新潟の永代供養墓地 事実婚、姉妹、友人、恋人でも入れる

新潟の永代供養墓地 事実婚、姉妹、友人、恋人でも入れる

急増する「永代供養墓」から見えてきたもの

 永代供養墓とは本来、「継承を前提としないお墓」を指すという。お墓を継ぐ人が途絶えても、お寺が続く限り、文字どおり「永代にわたって供養される」というお墓だ。

 しかし、その詳細について知る人は意外と少ないのではないだろうか。そこで、ノンフィクションライターの井上理津子氏が実情に迫った。

 * * *
 永代供養墓は、地方から出てきた人たちの多い都市部に限った需要かと思ったが、そうではなかった。

 新潟の市街地から南西へ25kmほどの海辺の小さな町、旧巻町(現・新潟市西浦区)に、全国に先駆け1989年に風変わりな永代供養墓を設けて以来、人気を集め続けているお寺があるとの情報を得て、向かった。

 新潟駅から3両編成の電車がゴトゴトと走るJR越後線に乗ること20分。内野駅で降り、タクシーを使う。「日蓮宗妙光寺へ」と告げると、「あなたもお墓の見学ですか? 妙光寺に(お客を)送るのが多いんです」と運転手さんが笑った。

 20分ほどで、松の木々が風流に枝を伸ばす広い境内に入る。円錐形の造形物がちらちら見えてきた。「安穏廟」という名のお墓群だった。

 迎えてくれた妙光寺住職の小川英爾さん(64才)に、さっそく案内してもらう。

 妙光寺は1313年創建の古刹。境内は5000坪もある。森の中へと進むと、ウグイスの鳴き声がした。芝生に敷石された広々とした広場に、直径約2mの8角形の墳墓30基が並んでいた。形がなんともユニークだ。外側を、個別に仕切られた8つのカロート(納骨スペース)が囲んでいる。それが、今空きが5区画のみになったという最新型のお墓だった。お値段は?

「カロート1区画に、骨壷なら3体、布袋等なら3体程度入り、何体入れても85万円です」と小川住職。

 地方とはいえ安いなあ、と思った。

「人生・万歳!!」
「明るく美しく 永遠の道に臥す」
「セ・ラ・ヴィ」
「向日葵のように」
「後の世も二人静かにこの里で」

 墓碑板に掘られた、個性的な言葉が微笑ましい。少し歩くと、108のカロートが取り巻く、直径20m弱の円墳が4つ。初代のものだという。丸みを帯びて剪定された低木がびっしり植わり、てっぺんに宝塔が建つ。こちらもユニークだが、経年によって木々がどっしりと根を下ろし、カロートの表面の石も落ち着いた色味を帯びている。ひとしおの風格だ――と見入りつつ、肝心の質問をする。

「永代供養墓はどちらにありますか?」

 小川住職が指差したのは、目の前にある、円墳の中央部。円墳そのものが永代供養墓で、カロートが永代供養墓を囲んでいたのだ。

「個別のお墓の年会費が納入されなくなってから13年後に、永代供養墓に合葬します」と小川住職。

「13年後」に耳を疑ったが、聞き違えではなかった。これまで取材したところは一様に「3年後」だった。

「晩年に結婚され、『夫と一緒に暮らせる月日が短いから、死んでからもしばらくは一緒にいたい』とおっしゃる女性がおられたんです。そのかたの声に応えたいと、13年間に設定しました」

 胸がキュンとなることをおっしゃる。「合葬の後も“お墓仲間”に囲まれた状態になるので、寂しくないでしょう?」と情緒的な言葉が続いた。妙だが、私も埋葬される故人の気持ちになってみる。

 墓地にやって来て、少なくとも13年間でこの環境に慣れ“ご近所さん”とも袖すり合う。その後に永代供養墓に居を移し、永遠に住まう。ということは、この環境を享受し続け、ご近所さんともずっとご近所さんであり続ける。

 いいな、と感じる半面、「遺骨に意思はないよな」と身も蓋もない思いもよぎる。もっとも、故人が身近な人であればあるほど「あの世でも幸せに暮らして」と思うけれども。墓地を一巡した後、小川住職はにこやかな面持ちで、こう言った。

「最大の特徴は、事実婚、姉妹、友人、恋人同士などで一緒に入れ、継承していただけることです。イエに縛られないお墓なんですね」

 初めて見る形やスタイルに目を奪われ、つい余計な理屈までこねてしまったが、ここ安穏廟の本質は「イエに縛られない」にあったのか。ゆっくり話を聞かせてもらった。

◆購入理由に「シングル」「離婚」「夫と別を希望」も

――安穏廟を作るきっかけは何だったんでしょうか。

「直接的には、ある初老の姉妹から相談を受けたことです。お姉さんは独身で、妹さんは離婚して子供がいない。2人ともお兄さんが継いでいる実家のお墓には入りづらいとおっしゃり、『私たちは無縁になるしかないのでしょうか』と涙ぐまれました。返答に困ったんです」

――同様の悩みを抱えている人は、多いですよね。

「ええ。私も『あ、自分も同じじゃないか』と思ったんです。うちも娘4人ですから、他人事じゃない。イエに関係なく、血縁を超えて入れるお墓を造ればいいじゃないかとひらめきました」

――斬新なひらめきです。

「それ以前に、宗門の調査で、過疎地のお寺を見て回ったことがあったんです。無住寺(住職のいない寺)の檀家さんに『宗門から住職を派遣できますよ』と進言すると、『住職の生活を支えるお金を出さないといけなくなるから、要らない』と。いわゆる家制度はやがて立ち行かなくなると、1980年代から痛感していたことがベースにあり、当寺では檀家制度と墓を切り離して『イエに縛られないお墓』を造り、経済的自立を図ろうと思ったんですね」

――具体的には?

「檀徒に寄付を頼まず、魅力的なお墓を造って、収益を基金にし、その利子で墓を維持管理し、寺の運営を補助する。『超宗派の会員制』とし、会計報告をする、などです。継承者がいない人も入り、寺が永代に供養する墓は、社会に絶対必要だと自信を持って予想しました」

 その予想は的中。受付を開始するや否や注目を集めた。1期目の108区画が4年足らずで完売し、2期目を建てる…と堅実に進展させ、28年経った今、約800区画が既売だという。新潟県内の人が9割だが、1割は他県から。

 北海道や関西の人もいる。購入理由のアンケートでは、「子供が娘だけ」「趣旨に賛同して」が24%で最多だが、「シングル」「夫、夫の家の墓と別を希望」「離婚」など「イエに縛られない」に通底する回答も多い。

 小川住職は言う。

「長い目で見れば、個別の区画に入った皆さん全員がやがては永代供養墓に入り、縁ができるのです。ですから、安穏廟は単に墓地、墓石を提供するところではなく、人の縁を新たに結び、生きているうちから穏やかに暮らすことを考える場です。年4回の合同供養祭はもとより交流会やコンサートなどさまざまなイベントを境内で開催し、毎年300人以上の檀信徒が集まります」

 言い換えれば、永代供養墓を「まんなか」に据えた生き方を緩やかに提唱しておられるのだ。龍善寺の平松住職が言った「上下関係などないお墓」という音葉とも重なる。

 ところで、縷縷聞いてきて、あれっと思った。「檀家」って何だったんだろうと。小川住職は「檀家制度と墓を切り離した」と言ったし、「檀信徒」という言葉を使う。どういうことですか?

「1952年施行の宗教法人法には『信者』、伝統教団の公式文書には『檀徒』『信徒』と記され、とっくに檀家という言葉が消えています。よって、家を単位とする檀家制度は過去のもので、信仰は個人単位でなければならないんですよ。僧侶でも、その認識がない人が多いですが」

 仰天した。「檀家」は法的に死語だったとは。目を白黒させたであろう私に、小川住職が順序立てて、お墓をからめて教示してくれた。

 檀家制度は江戸時代につくられた住民統治のための制度で、宗教的意味はない。制度上は明治4年の戸籍制度で崩壊したが、明治民法による家制度の法制化で、むしろ強固になった。祭祀(神や先祖を祀ること)相続と財産相続をセットにした家督相続(長男子の単独相続)が規定されたからだ。墓は、天皇制の根幹を支える「家」を強固にするためのシンボルになった。

 戦後の新民法で家制度はなくなり、きょうだい平等になったにもかかわらず、人々の「ご先祖様意識」が変わらないのをいいことに、寺があぐらをかいてきた。結果、檀家制度が残り火を灯し、いまだに「長男が墓を継ぐ」が当然のよう。それは習俗習慣で、法的根拠は何もない…。

「戦後教育を受けた世代がものを言うようになって、やっと『女性がなぜ婚家の墓に入らないといけないのか』と問題意識が出てきたのが、安穏廟を造り始めた1989年頃でしょうか。以後、安穏廟も家制度への問題意識を携えて28年間歩んできました」

 実は、私は一連のお墓の取材で「後継ぎ」という言葉を耳にするたび、むずむずしていたのだが、図らずも小川住職の話を聞いて、むずむずの正体がわかった。家族の概念も形態も多様化している時代に、お墓だって変容するのは当然だ。今回紹介したタイプの永代供養墓は、今後ますますその必要度が高まるに違いない。

※女性セブン2017年6月1日号

関連記事(外部サイト)