週刊現代元編集長「俺も週刊ポストの中吊り盗み見てたよ」

週刊新潮が週刊文春を「カンニング」と告発 週刊現代の元編集長「俺も盗み見した」

記事まとめ

  • 週刊新潮がライバル誌・週刊文春を「スクープ泥棒」「産業スパイ」と罵った
  • 新潮関係者によると文春の社員が新潮の広告を入手して盗み見ていたという
  • 週刊現代の元編集長は「編集長時代はポストの中吊りを盗み見していたよ」と話した

週刊現代元編集長「俺も週刊ポストの中吊り盗み見てたよ」

週刊現代元編集長「俺も週刊ポストの中吊り盗み見てたよ」

週刊文春だけではなかった?(写真は週刊新潮より)

 同じ週刊誌を名乗る本誌として、対岸の火事では済まされない問題である。週刊新潮が同じ木曜日発売のライバル誌・週刊文春を「スクープ泥棒」「産業スパイ」と罵ったのだ。5月18日発売の同誌は、グラビア3ページ、記事10ページの特大特集で、文春が新潮の中吊り広告を“カンニング”していた問題を告発した。

 新潮関係者が説明する。

「電車内などに掲示する中吊り広告は雑誌の締め切り前に作られるんですが、文春の社員が出版取次会社からウチの広告を入手して盗み見ていたんです。ウチの記事に合わせて取材を追加したり先にネットで速報したりといったことを繰り返してきた。そんな姑息なことをしていながら“文春砲”などと大きな顔をしているのはいいかげん我慢ならないと、2年ほど前から少人数の取材班を結成し、極秘で取材を進めていたんです」

 直撃取材には定評のある文春だが、いざ取材される側になると弱かったようだ。

 新潮の発売日には週刊文春の全編集スタッフが集まる会議が開かれ、そこで新谷学・編集長は「不正はなかった」「記事の書き換えもしていない」と強調したうえで、「この件は誌面で反論はしないが、読者に堂々と胸を張れる独自スクープで対抗しよう」との開き直りにも聞こえる“決意表明”があったという。

 新聞・テレビがこぞって取り上げるなど、騒動は週刊誌業界の内輪揉めに止まらない広がりを見せている。

 ところが、業界のベテランはこの騒ぎに冷ややかだ。本誌と同日発売のライバル誌、週刊現代の元編集長・元木昌彦氏は、あっさりとこう言ってのける。

「俺だって、編集長時代はポストの中吊りを盗み見していたよ(笑い)。印刷所の人間を飲ませ食わせして、ポストの特ダネを事前に聞き出して慌てて追いかけたこともあった。発売日にポストの編集長から『ひどいじゃないですか』と電話がくるけれど、“お互いに企業努力”ということで話は済んだんです。

 この業界では、汚いと言われようが情報を取ったほうが勝ち。新潮が怒るのもわからなくはないけど、ほかに追っかけるニュースがあるだろうと。ちなみに新潮から今回の件でコメントを求められたのでそう話したら、ボツになったけどね(笑い)」

 なお、本誌が現代、文春、新潮の広告を盗み見たことは一切ない。そのことは、はっきり記しておく。

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)