ。感染拡大している武漢市の湖北省政府は、2月2日まで延長した春節をさらに13日まで延長することを決めたらしい。てことはそれだけ日本での滞在日数が延びて、じっくり拡散するってこと? なんて、偏った思い込みが頭をよぎったりする。

 疑心暗鬼といえば、中国に対してもそう。10年前、香港から上海まで夜行寝台で旅したことがあったけれど、エコノミークラスの寝台車に乗り込んだとたん、ぷ〜んとオシッコのにおいがするの。町の目抜き通りのデパートでは、トイレのドアが全部壊れていた。その時、“中国は衛生管理の考え方が違う。日本基準では測れない”とつくづく思ったけれど、今回もそう。

 10日間で大病院を建てたのだってそう。どこをどうしたら、あんな離れ業ができるのよ。

 疑うのは他人だけじゃない。「くしゃみをした時、両手で受けるのは絶対にしてはいけない。ウイルスのついた手で触ったところから感染が広がる」とある。自分の家がもう取り返しのつかないところまできているんじゃないか…と不安になる。

 実際のところ、日本では毎年、多くの人が感染症で亡くなっているんだってね。厚生労働省が公表している人口動態統計では、2018年の感染症による死者が国内で9674人。この中で最も多い死亡原因の感染症は、インフルエンザの3325人。これに次ぐのが、感染性胃腸炎の2332人、結核の2204人だって。

 インフルエンザは私も何度かかかって生還しているので、“邪悪な風邪”くらいにしか思っていなかったけど、こんなに多くの人が亡くなっていたのね。

 とにかく、国立感染症研究所では新型コロナウイルスの分離に成功したそうだし、特効薬ができる日も近いかもしれない。その日まで、せっせと手洗いをして、他人のくしゃみと自分の体調に注視するしかないのよね。

※女性セブン2020年2月20日号

関連記事(外部サイト)