エロ本自販機、ネットの普及や規制条例により衰退 過去に東京では3500台が稼働

記事まとめ

  • 篠塚ひろみ、寺山久美、小川恵子などが活躍した自販機専用のエロ本「自販機本」
  • 「ビニ本」登場で逆風が吹くも、1980年代前半に第2のブームが訪れ年500億円売り上げた
  • その後、エロ本自販機の全撤去を宣言する自治体が相次ぎ、1道1府11県で姿を消した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております